Proj
J-GLOBAL ID:202104001386291862  Research Project code:09157689

植物抽出物と病原菌誘引物質を組合わせた青枯病殺菌剤の開発

植物抽出物と病原菌誘引物質を組合わせた青枯病殺菌剤の開発
Study period:2009 - 2009
Organization (1):
Principal investigator: ( , 共生科学技術研究院 )
Research overview:
青枯病菌は世界中に分布し、土壌中で数年間は生き残り宿主となる植物が植えられると感染して病害を起こすため、防除が困難な病害として恐れられている。我々はある種の植物成分が抗青枯病菌活性を示すことを見いだし、活性成分を単離した。しかし、その活性成分の殺菌力は化学薬剤と比較するとやや劣るため、宿主植物が分泌する青枯病菌誘因物質と組み合わせることにより、安全で環境負荷の少ない薬剤の開発を目指す。
Research program:
Organization with control over the research:
Japan Science and Technology Agency

Return to Previous Page