Rchr
J-GLOBAL ID:201701011384073622   Update date: May. 15, 2024

Hayama Kazumi

ハヤマ カズミ | Hayama Kazumi
Affiliation and department:
Job title: Assistant Professor
Research field  (1): Bacteriology
Research theme for competitive and other funds  (2):
  • 2018 - 2023 反復性膣カンジダ症に対する新たな治療戦略の可能性の検討
  • 2012 - 2015 Antifungal activity and application of protamine peptide against fungal pathogens forming biofilms
Papers (70):
  • Hayama K, Taguchi Y, Abe S. Practical application of Japanese pepper as an oral and skin care material. Medical Mycology Research. 2023. 14. 2. 59-65
  • Kazumi Hayama, Yuuki Taguchi, Shigeru Abe. Effect of combination of Zanthoxylum piperitum ethanol extract and medium-chain fatty acids on inhibition of mycelial growth of Candida albicans. Medical Mycology Research. 2022. 13. 1. 25-30
  • 羽山 和美, 田口 裕基, 安部 茂. 加熱イヌザンショウ(Zanthoxulum schinifolium)の抗菌活性. Medical Mycology Research. 2021. 12. 1. 21-25
  • 羽山 和美, 二宮 健太郎, 安部 茂. カンジダの発育抑制活性を示し唾液で抗菌活性が高まるヤシ油含有歯磨き剤の開発. 日本医真菌学会雑誌. 2021. 62. Suppl.1. 110-110
  • 安部 茂, 羽山 和美, 石島 早苗, 丸山 奈保. 真菌感染が関与する身近な健康トラブルを緩和する植物由来機能素材の開発. 日本医真菌学会雑誌. 2021. 62. Suppl.1. 110-110
more...
MISC (2):
  • 出雲 貴幸, 羽山 和美, 石島 早苗, 井田 正幸, 小野 佳子, 柴田 浩志, 安部 茂. 口腔および胃内カンジダ感染モデルマウスにおけるLactobacillus pentosus S-PT84株加熱死菌体の感染防御効果. BIO Clinica. 2015. 30. 14. 1399-1405
  • 石島 早苗, 羽山 和美, 二宮 健太郎, 山崎 正利, 安部 茂, 岩佐 正弘. Candida等サッカロミセス亜門子嚢菌と健康障害 Enterococcus faecalis加熱死菌体によるマウス口腔カンジダ感染の防御とその機序について. Medical Mycology Journal. 2012. 53. Suppl.1. 76-76
Patents (19):
Lectures and oral presentations  (24):
  • Research on Oligonol® - containing products for oral and skin care -
    (ICNIM 2023 2023)
  • カンジダの発育抑制活性を示すココナッツ油およびリパーゼ含有歯磨き剤開発の試み
    (日本医真菌学会雑誌 2020)
  • Candida albicansに対するラクトフェリンとラクトパーオキシダーゼシステムの併用効果
    (関東医真菌懇話会プログラム・抄録集 2019)
  • ヨーグルトに利用可能な乳酸菌の抗カンジダ活性
    (関東医真菌懇話会プログラム・抄録集 2019)
  • カンジダの臨床サンプルからの回収・検出法に関する検討
    (関東医真菌懇話会プログラム・抄録集 2016)
more...
Professional career (1):
  • 博士(薬学)
Awards (2):
  • 2014/03 - 帝京大学 冲永荘一学術文化奨励賞
  • 2013/09 - 日本医真菌学会 優秀論文賞 免疫抑制マウスにおけるAureobasidium pullulans ADK-34株由来β-グルカン経口投与のCandida albicans感染およびMRSA感染に関する効果
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page