研究者
J-GLOBAL ID:200901001675852388   更新日: 2020年01月16日

谷池 雅子

タニイケ マサコ | TANIIKE Masako
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (2件): 神経解剖学・神経病理学 ,  小児科学
研究キーワード (3件): 脱髄 ,  神経変性 ,  プロスタグランディン
競争的資金等の研究課題 (4件):
  • クラッベ病における病態発生学
  • 神経変性疾患におけるPGD合成酵素の機能
  • 睡眠障害を持つ乳幼児に対する前向き介入研究
  • 小児における睡眠の量・質の指標となる生化学的マーカーの開発
論文 (159件):
  • Tachibana M, Mohri I, Hirata I, Kuwada A, Kimura-Ohba S, Kagitani-Shimono K, Fushimi H, Inoue T, Shiomi M, Kakuta Y, Takeuchi M, Murayama S, Nakayama M, Ozono K, Taniike M. Clasmatodendrosis is associated with dendritic spines and does not represent autophagic astrocyte death in influenza-associated encephalopathy. Brain & development. 2019. 41. 1. 85-95
  • Ogawa R, Kagitani-Shimono K, Matsuzaki J, Tanigawa J, Hanaie R, Yamamoto T, Tominaga K, Hirata M, Mohri I, Taniike M. Abnormal cortical activation during silent reading in adolescents with autism spectrum disorder. Brain & development. 2018
  • Tanigawa J, Kagitani-Shimono K, Matsuzaki J, Ogawa R, Hanaie R, Yamamoto T, Tominaga K, Nabatame S, Mohri I, Taniike M, Ozono K. Atypical auditory language processing in adolescents with autism spectrum disorder. Clinical neurophysiology : official journal of the International Federation of Clinical Neurophysiology. 2018. 129. 9. 2029-2037
  • Kagitani-Shimono K, Kato Y, Hanaie R, Matsuzaki J, Tanigawa J, Iwatani Y, Azuma J, Taniike M. Abnormal cortical activation during an auditory word comprehension task in benign childhood epilepsy with centrotemporal spikes: A magnetoencephalographic study. Epilepsy & behavior : E&B. 2018
  • Honda T, Sofuku K, Matsunaga H, Tachibana M, Mohri I, Taniike M, Tomonaga K. Prevalence of antibodies against Borna disease virus proteins in Japanese children with autism spectrum disorder. Microbiology and immunology. 2018
もっと見る
MISC (244件):
  • 早田 敦子, 奥田 健太, 毛利 育子, 橘 雅弥, 新谷 勇介, 菊池 泰河, 中澤 敬信, 谷池 雅子, 橋本 均. マウス新生仔へのプロスタグランジンD2受容体DP1作動薬による神経細胞の形態や行動への影響. 日本臨床精神神経薬理学会・日本神経精神薬理学会合同年会プログラム・抄録集. 2018. 28回・48回. 224-224
  • 下野 九理子, 林 良子, 岩谷 祥子, 富永 康仁, 青天目 信, 押野 悟, 加藤 弘樹, 貴島 晴彦, 畑澤 順, 谷池 雅子. 炎症マーカー[11C]DPA-713を用いたPETによる焦点性てんかんの局在診断. てんかん研究. 2018. 36. 2. 467-467
  • 村田 絵美, 毛利 育子, 加藤 久美, 谷池 雅子. 小児の睡眠ポリソムノグラフ施行におけるプレパレーションの有効性の検討. 日本睡眠学会定期学術集会プログラム・抄録集. 2018. 43回. 214-214
  • 大倉 睦美, 野々上 茂, 上村 真代, 谷池 雅子, 加藤 隆史. 終夜睡眠ポリグラフ検査を実施した健康若年成人におけるApnea-Hypopnea index. 日本睡眠学会定期学術集会プログラム・抄録集. 2018. 43回. 256-256
  • 谷池 雅子. 早産児の発達障害と療育へのアプローチ 自閉スペクトラム症児支援の担い手としての周産期専門医の重要性. 日本新生児成育医学会雑誌. 2018. 30. 2. 259-260
もっと見る
特許 (1件):
学位 (1件):
  • 医学博士 (大阪大学)
委員歴 (1件):
  • American Association of Neuropathologists Active member
受賞 (1件):
  • 2006 - 優秀演題賞
所属学会 (5件):
日本先天代謝学会 ,  日本神経学会 ,  日本小児神経学会 ,  Society for Neuroscience foreign member ,  Amevican Association of Neuropathologists
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る