Pat
J-GLOBAL ID:200903004636293041

光ファイバ心線、それを用いた光ファイバテープユニットおよび光ファイバケーブル

Inventor:
Applicant, Patent owner:
Agent (1): 絹谷 信雄
Gazette classification:公開公報
Application number (International application number):2005226737
Publication number (International publication number):2007041381
Application date: Aug. 04, 2005
Publication date: Feb. 15, 2007
Summary:
【課題】 テープ型光ファイバ心線から1心ずつ単心への分離作業と接続時の端末作業がしやすい光ファイバ心線及びこれを用いた光ファイバテープユニットおよび光ファイバケーブルを提供する。【解決手段】 着色紫外線硬化型樹脂からなる着色層4を最外層に備える外径0.24〜0.26mmの光ファイバ着色素線上に、紫外線硬化型樹脂を外径が0.4mm以上になるようオーバーコート5を被覆した光ファイバ心線6において、着色層4のヤング率Ycと、オーバーコート層5のヤング率Yoの関係が、5 Claim (excerpt):
着色紫外線硬化型樹脂からなる着色層を最外層に備える外径0.24〜0.26mmの光ファイバ着色素線上に、紫外線硬化型樹脂を外径が0.4mm以上になるようオーバーコート材を被覆した光ファイバ心線において、 前記着色層のヤング率Ycと、オーバーコート層のヤング率Yoの関係が、 5 IPC (1):
G02B 6/44
FI (2):
G02B6/44 301A ,  G02B6/44 371
F-Term (19):
2H001BB15 ,  2H001BB22 ,  2H001BB27 ,  2H001DD06 ,  2H001DD09 ,  2H001KK02 ,  2H001KK06 ,  2H001KK17 ,  2H001KK22 ,  2H001PP01 ,  2H050AC71 ,  2H050BA32 ,  2H050BB04S ,  2H050BB05S ,  2H050BB07S ,  2H050BB13S ,  2H050BB33W ,  2H050BC05 ,  2H050BD02
Patent cited by the Patent:
Cited by applicant (8)
Show all

Return to Previous Page