研究者
J-GLOBAL ID:200901005381964841   更新日: 2020年06月03日

八木 高伸

ヤギ タカノブ | Yagi Takanobu
所属機関・部署:
職名: 主任研究院(研究院准教授)
研究分野 (8件): 人体病理学 ,  医療技術評価学 ,  細胞生物学 ,  流体工学 ,  脳神経外科学 ,  実験病理学 ,  生体材料学 ,  生体医工学
研究キーワード (16件): 血栓 ,  溶血 ,  細胞死 ,  バイオメカニクス ,  細胞相互作用 ,  診断治療支援技術開発 ,  医療機器研究開発 ,  頸動脈プラーク ,  光イメージング ,  培養技術研究開発 ,  病理 ,  動脈硬化 ,  脳動脈瘤 ,  マイクロ流体力学 ,  血流 ,  血管リモデリング
競争的資金等の研究課題 (13件):
  • 2018 - 2021 非臨床性能評価を深化する超小型血液循環シミュレータの開発
  • 2018 - 2021 SHG光計測による瞬時大変形した赤血球の膜損傷の可視化と損傷度の定量
  • 2015 - 2018 新規治療機器を実臨床に導入時に有効な循環シミュレータの開発
  • 2016 - 2017 数値流体力学による冠動脈機能的狭窄の非侵襲診断ソフトウェアの開発
  • 2016 - 2017 数値流体力学による脳動脈瘤血管内治療リスク判定システムの開発
全件表示
論文 (41件):
  • Kataoka H, Makino Y, Takanishi K, Kimura Y, Takamura K, Yagi T, Iguchi S, Yamamoto A, Iida H, Ogata S, Nishimura K, Nakamura M, Umezu M, Iihara K, Takahashi JC. Vascular responses to abrupt blood flow change after bypass surgery for complex intracranial aneurysms. Acta neurochirurgica. 2018. 160. 10. 1945-1953
  • Satoh T, Yagi T, Onoda K, Kameda M, Sasaki T, Ichikawa T, Date I. Hemodynamic features of offending vessels at neurovascular contact in patients with trigeminal neuralgia and hemifacial spasm. Journal of neurosurgery. 2018. 1-7
  • Wang X, Suto K, Yagi T, Kawamura K, Umezu M. Three-Dimensional Pathological Analysis of Cerebral Aneurysm Initiation. Advanced Computational Methods in Life System Modeling and Simulation - International Conference on Life System Modeling and Simulation, LSMS 2017 - and - International Conference on Intelligent Computing for Sustainable Energy and Environment, ICSEE 2017. 2017. 95-103
  • Zin N, Sakaguchi K, Haraguchi Y, Yagi T, Shimizu T, Umezu M. Controlling sheer stress in a suspension culture using coquette, flow for efficient proliferation of HEK 293 cells. Fluid Mechanics Open Access. 2016. 3. 1
  • Tobe Y, Yagi T, Kawamura K, Umezu M. Pathological engineering analysis of human unruptured cerebral aneurysms for investigation of relationship between hemodynamic stress and smooth muscle cells. Proceedings of the ICBME 2016. 2016. 28
もっと見る
MISC (6件):
もっと見る
特許 (24件):
書籍 (3件):
  • 基礎からよくわかる実践的CFD(数値流体力学)入門
    メディカ出版 2017
  • 次世代診断治療支援のための血流シミュレーション
    日本機械学会 2016
  • 医療現場のための数値流体力学(全7回)
    日本診療放射線技師会誌 2014
講演・口頭発表等 (98件):
  • 数値流体力学(CFD)による冠動脈血流シミュレーション
    (FRIENDS 2017)
  • 数値流体力学(CFD)による心臓,脳血管障害の診断治療支援:現状と展望
    (日本放射線技術学会近畿支部平成29年度秋季勉強会 2017)
  • 医工連携による脳動脈瘤の病態解明-次世代診断治療支援技術を目指して-
    (第19回中国四国脳卒中研究会 2017)
  • Computational Fluid Dynamics for Assisting Neurosurgery: Basic Principles
    (第13回国際脳卒中外科学会 2017)
  • 数値流体力学による脳動脈瘤の血流解析:15年のレビュー
    (第33回NPO法人日本脳神経血管内治療学会学術総会 2017)
もっと見る
学歴 (5件):
  • 2004 - 2007 早稲田大学 先進理工学研究科 生命理工学(博士)
  • 2004 - 2007 豪州国立研究所CSIRO 先端流体計測研究室
  • 2003 - 2004 早稲田大学 理工学研究科 生命理工学(修士)
  • 1997 - 2002 早稲田大学 理工学部 機械工学科
  • 2000 - 2001 米国カリフォルニア州立大学
学位 (1件):
  • 博士(工学) (早稲田大学)
経歴 (10件):
  • 2018/04 - 現在 東京女子医科大学 非常勤講師
  • 2018/04 - 現在 早稲田大学理工学術院 主任研究員
  • 2017/04 - 2018/03 早稲田大学理工学術院 客員准教授
  • 2013/04 - 2017/06 イービーエム株式会社 部長
  • 2014/04 - 2017/03 早稲田大学理工学術院 客員准教授
全件表示
委員歴 (12件):
  • 2018/07 - 現在 脳血管CFD解析実用化委員会 事務局
  • 2018/04 - 現在 日本放射線技術学会 医用画像標準化委員
  • 2016/04 - 現在 日本機械学会バイオエンジニアリング 講習会講師
  • 2016/04 - 現在 日本機械学会バイオエンジニアリング 運営委員会
  • 2015/04 - 現在 日本バイオレオロジー学会 企画小委会血管内治療
全件表示
受賞 (17件):
  • 2018 - 日本脳神経血管内治療学会総会 優秀ポスター賞銅賞 ヒト脳動脈瘤の退行性変化と破裂メカニズムに関する検討
  • 2017 - 機械学会バイオフロンティア 優秀講演フェロー賞 ヒト脳動脈瘤破裂因子の特定に向けた病理工学的検討 壁の菲薄化と炎症細胞の関連性
  • 2016 - ICBME Best Poster Award Proposal of mathematical auto-regulation model for cerebral blood flow rate prediction of cerebral bypass surgery
  • 2013 - ICBME YIA Relationship between pathology and hemodynamics of human unruptured cerebral aneurysms
  • 2012 - 早稲田大学 若手研究者支援事業アーリーバード(第二期生) 脳血管疾患の診断・治療の新展開:血流診断の実用化に向けた安全性に関する研究
全件表示
所属学会 (4件):
日本放射線技術学会 ,  可視化情報学会 ,  日本バイオレオロジー学会 ,  日本機械学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る