Rchr
J-GLOBAL ID:201501073238943933   Update date: Sep. 01, 2021

OKUZAKI AYAKO

オクザキ アヤコ | OKUZAKI AYAKO
Affiliation and department:
Job title: Associate Professor
Research field  (1): Molecular biology
Research keywords  (2): - ,  ゲノム編集
Research theme for competitive and other funds  (4):
  • - 現在 アブラナ科野菜の雑種強勢発現機構の解明
  • 2019 - 2020 ゲノム編集によるFAD2遺伝子変異ナタネの後代における高オレイン酸系統の同定
  • ゲノム編集を利用したアブラナ科植物の形質改良 個人研究
  • 葉緑体における遺伝子の転写後制御システムの解明 個人研究
Papers (20):
more...
MISC (14):
Patents (3):
  • 「変異型アセト乳酸シンタ-ゼ遺伝子を用いた形質転換方法」
  • 「植物の形質転換体,植物の形質転換方法,並びに該方法に用いられるベクター」
  • 「変異型アセト乳酸シンタ-ゼ遺伝子を用いた形質転換方法」
Books (5):
  • 全人No859、玉川の仲間たち~ブロッコリー~
    玉川大学出版部 2021
  • 「ゲノム編集食品」農林水産分野への応用と 持続的社会の実現
    NTS 2021
  • 全人No847、玉川の仲間たち~シロイヌナズナ~
    玉川大学出版部 2020
  • -
    2012 ISBN:9784759814859
  • -
    2012 ISBN:9784759814859
Lectures and oral presentations  (40):
  • CRISPR/Cas9-mediated mutagenesis of myrosinase genes in radish (Raphanus sativus L. var. sativus)
    (2021)
  • CRISPR/CAS9 MEDIATED GENOME EDITING OF THE SP11 GENE IN BROCCOLI
    (Frontiers in Genome Engineering 2019 2019)
  • アブラナ科作物へのゲノム編集技術の利用
    (園芸学会令和元年度秋季大会 2019)
  • ブロッコリーにおけるCRISPR/Cas9を利用したSP11遺伝子のゲノム編集
    (第37回日本植物細胞分子生物学会京都大会 2019)
  • ゲノム編集によるブロッコリー(Brassica oleracea var. italica)の自家和合性系統の作出
    (日本育種学会第136回講演会 2019)
more...
Education (1):
  • 1998 - 2002 Tohoku University
Professional career (1):
  • 博士(農学) (東北大学)
Work history (9):
  • 2015/04 - Tamagawa University College of Agriculture
  • 2013/07/01 - 2015/03/31 -
  • 2013/07/01 - 2015/03/31 -
  • 2013/04 - 2013/06 農業生物資源研究所 研究支援
  • 2013/04 - 2013/06 農業生物資源研究所 研究支援
Show all
Committee career (1):
  • 2020/06/25 - 現在 Frontiers in Genome Editing 査読委員
Awards (1):
  • 2012/03 - 第121回講演会日本育種学会優秀発表賞
Association Membership(s) (3):
日本ゲノム編集学会 ,  - ,  -
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page