Rchr
J-GLOBAL ID:201201069139279798   Update date: Nov. 04, 2019

Yasima

Yasima
Affiliation and department:
Homepage URL  (1): http://www.vpc.net.it-chiba.ac.jp/
Research keywords  (3): Image Processing ,  Picture Coding ,  画像符号化,画像処理
Research theme for competitive and other funds  (3):
  • 2018 - 2021 画像圧縮符号化への機械学習応用に関する研究
  • 2013 - 2016 高度擬似表現を用いた超高圧縮映像符号化の研究
  • 2010 - 2013 注目領域を考慮した動画像符号化向け画面アスペクト比変換処理の研究
Patents (57):
  • 「画像符号化方法,画像復号方法,画像符号化装置,画像復号装置,それらのプログラムおよびそれらのプログラム記録媒体」
  • 「映像符号化におけるマクロブロツク判定方法、映像符号化装置、映像符号化プログラム及びそのプログラムを記録したコンピユ-タ読み取り可能な記録媒体」
  • 「動画像符号化方法、動画像復号方法、動画像符号化装置、動画像復号装置、動画像符号化プログラム、動画像復号プログラム、動画像符号化プログラムを記録した記録媒体、動画像復号プログラムを記録した記録媒体」
  • 「3次元動画像デ-タの提供方法とその表示方法、該提供システムと該表示端末、該方法の実行プログラム、および該方法の実行プログラムを記録した記録媒体」
  • 「画像符号化方法,画像復号方法,画像符号化装置,画像復号装置,画像符号化プログラム,画像復号プログラムおよびそれらのプログラムを記録した記録媒体」
more...
Books (3):
  • ハイパーリンクブック/ディジタル映像処理
    オーム社 2000
  • 未来ねっと技術シリーズ第3巻 -ディジタルビジュアル技術-
    電気通信協会出版 2000
  • 総合マルチメディア選書-MPEG-
    オーム社 1996
Lectures and oral presentations  (273):
  • Intra prediction with spatial gradient
    (Visual Communications and Image Processing 2009, 21st Annual IS&T/SPIE Symposium on Electronic Imaging, VCIP2009, SPIE 2009)
  • Encoder design for H.264/AVC based on contrast sensitivity considering spatio-temporal direction dependency
    (Proceedings of IEEE International Conference on Image Processing 2008, ICIP2008, pp.2124-2127, IEEE 2008)
  • Free-viewpoint scalable multi-view video coding using panoramic mosaic depth maps
    (Proceedings of European Signal Processing Conference, EUSIPCO2008, L3-3(CD-ROM), EURASIP 2008)
  • Real-time MVC viewer for free viewpoint navigation
    (IEEE International Conference on Multimedia and Expo 2008, ICME2008. 2008)
  • 超高臨場映像符号化技術-現状と課題-
    (画像電子学会 2008 Advanced Image Seminar, 凸版印刷セミナーホール 2008)
more...
Education (1):
  • - 1983 Nagoya University
Professional career (1):
  • 博士(工学) (名古屋大学)
Work history (1):
  • 2009/04/01 - 現在 Chiba Institute of Technology Faculty of Information and Computer Science, Department Information and Network Science
Committee career (38):
  • 2009/06 - 現在 電子情報通信学会 画像工学研究専門委員会 顧問
  • 2009/05 - 現在 Picture Coding Symposium 2010 General co-chair
  • 2009/05 - 現在 Picture Coding Symposium 2010 General co-chair
  • 2007/06 - 現在 電子情報通信学会 ハンドブック/知識ベース委員会 編主任
  • 2007/06 - 現在 映像情報メディア学会 評議員
Show all
Awards (7):
  • 2009/07 - 標準化貢献賞
  • 2008/09 - FIT2008 船井ベストペーパー賞
  • 2008/06 - 2007年NTT優秀特許表彰(特級)
  • 2008/03 - テレコムシステム 技術賞奨励賞
  • 2006/01 - 2005年度高柳記念奨励賞
Show all
Association Membership(s) (14):
電波産業会(ARIB) ,  電子情報通信学会画像符号化シンポジウム ,  電子情報通信学会 ,  情報処理学会 ,  映像情報メディア学会 ,  テレビジョン学会 ,  Picture Coding Symposium 2010 ,  Picture Coding Symposium 2006(Beijing, China), ,  MMM2008( The 14th International Multimedia Modeling Conference 2008), ,  IWAIT(International Workshop on Advanced Image Technologies)2009, ,  IWAIT(International Workshop on Advanced Image Technologies)2007, ,  International Conference on Computer Communications(ICCC99), ,  IEEE International Conference on Multimedia and Exhibition(ICME2001), ,  IEEE
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page