Proj
J-GLOBAL ID:202104006114028714  Research Project code:19216567

複雑事象のモデリングによる知的支援システムの開発

複雑事象のモデリングによる知的支援システムの開発
National award number:JPMJMI19B3
Study period:2019 - 2021
Organization (1):
Principal investigator: ( , 産業科学研究所 )
Research overview:
製造業とIoTを巡る環境が急速に変化し、生産性、品質向上、省エネルギー化のためのスマート工場に関する技術開発が必要不可欠になっている。設備から稼働状態などの情報をリアルタイムに収集し、人の指示を介さず自律的に判断し、工程を最適化して、高い品質の製品を効率的に生産することが望まれる。本研究ではまず、これまで研究開発代表者らが開発した時系列ビッグデータ解析技術を発展させ、既存の深層学習に基づく技術では実現でなかった高い精度の予測や要因分析、リアルタイム学習、出力結果の説明を可能とする革新的なAI技術を確立する。そして、企業と連携し、シミュレーションを活用しつつも製造工程を最適化するためのAIソフトウェアを開発する。
Research program:
Parent Research Project: 超スマート社会の実現「サイバーとフィジカルの高度な融合に向けたAI技術の革新」
Organization with control over the research:
Japan Science and Technology Agency

Return to Previous Page