研究者
J-GLOBAL ID:200901069971609344   更新日: 2020年09月01日

加藤 功一

カトウ コウイチ | Kato Koichi
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (2件): https://biomaterials-hu.wixsite.com/bmt-huhttps://biomaterials-hu.wixsite.com/bmt-hu
研究分野 (3件): 高分子化学 ,  生体材料学 ,  生体医工学
研究キーワード (6件): Tissue Engineering ,  Polymer Surface ,  Biomaterials ,  組織工学 ,  高分子表面 ,  生体材料
競争的資金等の研究課題 (10件):
  • 2001 - High-throughput Analysis of Cell Functions
  • 2001 - 細胞機能のハイスループット分析
  • 1996 - Synthesis of Biomaterials used in Tissue Engineering
  • 1996 - 組織工学のための生体材料合成
  • 1990 - Molecular Design of Polymeric Biomaterials through Surface Modification
全件表示
論文 (77件):
  • Yuka Yamauchi, Isao Hirata, Kotaro Tanimoto, Koichi Kato. Epidermal growth factor-immobilized surfaces for the selective expansion of neural progenitor cells derived from induced pluripotent stem cells. Biotechnology and Bioengineering. 2020
  • Ajay Shakya, Eiji Imado, Phuong Kim Nguyen, Tamamo Matsuyama, Kotaro Horimoto, Isao Hirata, Koichi Kato. Oriented immobilization of basic fibroblast growth factor: Bioengineered surface design for the expansion of human mesenchymal stromal cells. Scientific reports. 2020. 10. 1. 8762-8762
  • Aimi Naim Abdullah, Satoshi Miyauchi, Azusa Onishi, Kotaro Tanimoto, Koichi Kato. Differentiation of mouse-induced pluripotent stem cells into dental epithelial-like cells in the absence of added serum. In vitro cellular & developmental biology. Animal. 2019. 55. 2. 130-137
  • Tsuka H, Morita K, Kato K, Kimura H, Abekura H, Hirata I, Kato K, Tsuga K. Effect of laser groove treatment on shear bond strength of resin-based luting agent to polyetheretherketone (PEEK). Journal of Prosthodontic Research. 2018
  • Kan Kato, Koji Morita, Isao Hirata, Kazuya Doi, Takayasu Kubo, Koichi Kato, Kazuhiro Tsuga. Enhancement of calcification by osteoblasts cultured on hydroxyapatite surfaces with adsorbed inorganic polyphosphate. In Vitro Cellular and Developmental Biology - Animal. 2018. 54. 6. 449-457
もっと見る
MISC (15件):
  • 古田雅一, 松垣あいら, 中野貴由, 平田伊佐雄, 加藤功一, 岡崎正之. Co-60ガンマ線照射に伴うPTFEの物性変化に関する分子レベル解析. 2018. 45
  • Egawa E. Y, Kato K, Hiraoka M, Nakaji-Hirabayashi T, Iwata H. Utilization of genetically engineered epidermal \ngrowth factor to construct collagen-based hydrogel carrier for promoting neural stem cell proliferation,. 第31 回日本バイオマテリアル学会大会 (2009.11.16-17 京都). 2009
  • Kato K, Nakaji-Hirabayashi T, Miyazaki H, Hiraoka M, Iwata H. Biomaterials design by genetic engineering toward cell-based therapy for neurodegenerative diseases. 2007 International Conference on Bionano Sciences (2007.12.5-8.Taipei). 2007
  • 加藤功一, 石室俊成, 有馬祐介, 平田伊佐雄, 岩田博夫. 表面プラズモン共鳴イメージング装置による細胞表面マーカーの検出. 第49回日本学術会議材料研究連合講演会(2005.9.15-16 京都). 2005
  • F Yamauchi, K Kato, H Iwata. Micropatterned, self-assembled monolayers for fabrication of transfected cell microarrays (vol 1672, pg 138, 2004). BIOCHIMICA ET BIOPHYSICA ACTA-GENERAL SUBJECTS. 2004. 1674. 1. 109-110
もっと見る
書籍 (22件):
  • Synthetic Immunology
    Springer 2016
  • バイオチップの基礎と応用-原理から最新の研究・開発動向まで-
    シーエムシー出版 2015
  • バイオマテリアル (化学マスター講座)
    丸善出版 2013 ISBN:4621086715
  • スタンダード歯科理工学
    学建書院 2013
  • バイオマテリアル
    丸善出版 2013 ISBN:9784621086711
もっと見る
Works (1件):
  • Synthesis of artificial extracellnlar matrix
    1997 - 1998
学歴 (5件):
  • 1991 - 1994 京都大学 高分子化学専攻
  • - 1994 京都大学
  • 1988 - 1990 京都大学 林産工学専攻
  • 1984 - 1988 京都大学 林産工学科
  • - 1988 京都大学
学位 (2件):
  • 博士(工学) (京都大学)
  • 農学修士 (京都大学)
経歴 (9件):
  • 2016/04 - 現在 広島大学 歯学部 学部長
  • 2011/04 - 現在 広島大学 大学院医歯薬保健学研究科 教授
  • 2007/04 - 2011/03 京都大学 再生医科学研究所 准教授
  • 2001/04 - 2007/03 京都大学 再生医科学研究所 助教授
  • 1996/05 - 2001/03 神戸大学 工学部応用化学科 助手
全件表示
受賞 (2件):
  • 2004 - 日本バイオマテリアル学会科学奨励賞
  • 1999 - 高分子学会若手研究奨励賞
所属学会 (9件):
ナノメディシン交流協会 ,  ナノ学会 ,  日本化学会 ,  高分子学会 ,  日本再生歯科医学会 ,  日本再生医療学会 ,  日本バイオマテリアル学会 ,  アメリカ化学会 ,  日本歯科理工学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る