研究者
J-GLOBAL ID:200901083938474118   更新日: 2020年05月15日

和田 明

ワダ アキラ | Wada Akira
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (6件): 水工学 ,  環境政策、環境配慮型社会 ,  環境影響評価 ,  水工学 ,  環境政策、環境配慮型社会 ,  環境影響評価
研究キーワード (4件): 環境水理学 ,  海洋環境工学 ,  Environmental Hydraulics ,  Marine Environment Technology
競争的資金等の研究課題 (12件):
  • 1998 - 2008 内湾における流動モデルと生態系モデルの開発
  • 1998 - 2008 Development of Models for Flow and Ecosystem in a Bay
  • 1997 - 2007 海洋循環モデルの開発(太平洋,日本海,北極海)
  • 1997 - 2007 Development of Ocean Circulation Models(Pacific Ocean, Sea of Japan, Arctic Ocean)
  • 2000 - 2006 沿岸海域における放射性核種拡散モデルの精度向上化
全件表示
MISC (128件):
書籍 (34件):
  • 海洋環境水理学
    丸善株式会社 2007
  • やさしい水理学
    森北出版(株) 2005
  • 海洋調査フロンティア -海を計測する-(増補版)
    海洋調査技術学会 2004
  • 環境と資源の安全保障 47の提言
    共立出版 2003
  • A preliminary study on the possibility of isolation CO<sub>2</sub> using 3-dimensional flow model with Satellite NSCAT and SSMI/DATA in the Pacific Ocean
    Advances in Fluid Motion & Turbulence Measurement, IAHR (World Scientific) 2002
もっと見る
講演・口頭発表等 (26件):
  • 東京湾におけるダイオキシン類海底堆積モデルの検討
    (水環境学会 2010)
  • 東京湾におけるダイオキシン類堆積モデルの構築
    (水環境学会 2009)
  • 東京湾における河川からのダイオキシン類負荷における堆積分布の予測
    (日仏海洋学会 2009)
  • CO2海洋放出によるpH値の低下と海洋生物への影響評価
    (土木学会 2009)
  • 日本沿岸域でのCO2海洋隔離の検討
    (海洋調査技術学会 2009)
もっと見る
Works (7件):
  • 海洋へ放出される放射性物質の沈降に関する調査研究
    2005 - 2006
  • 乱流モデルによる水中噴流現象の解析
    2006 -
  • 東京湾海域におけるアオサ大量集積に関する調査研究
    2005 -
  • 東京湾海域における海上ゴミ集積予測解析
    2004 -
  • 伊勢湾の生態系モデル構築
    2000 - 2001
もっと見る
学位 (1件):
  • 工学博士 (大阪大学)
委員歴 (19件):
  • 2002/10 - 海洋調査技術学会 学会誌編集委員長
  • 2002/07 - 海洋調査技術学会 評議員
  • 1990/07 - 2000/07 海洋調査技術学会 評議員
  • 1996 - 1998 国際水理学会 上級理事
  • 1996 - 1998 International Association for Hydraulic Engineering and Research Co-opted Member
全件表示
受賞 (8件):
  • 2005 - 海洋調査技術学会・技術賞(論文賞)
  • 2003 - 国際水理学会・名誉会員
  • 2003 - IAHR Honorary Member
  • 2002 - 海洋調査技術学会・技術賞(論文賞)
  • 1998 - 海洋調査技術学会・功労賞
全件表示
所属学会 (13件):
国際水理学会 ,  日本海洋学会・沿岸海洋研究部会 ,  日仏海洋学会 ,  海洋調査技術学会 ,  土木学会 ,  日本海洋学会 ,  International Association for Hydraulic Engineering and Research ,  The Oceanographyic Society of Japan ,  Coastal Oceanography Research Committee ,  La Societe franco-japonaise d'oceanographie ,  the Japan Society for Marine Surveys and Technology ,  Japan Society of Civil Engineers ,  The Oceanographic Society of Japan
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る