Proj
J-GLOBAL ID:202104010527100577  Research Project code:19206055

酸素欠損型モリブデン酸化物のプラズモン光反応場を利用した革新的CO2変換反応の開発

酸素欠損型モリブデン酸化物のプラズモン光反応場を利用した革新的CO2変換反応の開発
National award number:JPMJPR19T3
Study period:2019 - 2022
Organization (1):
Principal investigator: ( , 大学院工学研究科, 講師 )
DOI: https://doi.org/10.52926/JPMJPR19T3
Research overview:
本研究では、酸素欠損型モリブデン酸化物の表面プラズモン共鳴と酸素欠陥を利用することで化学的に安定なCO2を活性化し、選択的にメタノールへと変換可能なプラズモン触媒技術の開発を行います。モリブデン酸化物結晶中の電子密度・酸素欠陥密度を制御することでCO2活性化に最適なプラズモン光反応場を構築し、光エネルギーを効率的に化学エネルギーに変換することで、CO2メタノール変換プロセスの低温化を目指します。
Research program:
Parent Research Project: 電子やイオン等の能動的制御と反応
Organization with control over the research:
Japan Science and Technology Agency

Return to Previous Page