Rchr
J-GLOBAL ID:201901002433947434   Update date: Oct. 04, 2021

Yamamoto Kiyotake

Yamamoto Kiyotake
Affiliation and department:
Research field  (4): Cell biology ,  Pathobiochemistry ,  Molecular biology ,  Pharmacology
Research keywords  (3): 血管内皮細胞 ,  糖尿病 ,  分子細胞生物学
Research theme for competitive and other funds  (2):
  • 2021 - 2024 低分子量G蛋白質Rap1による血管透過性制御とその破綻によるARDSの病態解明
  • 2020 - Rap1シグナルによる血管透過性制御機構の解明
Papers (2):
MISC (2):
  • 石井 智裕, Yamamoto Kiyotake, 福原 茂朋. 血管新生における内皮細胞の形態・運動を制御するシグナル機構. Inflammation & Immunology. 2020. Vol.28. No.5. 360-364
  • 福原 茂朋, 盧 承湜, 小栗 エリ, Yamamoto Kiyotake, 石井 智裕. 造血幹細胞がつくられる新たなしくみ. Science of the Living Body. 2020. Vol.71. No.4. 359-363
Lectures and oral presentations  (9):
  • A small GTPase Rap1 is essential to maintain pulmonary endothelial barrier function mediated by vascular endothelial-cadherin in vivo.
    (2021)
  • 膵α細胞からのグルカゴン分泌に関与するPKCアイソザイムの同定
    (日本薬学会第137年会 2017)
  • 膵α細胞からのグルカゴン分泌に対するquercetinの効果
    (日本薬学会第136年会 2016)
  • Future planning
    (第2回 韓国・徳島大学薬学部学生交流シンポジウム 2016)
  • PKCδシグナル抑制化合物によるグルカゴン分泌抑制効果 ∼新規糖尿病治療薬の開発∼
    (第4回若手研究者シーズ発表会「医療・健康と化学」 2015)
more...
Education (2):
  • 2013 - 2017 The University of Tokushima
  • 2007 - 2013 Setsunan University Department of Pharmaceutical Sciences
Professional career (1):
  • 博士(薬学) (徳島大学大学院)
Work history (4):
  • 2021/07 - 現在 徳島大学大学院 医歯薬学研究部 医薬品情報学分野 助教
  • 2019/06 - 2021/06 Nippon Medical School Institute for Advanced Medical Sciences
  • 2018 - 2019 医療法人財団 康生会 武田病院 薬剤部 薬剤師
  • 2017 - 日本赤十字社 近畿ブロック血液センター 医療技術職(薬剤師)
Association Membership(s) (2):
日本生化学会 ,  日本薬学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page