Rchr
J-GLOBAL ID:201301072999005766   Update date: Aug. 30, 2020

Matsuba Ryuichi

マツバ リュウイチ | Matsuba Ryuichi
Affiliation and department:
Other affiliations (1):
  • 熊本大学  大学院社会文化科学研究科 教授システム学専攻   准教授
Homepage URL  (1): http://kaken.nii.ac.jp/d/r/40336227.ja.html
Research field  (1): Educational technology
Research keywords  (6): eポートフォリオ ,  eラーニング ,  レイヤーモデル ,  インストラクショナルデザイン ,  モデル構築 ,  教育工学
Research theme for competitive and other funds  (14):
  • 2020 - 2025 国際連携による学習者個々に最適化された学習を支援するICT学習基盤の検討・開発
  • 2019 - 2022 学習ログにおけるバーストをもとにした学習行動の分類と学習支援
  • 2018 - 2022 学科レベル適用型学習目標構造化システムと学科ポリシー充足度測定ツールの開発
  • 2018 - 2021 Discipline-based education research and professional and organizational development to raise learning outcomes in higher education
  • 2017 - 2020 人工知能を用いた授業評価アンケートに基づく授業改善方策提案システムの設計・開発
Show all
Papers (37):
  • Roux, P. W, Matsuba,R, Goda, Y, Suzuki, K. Examining the self-perceived development of Cultural Intelligence (CQ) in a blended learning environment. Journal of Information and Systems in Education. 2019. 18. 1. 69-76
  • Yuriko Ishida, RyuichiMatsuba. Development of a Check sheet to Help Course Design for Practical Experience Type Learning. Education and New Developments 2019. 2019. 1. 281-285
  • Kai Akiko, Matsuba Ryuichi, Goda Yoshiko, Wada Takuto, Suzuki Katsuaki. Design and Development of a Japanese Pattern Drill System "PASSIVE-FORM PRACTICE" with the Smart Speaker. Transactions of Japanese Society for Information and Systems in Education. 2019. 36. 3. 203-208
  • 石田百合子, 根本淳子, 松葉龍一, 平岡斉士, 鈴木克明. 同僚モデルを適用したアクティブ・ラーニング推進責任者研修の開発とデザイン原則の提案 -国立高等専門学校機構での事例から-. 教育システム情報学会誌. 2019. 36. 4. 243-256
  • Roux, P. W, Suzuki,K, Matsuba,R, Goda, Y. Developing cultural intelligence (CQ): Designs for blended learning. International Journal for Educational Media and Technology. 2018. 12. 1. 18-28
more...
MISC (133):
  • 中野裕司, 喜多敏博, 杉谷賢一, 松葉龍一, 久保田真一郎, 宇佐川毅. 学務システム,LMS等と連動した学習成果可視化システムの開発. 情報処理学会研究報告(Web). 2018. 2018. CLE-24. Vol.2018-CLE-24,No.4,1-5 (WEB ONLY)
  • 久保田真一郎, 松葉龍一, 平岡斉士, 宮崎誠, 仲道雅輝. ルーブリック評価結果を利用したS-P表分析の検討. 日本教育工学会全国大会講演論文集. 2017. 459-460
  • 北川周子, 喜多敏博, 喜多敏博, 松葉龍一, 松葉龍一, 中野裕司, 中野裕司. シナリオ型教材作成のためのMoodleレッスン用プラグインとテンプレートの開発. 教育システム情報学会全国大会講演論文集(CD-ROM). 2017. 42nd. ROMBUNNO.I1-05
  • 天野由貴, 合田美子, 鈴木克明, 松葉龍一. 学習意欲継続のための e ラーニング教材チェックリストの開発. 日本教育工学会 第32回全国大会発表論文集. 2016. 579-580
  • Design of an Interactive e-Portfolio Module using LINE BOT API for Foreign Students. 2016. 31. 2. 69-74
more...
Books (12):
  • 学生力を高めるeポートフォリオ -成功への再始動-
    東京電機大学出版局 2018 ISBN:4501631309
  • 大学力を高めるeポートフォリオ-エビデンスに基づく教育の質保証をめざして
    東京電機大学出版局 2012 ISBN:4501627409
  • IT時代の教育プロ養成戦略-日本初のeラーニング専門家養成ネット大学院の挑戦
    東信堂 2008 ISBN:4887138288
  • Moodle with Contents for Learning Information Literacy and Intellectual Property: An Indonesia-Japan Institutional Mission
    京都大学高等教育研究開発推進センター 2006
  • 全学的規模の情報教育におけるe-Learning 講義の実施
    2005
more...
Lectures and oral presentations  (55):
  • 教育のデリバーから学びのデザインへ
    (立正大学 情報環境基盤センター研究会 EdTechを活用した新しい学び 2019)
  • DPと連動したe-ポートフォリオシステム活用
    (慈恵会医科大学 e-ポートフォリオ オープンセミナー 2016)
  • Why ePortfolio implementations Fail and How They Can Succeed: Learning from our mistakes and failures in introducing ePortfolio environments
    (Minnesota Portfolio Summit 2015 2015)
  • ARCSモデルと時間連続体モデルの組み合わせによる授業改善のための適切な動機づけ方策の選択手法の提案
    (日本教育工学会研究会 2015)
  • A Fundamental Study For Efficient Implementation Of Online Collaborative Ac tivities In Large-Scale Classes
    (12th International Conference on Cognition and Exploratory Learning in Digi tal Ag 2015)
more...
Works (3):
  • ブラックホールまわりのニュートリノ冷却降着円盤の研究
    2002 - 2003
  • 超臨界降着円盤によるGRBモデル研究
    2002 - 2003
  • ブラックホールまわりの降着円盤内における元素合成の研究
    2002 - 2003
Education (2):
  • 1998 - 2001 Graduate School of Science and Technologies, Kumamoto University
  • - 1998 Kumamoto University
Professional career (2):
  • 博士(理学) (熊本大学)
  • 修士(理学) (熊本大学)
Work history (4):
  • 2017 - 現在 Kumamoto University Research Center for Instructional Systems
  • 2007 - 2017 Kumamoto University Institute for e-Learning Development
  • 2002 - 2007 Kumamoto University
  • 1999 - 2002 Kumamoto University
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page