研究者
J-GLOBAL ID:200901003262194571   更新日: 2020年01月14日

金井 好克

カナイ ヨシカツ | KANAI Yoshikatsu
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (2件): http://www.pharma1.med.osaka-u.ac.jp/http://www.pharma1.med.osaka-u.ac.jp/
研究分野 (3件): 生理学一般 ,  薬理学一般 ,  病態医化学
研究キーワード (3件): 分子薬理学 ,  分子病態生理学 ,  分子生理学
論文 (304件):
  • Alexander SPH, Kelly E, Mathie A, Peters JA, Veale EL, Armstrong JF, Faccenda E, Harding SD, Pawson AJ, Sharman JL, Southan C, Davies JA; CGTP Collaborators. THE CONCISE GUIDE TO PHARMACOLOGY 2019/20: Transporters. Br J Pharmacol. 2019. 176. Suppl 1. S397-S493
  • Hayashi K, Kaminuma O, Nishimura T, Saeki M, Matsuoka K, Hiroi T, Jutabha P, Iwata Y, Sugiura K, Owada T, Kurasawa K, Okayasu I, Ouchi M, Fujita T, Kanai Y, Endou H, Anzai N. LAT1-specific inhibitor is effective against T cell-mediated allergic skin inflammation. Allergy. 2019. doi: 10.1111/all.14019
  • Jin C, Wu Z, Wang L, Kanai Y, He X. CYP450s-Activity Relations of Celastrol to Interact with Triptolide Reveal the Reasons of Hepatotoxicity of Tripterygium wilfordii. Molecules. 2019. 24. 11. pii: E2162
  • Lee Y, Wiriyasermkul P, Jin C, Quan L, Ohgaki R, Okuda S, Kusakizako T, Nishizawa T, Oda K, Ishitani R, Yokoyama T, Nakane T, Shirouzu M, Endou H, Nagamori S, Kanai Y, Nureki O. Cryo-EM structure of the human L-type amino acid transporter 1 in complex with glycoprotein CD98hc. Nat Struct Mol Biol. 2019. 26. 6. 510-517
  • Aoki M, Watabe T, Nagamori S, Naka S, Ikeda H, Kongpracha P, Horitsugi G, Kanai Y, Shimosegawa E, Kanai Y, Hatazawa J. Distribution of LAT1-targeting PET tracer was independent of the tumor blood flow in rat xenograft models of C6 glioma and MIA PaCa-2. Ann Nucl Med. 2019. 33. 6. 394-403
もっと見る
MISC (140件):
  • 金井 好克. がん細胞のアミノ酸トランスポーターを標的としたがん診断と治療の開発. 医学のあゆみ. 2019. 271. 1. 71-77
  • 大垣 隆一, 寺村 裕治, 林 大智, 永森 收志, 高井 まどか, 金井 好克. PEG結合リン脂質の細胞外表層pHイメージングへの応用 細胞膜アンカー型プローブ骨格としての可能性. 日本薬理学雑誌. 2019. 153. 6. 254-260
  • 大垣 隆一, 金井 好克. アミノ酸シグナルの解明からがん治療へ アミノ酸トランスポーター阻害によるがん代謝制御. 実験医学. 2019. 37. 4. 508-513
  • 金井 好克. SGLT2阻害薬の薬理作用. 内分泌・糖尿病・代謝内科. 2018. 46. 4. 297-304
  • 金井 好克. DAMPsとしての尿酸. 医学のあゆみ. 2018. 264. 12. 1036-1040
もっと見る
特許 (68件):
書籍 (37件):
  • Identification of a new family of proteins involved in amino acid trasport.
    In : Molecular Biology and Function of Carrier Proteins. The Rockefeller University Press, New York 1993
  • 腎特異有機溶質トランスポーターの構造と機能
    腎臓1995,中外医学社 1995
  • 腎特異有機溶質トランスポーターの構造と機能
    Annual Review 腎臓, 中外医学社 1995
  • 腎特異有機溶質トランスポーターの構造と機能
    腎臓1995,中外医学社 1995
  • 腎特異有機溶質トランスポーターの構造と機能
    Annual Review 腎臓, 中外医学社 1995
もっと見る
講演・口頭発表等 (18件):
  • 特別講演「栄養素トランスポーターを標的とした病態代謝制御:SGLT2阻害薬の最近の知見とアミノ酸・有機酸トランスポーターの創薬標的としての可能性」
    (第164 回 分泌セミナー 2016)
  • SGLT2と腎グルコース再吸収の基礎
    (Diabetes TV Symposium 2016 2016)
  • トランスポーターを標的とした創薬
    (千里ライフサイエンスセミナー「トランスポーターと創薬:構造と病態からのアプローチ」 2016)
  • Special Lecture "Transporter and urolithiasis"
    (13th International Symposium on Urolithiasis 2016)
  • Special Lecture “Amino acid transporters as targets for cancer-selective drug delivery and anti-cancer therapeutics”
    (2nd Drug Transporters Forum 2016)
もっと見る
学歴 (2件):
  • - 1984 群馬大学 医学部 医学科
  • - 1988 東京大学 医学系研究科 生理学
学位 (2件):
  • MD 1984
  • 医学博士 1988
経歴 (8件):
  • 1988/04 - 1993/11 東京大学助手(医学部医学科衛生学)
  • 1991/04 - 1993/11 米国Harvard University博士研究員 (Brigham and Women's Hospital, Renal Division)
  • 1993/12 - 1996/03 杏林大学医学部講師(薬理学)
  • 1996/04 - 2001/03 杏林大学医学部助教授(薬理学)
  • 1998/10 - 2001/09 科学技術振興事業団個人研究推進事業 さきがけ研究21「素過程と連携」領域研究者(兼務)
全件表示
受賞 (11件):
  • 2020/01 - 第3回 日本医療研究開発大賞 内閣総理大臣賞
  • 2014 - 大阪大学 第3回 大阪大学総長顕彰
  • 2013 - 大阪大学 第2回 大阪大学総長顕彰
  • 2013 - 日本薬理学会 第7回 江橋節郎賞
  • 1994 - Award from International Academy for Biomedical and Drug Research in 1994: Special Recognition of Excellence.
全件表示
所属学会 (16件):
日本癌学会 ,  米国腎臓学会 ,  日本糖尿病学会 ,  日本薬物動態学会 ,  米国薬理学会 ,  日本薬理学会(評議員) ,  日本生化学会(評議員) ,  日本分子生物学会 ,  日本細胞生物学会 ,  日本蛋白質科学会 ,  日本毒性学会(評議員) ,  日本腎臓学会 ,  米国生化学分子生物学会 ,  米国神経科学会 ,  米国細胞生物学会 ,  がん分子標的治療研究会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る