Rchr
J-GLOBAL ID:201201064035995538   Update date: Sep. 01, 2020

Suzuki Katsunori

Suzuki Katsunori
Affiliation and department:
Job title: Assistant Professor
Research field  (2): Bioorganic chemistry ,  Structural/physical organic chemistry
Research keywords  (1): 有機元素化学
Research theme for competitive and other funds  (7):
  • 2017 - 現在 不飽和ビスマスの導入を鍵とした第6周期元素含有共役系の合成と機能探索
  • 2016 - 現在 第6 周期元素含有芳香族ビスムタベンゼンを鍵骨格とする機能性材料の探索
  • 2015 - 2017 ホウ素窒素含有共役系を前駆体としたBCN元素ブロック材料の創製
  • 2013 - 2015 ボラベンゼンとルイス塩基の錯形成を鍵とするパイ共役系骨格の構築および物性の解明
  • 2013 - 2015 ホウ素、窒素導入アセン骨格を元素ブロックとした一次元シート状高分子の合成
Show all
Papers (22):
MISC (18):
Books (1):
  • スズ原子のかごで小分子を活性化
    化学同人 2015
Lectures and oral presentations  (38):
  • ジアニオン性ビ(アルミナベンゼン)の合成と構造
    (日本化学会第99春季年会 2019)
  • ビ(ビスマベンゼン)の合成、構造および物性
    (日本化学会第99春季年会 2019)
  • ホウ素窒素置換アセチレンと有機ホウ素化合物の反応
    (日本化学会第99春季年会 2019)
  • N-ヘテロ環カルベンにより安定化されたアザボラアントラセンの合成、構造および反応
    (日本化学会第99春季年会 2019)
  • 単離可能なスタンナベンゼンの合成及び構造
    (日本化学会第99春季年会 2019)
more...
Works (4):
  • ホウ素窒素含有共役系を前駆体としたBCN元素ブロック材料の創製
    2015 -
  • ビスシリル1,4-ジインを原料とした高周期ヘテロベンゼンの汎用的効率合成法の開発
    2014 -
  • ホウ素、窒素導入アセン骨格を元素ブロックとした一次元シート状高分子の合成
    2013 -
  • ボラベンゼンとルイス塩基の錯形成を鍵とするパイ共役系骨格の構築および物性の解明
    2013 -
Education (1):
  • - 2007 Tohoku University
Professional career (2):
  • 博士(理学) (東北大学)
  • 修士(理学) (東北大学)
Work history (3):
  • 2017/04/01 - 現在 Nagoya University Graduate School of Engineering Molecular and Macromolecular Chemistry 1 Assistant Professor
  • 2012/04/01 - 2017/03/31 Chuo University Faculty of Science and Engineering
  • 2007/04/01 - 2012/03/31 理化学研究所
Committee career (2):
  • 2002 - ケイ素化学協会 学生会員
  • 2002 - 日本化学会 学生会員
Awards (5):
  • 2013 - 有機合成化学協会 昭和電工研究企画賞
  • 2012 - 日本化学会第92春季年会優秀講演賞(学術)
  • 2011 - BCSJ Award
  • 2008 - Post ISOSXV Symposium Poster Award
  • 2006 - 日本化学会第86春季年会学生講演賞
Association Membership(s) (4):
ケイ素化学協会 ,  高分子学会 ,  有機合成化学協会 ,  日本化学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page