{{ pagetopTitle }}

J-GLOBAL利用規約

科学技術総合リンクセンター(以下「J-GLOBAL」といいます。)は、国立研究開発法人科学技術振興機構(以下「JST」といいます。)が運営する情報提供サービスです。
J-GLOBAL及びMyJ-GLOBAL機能を利用される方は、このJ-GLOBAL利用規約(以下「本規約」といいます。)に同意いただいたものとみなします。ご利用前に必ず本規約をお読みください。また、J-GLOBALにより提供する情報(以下「JST提供情報」といいます。)は、本規約の定めに従い、本規約の定める範囲でのみ利用することができます。
なお、J-GLOBALにおける各種サービス(WebAPIの利用等)については、本規約とあわせて、各種サービスの利用規約に従ってください。

1. J-GLOBALの目的

JSTは「科学技術情報流通の促進」を目的として、J-GLOBALを運営しています。科学技術情報の収集のために幅広くご利用いただけます。

2. MyJ-GLOBAL機能

2-1.MyJ-GLOBAL機能(以下「本機能」といいます。)は、J-GLOBALの利用において、アラート機能、クリップ機能等のカスタマイズサービスを受けられる機能です。本機能の利用には、登録が必要となります。
2-2.一部の情報(医療系文献の抄録等)は本機能の利用登録を行い、かつ必要な情報を登録しているユーザでなければ利用することができません。

3. MyJ-GLOBAL利用登録

3-1.本機能の利用希望者は、J-GLOBALの登録サイト(以下「本サイト」といいます。)上で、メールアドレスおよび所属機関名等のアカウント情報(以下これらを併せて「登録情報」といいます。)の登録が必要です。
3-2.本機能の利用希望者は、メールアドレスを登録した時点で、本機能を利用したものとみなします。
3-3.本機能の利用登録に際しては、利用希望者本人が自身の情報を正確に入力し、登録するものとします。本人以外の情報の登録や代理人による登録は一切認められません。
3-4.ユーザは、本機能の利用登録後、登録情報に変更が生じた場合には、速やかに登録情報の変更を行うものとします。
3-5.本機能の利用は、利用登録したユーザ本人のみに限るものとし、第三者に譲渡、貸与、その他の処分を行ってはならないものとします。

4. JST提供情報の利用

4-1.ユーザは、JST提供情報(全部または一部を問いません。)を、原則として著作権法上認められる範囲に限り利用できるものとします。
4-2.ユーザは、前項に規定する範囲を超えて、その目的の如何を問わず、以下の行為を行ってはならないものとします。ただし、JSTが許諾を与えた場合を除きます。
(1) JST提供情報の全部または一部を、複製、転載、翻案、翻訳、公衆送信(自動公衆送信が可能な状態に置く行為を含みます。)すること。
(2) JST提供情報の全部または一部を、有償もしくは無償または媒体の記録形式を問わず、第三者に対し提供、配布、貸与、譲渡、再配信、その他の処分を行うこと。
(3) JST提供情報を、機械可読な状態で第三者が共同使用できるサーバ等に保存またはキャッシュとして保持すること。
(4) JST提供情報を、機械的手段を用いて大量にダウンロードすること。
(5) JST提供情報の利用または提供により収入を得ること。

5. 禁止事項

5-1.JSTは、ユーザによるJ-GLOBALの利用において、以下の行為を行うことを禁止します。
(1) J-GLOBALの利用において、第三者の知的財産権、プライバシー、その他の権利を侵害する行為。
(2) 法律、政令、規則、条例、国またはJSTが定めるその他の規定等に違反する方法または態様でJ-GLOBALを利用する行為。
(3) JSTによるJ-GLOBALの提供その他のJSTの事業運営に支障をきたすおそれのある行為。
(4)「1.J-GLOBALの目的」に定める内容から逸脱した目的でJ-GLOBALを利用する行為。
(5) J-GLOBALの利用により、他人に迷惑・不利益等を与えまたは他人を害する行為。
(6) 前各項に掲げる他、J-GLOBALの目的に照らし、JSTが合理的な判断により不適切とする行為。
5-2.JSTは、ユーザによるJST提供情報の利用において、以下の行為を行うことを禁止します。
(1) JST提供情報を利用して、他人を誹謗中傷しまたは他人の名誉・信用を毀損し、その他他人に迷惑・不利益等を与え、または他人を害する行為。
(2) JST提供情報のいずれかに表示されまたは含まれる特許権、著作権、商標権その他の知的財産権の一切の表示を除去、隠蔽、または変更する行為。

6.収集する情報とその取り扱い

6-1.JSTは、J-GLOBALを利用するユーザの情報をアクセスログという形でサーバ内に記録します。アクセスログは、ユーザのドメイン名やIPアドレス、使用しているブラウザの種類、アクセス日時などが含まれますが、個人を特定する情報は含まれておりません。
6-2.アクセスログは、J-GLOBALの利用状況等を把握し、より効果的にJ-GLOBALを提供するために統計分析して利用するとともに、過剰利用、不正利用の監視、あるいは障害復旧時の対応に利用します。また、J-GLOBAL以外のJSTが提供するサービスの向上、および学術・科学技術施策のための調査・分析及び・研究目的に活用される場合がありますが、それ以外の目的で利用されることはありません。
6-3.JSTは、J-GLOBAL利用状況の分析やウェブ上での効果的な情報配信のためにユーザのCookieを取得する場合があります。なお、Cookieは、あくまでユーザの認証情報の確認としてコンピュータを識別するために利用され、個人を特定する情報は含まれておりません。
6-4.ユーザはCookieの利用を拒否することも可能ですが、設定方法はお使いのブラウザにより異なります。Cookieに関する具体的な設定方法は、お使いのブラウザの「ヘルプ」メニューでご確認ください。なお、すべてのCookieを拒否する設定を選択されることにより、インターネット上の各種サービスの利用上、J-GLOBALの全部又は一部がご利用できなくなる等、何らかの制約を受ける場合があります。
6-5.JSTは、J-GLOBALにおいてGoogle社が提供するWebアクセス解析ツール(以下「Googleアナリティクス」といいます。)を利用したアクセス解析を行っています。
Google アナリティクスは、J-GLOBALにおけるアクセス解析データを収集しますが、取得される情報は個人を特定するものではなく、またアクセス情報とユーザの個人情報を関連づけるものでもありません。解析結果はあくまでも6-2.に掲げる目的の範囲内で利用するものです。
6-6.Google アナリティクスの利用により収集されたデータは、Google社のプライバシーポリシーに基づいて管理されています。詳細については、Google アナリティクス利用規約およびプライバシーポリシーをご確認ください。
・Googleアナリティクス    http://www.google.com/intl/ja/analytics/
・Googleプライバシーポリシー http://www.google.co.jp/intl/ja/policies/privacy/
6-7.Googleアナリティクスによる分析を停止させたい場合は、Googleが提供する「Google アナリティクス オプトアウト アドオン」をダウンロードしてご利用のブラウザにインストールすることで、無効にすることができます。
・Google アナリティクス オプトアウト アドオン
6-8.6-1.から6-7.の定めにかかわらず、6-2.の利用目的の範囲内に限り、JSTはJ-GLOBALおよびJSTが提供する他のサービスの運営に関わる機関(運用委託会社等)に対して、収集した情報を開示することがあります。このほか、法令に基づく開示の要請があった場合、および不正アクセスや妨害等の違法行為があった場合等特別の理由がある場合を除いて、収集した情報を別の目的で利用したり、第三者に提供したりすることはありません。ただし、収集した情報は統計的に処理した後、公表されることがあります。
6-9.JSTは、これら収集した情報の漏えい、滅失および毀損の防止その他収集した情報の適切な管理のために必要な措置を講じます。

7. J-GLOBALの停止、中断および終了

7-1.JSTは、保守点検、故障への対応、その他必要のある場合はいつでも、J-GLOBALの全部または一部の停止または中断等の制約をかけることができるものとします。
7-2.JSTは、止む得ない事情があるときは、J-GLOBALの全部または一部の提供を終了することができるものとします。

8.規約違反時の措置

8-1.JSTは、ユーザが本規約に違反した場合または違反したと疑うに足りる相当の理由があるとJSTが合理的に判断したときは、当該ユーザによるJ-GLOBALの一切の利用(本機能の利用登録の取消を含む。)を停止し、必要な措置をとることができるものとします。
8-2.ユーザは、前項による本機能の利用登録の取消および停止ならびに再利用登録の拒否に対し、異議を述べないものとします。

9.調査・アンケート等

JSTは、ユーザにJSTが実施するJ-GLOBALに関する調査、アンケート等に協力をお願いすることがあります。

10.個人情報

ユーザは、個人情報について以下の各号に従って取り扱われることを了解するものとします。
(1) 登録情報に含まれる個人情報は、独立行政法人等の保有する個人情報の保護に関する法律およびJSTが別途定めるプライバシーポリシーに則り、J-GLOBALおよび本機能を適切かつ円滑に運用するために使用するものとします。
(2) JSTは、J-GLOBALの運用および運営をする場合に、保護措置を講じた上で、ユーザの個人情報を当該業務委託先に預託することがあります。

11.知的財産権

11-1.JST提供情報の著作権は、JSTを含む各情報の提供者が保有しています。
11-2.J-GLOBALのレイアウト、デザインに関する編集著作権、およびJ-GLOBALに係わるシステムの著作権その他J-GLOBALに関する一切の権利はJST又は権利を有する第三者が保有しています。
11-3.J-GLOBALの利用により、JST提供情報、およびJ-GLOBALに関する知的財産権その他一切の権利がユーザおよび第三者に移転するものではありません。

12.免責事項

12-1.JSTは、JSTの故意又は重過失のある場合を除き、ユーザがJ-GLOBALを利用したことに起因または関連して生じた一切の損害(間接的であると直接的であるとを問いません。)について責任を負いません。
12-2.JSTは、JST提供情報について、その内容の真実性、正確性、信用性、有用性を保証するものではなく、また、J-GLOBALの継続性、安定性を保証するものでもありません。
12-3.J-GLOBALに掲載された広告についての一切の責任は、広告主が負っています。広告の利用は、ユーザの判断と責任によります。
12-4.JSTは、以下の各項目についてユーザまたは第三者に生じた損害について、一切責任を負いません。
(1) J-GLOBALを停止、中断または終了したことにより生じた一切の損害
(2) JST提供情報の内容または当該情報を更新しなかったことにより生じた一切の損害
(3) J-GLOBALのシステムの障害により生じた一切の損害
(4) J-GLOBALに掲載された広告及び広告よりリンクされている別サイトの利用によって生じた一切の損害
(5) 本機能の利用登録又は利用行為により生じた一切の損害

13.本規約の変更

13-1.JSTは、本規約を変更すべき合理的な必要があると認めたときは、いつでも、事前に周知したうえで本規約を変更することができるものとします。JSTは、本規約の改正を行う場合には、事前にJ-GLOBAL上に掲載し、周知するものとします。
13-2.ユーザは、本規約変更後に、J-GLOBALを利用した場合、新しい規約に同意したものとします。

14.損害賠償等

14-1.ユーザは、J-GLOBALの利用に関して、JSTに損害を与えた場合、これを賠償するものとします。
14-2.ユーザがJ-GLOBALまたはJST提供情報を利用することにより第三者との間で生じたクレーム、紛争等については、ユーザが、その費用と責任において当該第三者との間で処理、解決するものとし、JSTに対して一切迷惑をかけないものとします。

15.準拠法および裁判管轄

本規約は、日本法に準拠するものとします。ユーザとJSTの間でJ-GLOBALの利用に関して紛争が生じた場合、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

16.本規約の優先

本規約に他の国の言語の訳文が作成される場合があります。本規約とその訳文の間に矛盾が生じた場合には、本規約が優先します。

 

2010年6月1日制定
2015年4月1日改定
2016年3月28日改定
2018年10月12日改定
2019年8月5日改定
2020年3月31日改定
国立研究開発法人 科学技術振興機構(JST)
科学技術総合リンクセンター J-GLOBAL

J-GLOBAL利用規約

科学技術総合リンクセンター(以下「J-GLOBAL」といいます。)は、国立研究開発法人科学技術振興機構(以下「JST」といいます。)が運営する情報提供サービスです。
J-GLOBAL及びMyJ-GLOBAL機能を利用される方は、このJ-GLOBAL利用規約(以下「本規約」といいます。)に同意いただいたものとみなします。ご利用前に必ず本規約をお読みください。また、J-GLOBALにより提供する情報(以下「JST提供情報」といいます。)は、本規約の定めに従い、本規約の定める範囲でのみ利用することができます。
なお、J-GLOBALにおける各種サービス(WebAPIの利用等)については、本規約とあわせて、各種サービスの利用規約に従ってください。

1. J-GLOBALの目的

JSTは「科学技術情報流通の促進」を目的として、J-GLOBALを運営しています。科学技術情報の収集のために幅広くご利用いただけます。

2. MyJ-GLOBAL機能

2-1.MyJ-GLOBAL機能(以下「本機能」といいます。)は、J-GLOBALの利用において、アラート機能、クリップ機能等のカスタマイズサービスを受けられる機能です。本機能の利用には、登録が必要となります。
2-2.一部の情報(医療系文献の抄録等)は本機能の利用登録を行い、かつ必要な情報を登録しているユーザでなければ利用することができません。

3. MyJ-GLOBAL利用登録

3-1.本機能の利用希望者は、J-GLOBALの登録サイト(以下「本サイト」といいます。)上で、メールアドレスおよび所属機関名等のアカウント情報(以下これらを併せて「登録情報」といいます。)の登録が必要です。
3-2.本機能の利用希望者は、メールアドレスを登録した時点で、本機能を利用したものとみなします。
3-3.本機能の利用登録に際しては、利用希望者本人が自身の情報を正確に入力し、登録するものとします。本人以外の情報の登録や代理人による登録は一切認められません。
3-4.ユーザは、本機能の利用登録後、登録情報に変更が生じた場合には、速やかに登録情報の変更を行うものとします。
3-5.本機能の利用は、利用登録したユーザ本人のみに限るものとし、第三者に譲渡、貸与、その他の処分を行ってはならないものとします。

4. JST提供情報の利用

4-1.ユーザは、JST提供情報(全部または一部を問いません。)を、原則として著作権法上認められる範囲に限り利用できるものとします。
4-2.ユーザは、前項に規定する範囲を超えて、その目的の如何を問わず、以下の行為を行ってはならないものとします。ただし、JSTが許諾を与えた場合を除きます。
(1) JST提供情報の全部または一部を、複製、転載、翻案、翻訳、公衆送信(自動公衆送信が可能な状態に置く行為を含みます。)すること。
(2) JST提供情報の全部または一部を、有償もしくは無償または媒体の記録形式を問わず、第三者に対し提供、配布、貸与、譲渡、再配信、その他の処分を行うこと。
(3) JST提供情報を、機械可読な状態で第三者が共同使用できるサーバ等に保存またはキャッシュとして保持すること。
(4) JST提供情報を、機械的手段を用いて大量にダウンロードすること。
(5) JST提供情報の利用または提供により収入を得ること。

5. 禁止事項

5-1.JSTは、ユーザによるJ-GLOBALの利用において、以下の行為を行うことを禁止します。
(1) J-GLOBALの利用において、第三者の知的財産権、プライバシー、その他の権利を侵害する行為。
(2) 法律、政令、規則、条例、国またはJSTが定めるその他の規定等に違反する方法または態様でJ-GLOBALを利用する行為。
(3) JSTによるJ-GLOBALの提供その他のJSTの事業運営に支障をきたすおそれのある行為。
(4)「1.J-GLOBALの目的」に定める内容から逸脱した目的でJ-GLOBALを利用する行為。
(5) J-GLOBALの利用により、他人に迷惑・不利益等を与えまたは他人を害する行為。
(6) 前各項に掲げる他、J-GLOBALの目的に照らし、JSTが合理的な判断により不適切とする行為。
5-2.JSTは、ユーザによるJST提供情報の利用において、以下の行為を行うことを禁止します。
(1) JST提供情報を利用して、他人を誹謗中傷しまたは他人の名誉・信用を毀損し、その他他人に迷惑・不利益等を与え、または他人を害する行為。
(2) JST提供情報のいずれかに表示されまたは含まれる特許権、著作権、商標権その他の知的財産権の一切の表示を除去、隠蔽、または変更する行為。

6.収集する情報とその取り扱い

6-1.JSTは、J-GLOBALを利用するユーザの情報をアクセスログという形でサーバ内に記録します。アクセスログは、ユーザのドメイン名やIPアドレス、使用しているブラウザの種類、アクセス日時などが含まれますが、個人を特定する情報は含まれておりません。
6-2.アクセスログは、J-GLOBALの利用状況等を把握し、より効果的にJ-GLOBALを提供するために統計分析して利用するとともに、過剰利用、不正利用の監視、あるいは障害復旧時の対応に利用します。また、J-GLOBAL以外のJSTが提供するサービスの向上、および学術・科学技術施策のための調査・分析及び・研究目的に活用される場合がありますが、それ以外の目的で利用されることはありません。
6-3.JSTは、J-GLOBAL利用状況の分析やウェブ上での効果的な情報配信のためにユーザのCookieを取得する場合があります。なお、Cookieは、あくまでユーザの認証情報の確認としてコンピュータを識別するために利用され、個人を特定する情報は含まれておりません。
6-4.ユーザはCookieの利用を拒否することも可能ですが、設定方法はお使いのブラウザにより異なります。Cookieに関する具体的な設定方法は、お使いのブラウザの「ヘルプ」メニューでご確認ください。なお、すべてのCookieを拒否する設定を選択されることにより、インターネット上の各種サービスの利用上、J-GLOBALの全部又は一部がご利用できなくなる等、何らかの制約を受ける場合があります。
6-5.JSTは、J-GLOBALにおいてGoogle社が提供するWebアクセス解析ツール(以下「Googleアナリティクス」といいます。)を利用したアクセス解析を行っています。
Google アナリティクスは、J-GLOBALにおけるアクセス解析データを収集しますが、取得される情報は個人を特定するものではなく、またアクセス情報とユーザの個人情報を関連づけるものでもありません。解析結果はあくまでも6-2.に掲げる目的の範囲内で利用するものです。
6-6.Google アナリティクスの利用により収集されたデータは、Google社のプライバシーポリシーに基づいて管理されています。詳細については、Google アナリティクス利用規約およびプライバシーポリシーをご確認ください。
・Googleアナリティクス    http://www.google.com/intl/ja/analytics/
・Googleプライバシーポリシー http://www.google.co.jp/intl/ja/policies/privacy/
6-7.Googleアナリティクスによる分析を停止させたい場合は、Googleが提供する「Google アナリティクス オプトアウト アドオン」をダウンロードしてご利用のブラウザにインストールすることで、無効にすることができます。
・Google アナリティクス オプトアウト アドオン
6-8.6-1.から6-7.の定めにかかわらず、6-2.の利用目的の範囲内に限り、JSTはJ-GLOBALおよびJSTが提供する他のサービスの運営に関わる機関(運用委託会社等)に対して、収集した情報を開示することがあります。このほか、法令に基づく開示の要請があった場合、および不正アクセスや妨害等の違法行為があった場合等特別の理由がある場合を除いて、収集した情報を別の目的で利用したり、第三者に提供したりすることはありません。ただし、収集した情報は統計的に処理した後、公表されることがあります。
6-9.JSTは、これら収集した情報の漏えい、滅失および毀損の防止その他収集した情報の適切な管理のために必要な措置を講じます。

7. J-GLOBALの停止、中断および終了

7-1.JSTは、保守点検、故障への対応、その他必要のある場合はいつでも、J-GLOBALの全部または一部の停止または中断等の制約をかけることができるものとします。
7-2.JSTは、止む得ない事情があるときは、J-GLOBALの全部または一部の提供を終了することができるものとします。

8.規約違反時の措置

8-1.JSTは、ユーザが本規約に違反した場合または違反したと疑うに足りる相当の理由があるとJSTが合理的に判断したときは、当該ユーザによるJ-GLOBALの一切の利用(本機能の利用登録の取消を含む。)を停止し、必要な措置をとることができるものとします。
8-2.ユーザは、前項による本機能の利用登録の取消および停止ならびに再利用登録の拒否に対し、異議を述べないものとします。

9.調査・アンケート等

JSTは、ユーザにJSTが実施するJ-GLOBALに関する調査、アンケート等に協力をお願いすることがあります。

10.個人情報

ユーザは、個人情報について以下の各号に従って取り扱われることを了解するものとします。
(1) 登録情報に含まれる個人情報は、独立行政法人等の保有する個人情報の保護に関する法律およびJSTが別途定めるプライバシーポリシーに則り、J-GLOBALおよび本機能を適切かつ円滑に運用するために使用するものとします。
(2) JSTは、J-GLOBALの運用および運営をする場合に、保護措置を講じた上で、ユーザの個人情報を当該業務委託先に預託することがあります。

11.知的財産権

11-1.JST提供情報の著作権は、JSTを含む各情報の提供者が保有しています。
11-2.J-GLOBALのレイアウト、デザインに関する編集著作権、およびJ-GLOBALに係わるシステムの著作権その他J-GLOBALに関する一切の権利はJST又は権利を有する第三者が保有しています。
11-3.J-GLOBALの利用により、JST提供情報、およびJ-GLOBALに関する知的財産権その他一切の権利がユーザおよび第三者に移転するものではありません。

12.免責事項

12-1.JSTは、JSTの故意又は重過失のある場合を除き、ユーザがJ-GLOBALを利用したことに起因または関連して生じた一切の損害(間接的であると直接的であるとを問いません。)について責任を負いません。
12-2.JSTは、JST提供情報について、その内容の真実性、正確性、信用性、有用性を保証するものではなく、また、J-GLOBALの継続性、安定性を保証するものでもありません。
12-3.J-GLOBALに掲載された広告についての一切の責任は、広告主が負っています。広告の利用は、ユーザの判断と責任によります。
12-4.JSTは、以下の各項目についてユーザまたは第三者に生じた損害について、一切責任を負いません。
(1) J-GLOBALを停止、中断または終了したことにより生じた一切の損害
(2) JST提供情報の内容または当該情報を更新しなかったことにより生じた一切の損害
(3) J-GLOBALのシステムの障害により生じた一切の損害
(4) J-GLOBALに掲載された広告及び広告よりリンクされている別サイトの利用によって生じた一切の損害
(5) 本機能の利用登録又は利用行為により生じた一切の損害

13.本規約の変更

13-1.JSTは、本規約を変更すべき合理的な必要があると認めたときは、いつでも、事前に周知したうえで本規約を変更することができるものとします。JSTは、本規約の改正を行う場合には、事前にJ-GLOBAL上に掲載し、周知するものとします。
13-2.ユーザは、本規約変更後に、J-GLOBALを利用した場合、新しい規約に同意したものとします。

14.損害賠償等

14-1.ユーザは、J-GLOBALの利用に関して、JSTに損害を与えた場合、これを賠償するものとします。
14-2.ユーザがJ-GLOBALまたはJST提供情報を利用することにより第三者との間で生じたクレーム、紛争等については、ユーザが、その費用と責任において当該第三者との間で処理、解決するものとし、JSTに対して一切迷惑をかけないものとします。

15.準拠法および裁判管轄

本規約は、日本法に準拠するものとします。ユーザとJSTの間でJ-GLOBALの利用に関して紛争が生じた場合、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

16.本規約の優先

本規約に他の国の言語の訳文が作成される場合があります。本規約とその訳文の間に矛盾が生じた場合には、本規約が優先します。

 

2010年6月1日制定
2015年4月1日改定
2016年3月28日改定
2018年10月12日改定
2019年8月5日改定
2020年3月31日改定
国立研究開発法人 科学技術振興機構(JST)
科学技術総合リンクセンター J-GLOBAL