{{ pagetopTitle }}

J-GLOBAL利用規約

科学技術総合リンクセンター(以下「J-GLOBAL」といいます。)は、国立研究開発法人科学技術振興機構(以下「JST」といいます。)が運営する情報提供サービスです。
J-GLOBALを利用される方はこのJ-GLOBAL利用規約(以下「本規約」といいます。)に同意いただいたものとみなします。ご利用前に必ず本規約をお読みください。また、J-GLOBALにより提供する情報(以下「JST提供情報」といいます。)は、本規約の定めに従い、本規約の定める範囲でのみ利用することができます。
なお、ユーザは、MyJ-GLOBAL機能を利用する場合、本規約にかわり、「MyJ-GLOBAL機能利用規約」に従ってください。また、J-GLOBAL WebAPIの利用については「J-GLOBAL WebAPI利用規約」、その他、J-GLOBALのウェブサイトからリンクされた他サイトや別途利用する個別サービスの利用規約が存在する場合は、それらの利用規約に従ってください。

1. J-GLOBALの目的

JSTは「科学技術情報流通の促進」を目的として、J-GLOBALを運営しています。科学技術情報の収集のために幅広くご利用いただけます。

2. J-GLOBALの停止、中断および終了

2-1. JSTは、事前に通知することなく、保守点検、故障への対応、その他必要のある場合はいつでもJ-GLOBALの全部または一部の停止または中断等の制約をかけることができるものとします。また、JSTの裁量によりいつでも、J-GLOBALの全部または一部の提供を終了することができるものとします。
2-2. ユーザが本規約に違反した場合または違反したと疑うに足りる相当の理由があるとJSTが判断する場合、JSTは、当該ユーザによるJ-GLOBALの利用を停止し、必要な措置をとることができるものとします。

3. JST提供情報の利用について

ユーザは、JST提供情報の利用(全部または一部を問いません。)について、以下の各号に掲げる行為を行わないものとします。ただし、JSTが許諾を与えた場合を除きます。

(1) JST提供情報について、媒体の如何を問わず、出版物(CD-ROM等の電子媒体によるものを含む。)への転載を行うこと。
(2) JST提供情報について、編集・加工・翻案その他の変更をすること。
(3) JST提供情報について、有償もしくは無償または媒体の記録形式を問わず、他人に対し提供、配布、貸与、譲渡、公衆送信(自動公衆送信が可能な状態に置く行為を含みます。)、再配信、利用許諾、その他の処分を行うこと。
(4) JST提供情報を、他人が共同使用できるサーバ等に保管して利用すること。
(5) JST提供情報の検索およびダウンロードについて、機械的手段を用いることや大量に行うこと。
(6) JST提供情報の利用または提供により収入を得ること。

4. 禁止事項

4-1.JSTは、ユーザによるJ-GLOBALの利用において、以下の行為を行うことを禁止します。
(1) J-GLOBALの利用において、第三者の知的財産権、プライバシー、その他の権利を侵害する行為。
(2) 法律、政令、規則、条例、国またはJSTが定めるその他の規定等に違反する方法または態様でJ-GLOBALを利用する行為。
(3) JSTによるJ-GLOBALの提供その他のJSTの事業運営に支障をきたすおそれのある行為。
(4)「1.J-GLOBALの目的」に定める内容から逸脱した目的でJ-GLOBALを利用する行為。
(5) J-GLOBALの利用により、他人に迷惑・不利益等を与えまたは他人を害する行為。
(6) 前各項に掲げる他、J-GLOBALの利用においてJSTが不適当と判断する行為。
4-2. JSTは、ユーザによるJST提供情報の利用において、以下の行為を行うことを禁止します。
(1) JST提供情報を利用して、他人を誹謗中傷しまたは他人の名誉・信用を毀損し、その他他人に迷惑・不利益等を与え、または他人を害する行為。
(2) JST提供情報のいずれかに表示されまたは含まれる特許権、著作権、商標権その他の知的財産権の一切の表示を除去、隠蔽、または変更する行為。
4-3.ユーザが4-1.および4-2.の禁止行為を行った場合、JSTは、事前に通知することなく当該行為を排除するとともに、必要な措置を講ずることができるものとします。

5. 収集する情報とその取り扱い

5-1. JSTは、J-GLOBALの利用状況についてアクセス情報(アクセスされた方のドメイン名・IPアドレス・ブラウザ・アクセス日時、および閲覧したページ等)を取得しますが、これらの収集データによって個人を特定することはありません。また、Cookieを使用していますが、この情報も個人を特定するものではありません。またJ-GLOBALでは、サービス向上のため、J-GLOBALの利用状況分析にGoogleアナリティクスを利用しています。お使いのウェブブラウザはGoogle に特定の情報(アクセスしたページのURLや IP アドレス等)を自動的に送信します。また、Google がお使いのブラウザに Cookie を設定したり、既存の Cookie を読み取ったりする場合もあります。ユーザは、この方法および目的においてGoogleが行うこうしたデータ処理につき許可を与えたものとみなします。
5-2. 収集したアクセス情報は、J-GLOBALの利用状況等を把握し、より効果的にJ-GLOBALを提供するために統計分析して利用するとともに、過剰利用、不正利用の監視、あるいは障害復旧時の対応に利用します。Cookieはユーザの認証情報の確認等に利用しています。また、収集したこれらの情報は、J-GLOBAL以外のJSTが提供するサービスの向上、ならびに学術・科学技術施策のための調査・分析及び・研究目的に活用される場合があります。
5-3.5-2.の利用目的の範囲内に限り、JSTはJ-GLOBALおよびJSTが提供する他のサービスの運営に関わる機関(運用委託会社等)に対して、収集した情報を開示することがあります。このほか、法令に基づく開示の要請があった場合、および不正アクセスや妨害等の違法行為があった場合等特別の理由がある場合を除いて、収集したアクセス情報を別の目的で利用したり、第三者に提供したりすることはありません。ただし、収集した情報は統計的に処理した後、公表されることがあります。
5-4. JSTは、これら収集した情報の漏えい、滅失及び毀損の防止その他収集した情報の適切な管理のために必要な措置を講じます。

6.調査・アンケート等

JSTは、ユーザにJSTが実施するJ-GLOBALに関する調査、アンケート等に協力をお願いすることがあります。

7. 知的財産権

7-1. JST提供情報の著作権は、JSTを含む各情報の提供者が保有しています。
7-2. J-GLOBALのレイアウト、デザインに関する編集著作権、ならびにJ-GLOBALに係わるシステムの著作権その他J-GLOBALに関する一切の権利はJSTおよびJSTが指定する者が保有しています。
7-3. J-GLOBALの利用により、JST提供情報、ならびにJ-GLOBALに関する知的財産権その他一切の権利がユーザおよび第三者に移転するものではありません。

8. 免責事項

8-1. JSTは、ユーザがJ-GLOBALを利用したことに起因または関連して生じた一切の損害(間接的であると直接的であるとを問いません。)について責任を負いません。
8-2. JSTは、JST提供情報について、その内容の真実性、正確性、信用性、有用性を保証するものではなく、また、J-GLOBALの継続性、安定性を保証するものでもありません。
8-3. J-GLOBALに掲載された広告についての一切の責任は、広告主が負っています。広告の利用は、ユーザの判断と責任によります。
8-4. JSTは、以下の各項目についてユーザまたは第三者に生じた損害について一切責任を負いません。
(1) J-GLOBALを停止、中断または終了したことにより生じた一切の損害
(2) JST提供情報の内容または当該情報を更新しなかったことにより生じた一切の損害
(3) J-GLOBALのシステムの障害により生じた一切の損害
(4) J-GLOBALに掲載された広告及び広告よりリンクされている別サイトの利用によって生じた一切の損害

9. 本規約の変更

JSTは、いつでも、事前通知なく本規約を変更することができるものとします。JSTは、本規約の改正を行った場合には、遅滞なくJ-GLOBAL上に掲載し、公表するものとします。また、規約の公表後にJ-GLOBALを閲覧したときは、ユーザは改正後の規約に承諾したものとみなすものとします。

10. 損害賠償等

ユーザは、本規約に違反して、JSTまたは第三者に損害を与えた場合、その責任と費用でこれを賠償するものとします。
ユーザがJ-GLOBALまたはJST提供情報を利用することにより第三者との間で生じたクレーム、紛争等については、ユーザが当該第三者との間で処理、解決するものとし、JSTに対して一切迷惑をかけないものとします。

11. 準拠法および裁判管轄

本規約は、日本法に準拠するものとします。ユーザとJSTの間でJ-GLOBALの利用に関して紛争が生じた場合、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

12. 本規約の優先

本規約に他の国の言語の訳文が作成される場合があります。本規約とその訳文の間に矛盾が生じた場合には、本規約が優先します。

2010年6月1日制定
2015年4月1日改定
2016年3月28日改定
2018年10月12日改定
2019年8月5日改定
国立研究開発法人 科学技術振興機構(JST)
科学技術総合リンクセンター J-GLOBAL

J-GLOBAL利用規約

科学技術総合リンクセンター(以下「J-GLOBAL」といいます。)は、国立研究開発法人科学技術振興機構(以下「JST」といいます。)が運営する情報提供サービスです。
J-GLOBALを利用される方はこのJ-GLOBAL利用規約(以下「本規約」といいます。)に同意いただいたものとみなします。ご利用前に必ず本規約をお読みください。また、J-GLOBALにより提供する情報(以下「JST提供情報」といいます。)は、本規約の定めに従い、本規約の定める範囲でのみ利用することができます。
なお、ユーザは、MyJ-GLOBAL機能を利用する場合、本規約にかわり、「MyJ-GLOBAL機能利用規約」に従ってください。また、J-GLOBAL WebAPIの利用については「J-GLOBAL WebAPI利用規約」、その他、J-GLOBALのウェブサイトからリンクされた他サイトや別途利用する個別サービスの利用規約が存在する場合は、それらの利用規約に従ってください。

1. J-GLOBALの目的

JSTは「科学技術情報流通の促進」を目的として、J-GLOBALを運営しています。科学技術情報の収集のために幅広くご利用いただけます。

2. J-GLOBALの停止、中断および終了

2-1. JSTは、事前に通知することなく、保守点検、故障への対応、その他必要のある場合はいつでもJ-GLOBALの全部または一部の停止または中断等の制約をかけることができるものとします。また、JSTの裁量によりいつでも、J-GLOBALの全部または一部の提供を終了することができるものとします。
2-2. ユーザが本規約に違反した場合または違反したと疑うに足りる相当の理由があるとJSTが判断する場合、JSTは、当該ユーザによるJ-GLOBALの利用を停止し、必要な措置をとることができるものとします。

3. JST提供情報の利用について

ユーザは、JST提供情報の利用(全部または一部を問いません。)について、以下の各号に掲げる行為を行わないものとします。ただし、JSTが許諾を与えた場合を除きます。

(1) JST提供情報について、媒体の如何を問わず、出版物(CD-ROM等の電子媒体によるものを含む。)への転載を行うこと。
(2) JST提供情報について、編集・加工・翻案その他の変更をすること。
(3) JST提供情報について、有償もしくは無償または媒体の記録形式を問わず、他人に対し提供、配布、貸与、譲渡、公衆送信(自動公衆送信が可能な状態に置く行為を含みます。)、再配信、利用許諾、その他の処分を行うこと。
(4) JST提供情報を、他人が共同使用できるサーバ等に保管して利用すること。
(5) JST提供情報の検索およびダウンロードについて、機械的手段を用いることや大量に行うこと。
(6) JST提供情報の利用または提供により収入を得ること。

4. 禁止事項

4-1.JSTは、ユーザによるJ-GLOBALの利用において、以下の行為を行うことを禁止します。
(1) J-GLOBALの利用において、第三者の知的財産権、プライバシー、その他の権利を侵害する行為。
(2) 法律、政令、規則、条例、国またはJSTが定めるその他の規定等に違反する方法または態様でJ-GLOBALを利用する行為。
(3) JSTによるJ-GLOBALの提供その他のJSTの事業運営に支障をきたすおそれのある行為。
(4)「1.J-GLOBALの目的」に定める内容から逸脱した目的でJ-GLOBALを利用する行為。
(5) J-GLOBALの利用により、他人に迷惑・不利益等を与えまたは他人を害する行為。
(6) 前各項に掲げる他、J-GLOBALの利用においてJSTが不適当と判断する行為。
4-2. JSTは、ユーザによるJST提供情報の利用において、以下の行為を行うことを禁止します。
(1) JST提供情報を利用して、他人を誹謗中傷しまたは他人の名誉・信用を毀損し、その他他人に迷惑・不利益等を与え、または他人を害する行為。
(2) JST提供情報のいずれかに表示されまたは含まれる特許権、著作権、商標権その他の知的財産権の一切の表示を除去、隠蔽、または変更する行為。
4-3.ユーザが4-1.および4-2.の禁止行為を行った場合、JSTは、事前に通知することなく当該行為を排除するとともに、必要な措置を講ずることができるものとします。

5. 収集する情報とその取り扱い

5-1. JSTは、J-GLOBALの利用状況についてアクセス情報(アクセスされた方のドメイン名・IPアドレス・ブラウザ・アクセス日時、および閲覧したページ等)を取得しますが、これらの収集データによって個人を特定することはありません。また、Cookieを使用していますが、この情報も個人を特定するものではありません。またJ-GLOBALでは、サービス向上のため、J-GLOBALの利用状況分析にGoogleアナリティクスを利用しています。お使いのウェブブラウザはGoogle に特定の情報(アクセスしたページのURLや IP アドレス等)を自動的に送信します。また、Google がお使いのブラウザに Cookie を設定したり、既存の Cookie を読み取ったりする場合もあります。ユーザは、この方法および目的においてGoogleが行うこうしたデータ処理につき許可を与えたものとみなします。
5-2. 収集したアクセス情報は、J-GLOBALの利用状況等を把握し、より効果的にJ-GLOBALを提供するために統計分析して利用するとともに、過剰利用、不正利用の監視、あるいは障害復旧時の対応に利用します。Cookieはユーザの認証情報の確認等に利用しています。また、収集したこれらの情報は、J-GLOBAL以外のJSTが提供するサービスの向上、ならびに学術・科学技術施策のための調査・分析及び・研究目的に活用される場合があります。
5-3.5-2.の利用目的の範囲内に限り、JSTはJ-GLOBALおよびJSTが提供する他のサービスの運営に関わる機関(運用委託会社等)に対して、収集した情報を開示することがあります。このほか、法令に基づく開示の要請があった場合、および不正アクセスや妨害等の違法行為があった場合等特別の理由がある場合を除いて、収集したアクセス情報を別の目的で利用したり、第三者に提供したりすることはありません。ただし、収集した情報は統計的に処理した後、公表されることがあります。
5-4. JSTは、これら収集した情報の漏えい、滅失及び毀損の防止その他収集した情報の適切な管理のために必要な措置を講じます。

6.調査・アンケート等

JSTは、ユーザにJSTが実施するJ-GLOBALに関する調査、アンケート等に協力をお願いすることがあります。

7. 知的財産権

7-1. JST提供情報の著作権は、JSTを含む各情報の提供者が保有しています。
7-2. J-GLOBALのレイアウト、デザインに関する編集著作権、ならびにJ-GLOBALに係わるシステムの著作権その他J-GLOBALに関する一切の権利はJSTおよびJSTが指定する者が保有しています。
7-3. J-GLOBALの利用により、JST提供情報、ならびにJ-GLOBALに関する知的財産権その他一切の権利がユーザおよび第三者に移転するものではありません。

8. 免責事項

8-1. JSTは、ユーザがJ-GLOBALを利用したことに起因または関連して生じた一切の損害(間接的であると直接的であるとを問いません。)について責任を負いません。
8-2. JSTは、JST提供情報について、その内容の真実性、正確性、信用性、有用性を保証するものではなく、また、J-GLOBALの継続性、安定性を保証するものでもありません。
8-3. J-GLOBALに掲載された広告についての一切の責任は、広告主が負っています。広告の利用は、ユーザの判断と責任によります。
8-4. JSTは、以下の各項目についてユーザまたは第三者に生じた損害について一切責任を負いません。
(1) J-GLOBALを停止、中断または終了したことにより生じた一切の損害
(2) JST提供情報の内容または当該情報を更新しなかったことにより生じた一切の損害
(3) J-GLOBALのシステムの障害により生じた一切の損害
(4) J-GLOBALに掲載された広告及び広告よりリンクされている別サイトの利用によって生じた一切の損害

9. 本規約の変更

JSTは、いつでも、事前通知なく本規約を変更することができるものとします。JSTは、本規約の改正を行った場合には、遅滞なくJ-GLOBAL上に掲載し、公表するものとします。また、規約の公表後にJ-GLOBALを閲覧したときは、ユーザは改正後の規約に承諾したものとみなすものとします。

10. 損害賠償等

ユーザは、本規約に違反して、JSTまたは第三者に損害を与えた場合、その責任と費用でこれを賠償するものとします。
ユーザがJ-GLOBALまたはJST提供情報を利用することにより第三者との間で生じたクレーム、紛争等については、ユーザが当該第三者との間で処理、解決するものとし、JSTに対して一切迷惑をかけないものとします。

11. 準拠法および裁判管轄

本規約は、日本法に準拠するものとします。ユーザとJSTの間でJ-GLOBALの利用に関して紛争が生じた場合、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

12. 本規約の優先

本規約に他の国の言語の訳文が作成される場合があります。本規約とその訳文の間に矛盾が生じた場合には、本規約が優先します。

2010年6月1日制定
2015年4月1日改定
2016年3月28日改定
2018年10月12日改定
2019年8月5日改定
国立研究開発法人 科学技術振興機構(JST)
科学技術総合リンクセンター J-GLOBAL