研究者
J-GLOBAL ID:200901000702175877   更新日: 2020年10月02日

大橋 朗

オオハシ アキラ | Ohashi Akira
所属機関・部署:
職名: 准教授
ホームページURL (2件): http://www.ipc.ibaraki.ac.jp/~oakira/bunseki.htmhttp://www.ipc.ibaraki.ac.jp/~oakira/bunseki.htm
研究分野 (1件): 分析化学
研究キーワード (1件): 分析化学(液液界面,溶媒抽出,超臨界二酸化炭素抽出)
競争的資金等の研究課題 (1件):
  • 2017 - 2020 キャピラリーセルを用いた超臨界CO2顕微分光測定によるモディファイヤー効果の解明
論文 (53件):
  • Yukihiro Kimura, Shuwen Lyu, Akira Okoshi, Koudai Okazaki, Natsuki Nakamura, Akira Ohashi, Takashi Ohno, Manami Kobayashi, Michie Imanishi, Shinichi Takaichi, et al. Effects of Calcium Ions on the Thermostability and Spectroscopic Properties of the LH1-RC Complex from a New Thermophilic Purple Bacterium Allochromatium tepidum. JOURNAL OF PHYSICAL CHEMISTRY B. 2017. 121. 19. 5025-5032
  • Akira Ohashi, Kiyohiro Shiratori, Haeng-Boo Kim. Enhanced Extraction of Tris(pentane-2,4-dionato)cobalt(III) in Supercritical Carbon Dioxide/Water Systems by Association with Fluorinated Phenols. SOLVENT EXTRACTION RESEARCH AND DEVELOPMENT-JAPAN. 2017. 24. 1. 1-10
  • Akira Ohashi, Takafusa Kiminarita, Hitoshi Watarai. Structural Evaluation of the Aggregate of Palladium(II)-Pyridylazophenol Complex at the Heptane-Water Interface by the Centrifugal Liquid Membrane Method. SOLVENT EXTRACTION RESEARCH AND DEVELOPMENT-JAPAN. 2017. 24. 2. 105-111
  • A. Ohashi, M. Endo, K. Yamagishi, H.-B. Kim. Measurement of the Aggregates of Anionic Porphyrin with Cationic Surfactants at the Supercritical Carbon Dioxide/Water Interface by Total Internal Reflection Spectroscopy. Proceedings of The 21th International Solvent Extraction Conference (ISEC2017). 2017. 15-19
  • Akira Ohashi, Kiyohiro Shiratori, Haeng-Boo Kim. Analysis of the association of cobalt(III) chelates with fluorine-containing phenols in supercritical carbon dioxide. TALANTA. 2016. 146. 789-794
もっと見る
MISC (6件):
  • A. Ohashi, A. Yamagata, A. Yamaguchi, H.-B. Kim. Analysis of porphylin aggregates with surfactants at the supercritical carbon dioxide/water interface by UV-visible external reflection spectrometry. Proceedings of 10th International Symposium on Supercritical Fluids (ISSF 2012). 2012. P-0905
  • 大橋 朗. 水/超臨界二酸化炭素マイクロエマルション. ぶんせき. 2011. 2011. 9. 544-549
  • A. Ohashi, T. Hashimoto, H. Imura, T. Hori, K. Ohashi. Extraction Equilibrium of Lanthanoids(III) with 2-Thenoyltrifluoroacetone in the Water-1-Propanol-Chloroform Ternary Solvent System. Proceedings of The 18th International Solvent Extraction Conference (ISEC2008). 2008. 811-816
  • 大橋朗. 超臨界流体クロマトグラフィーによる親水性ポリペプチドの分析. ファルマシア. 2007. 43. 3. 247-248
  • 大橋弘三郎, 井村久則, 大橋朗. 超臨界二酸化炭素/水界面に吸着したランタノイドキレートの直接分光測定と特異的会合体生成の試み. 第8回黎明研究報告会 報告集 JAERI-Conf 2004-014. 2004. 162-167
もっと見る
特許 (1件):
  • メチルイミノビスジアルキルアセトアミドの製造方法
書籍 (1件):
  • 第5版実験化学講座20-1巻分析化学
    丸善 2007 ISBN:9784621073193
講演・口頭発表等 (111件):
  • 超臨界二酸化炭素抽出系における新規な分離・検出系に関する研究
    (第16回茨城地区分析技術交流会 2019)
  • カチオン性界面活性剤の構造の違いが超臨界二酸化炭素/水界面でのTPPS会合体生成に及ぼす影響の解明
    (第16回茨城地区分析技術交流会 2019)
  • 超臨界二酸化炭素/水界面におけるポルフィリン会合体生成に及ぼすカチオン界面活性剤の構造の影響
    (第38回溶媒抽出討論会 2019)
  • 第三級アミンを有する8-キノリノールビス体を用いた第13族元素のイオン液体抽出
    (日本分析化学会第68年会 2019)
  • 第三級アミンを有する8-キノリノールビス体を用いたイオン液体抽出による金属イオンの分離
    (第36回溶媒抽出討論会 2018)
もっと見る
学歴 (1件):
  • - 2002 大阪大学 化学
学位 (2件):
  • Science Doctor (Osaka University)
  • 博士(理学) (大阪大学)
経歴 (4件):
  • 2008/10 - 茨城大学理学部准教授
  • 2005/04 - 2008/09 茨城大学理学部地球生命環境科学科講師
  • 2002/04 - 2005/03 茨城大学理学部地球生命環境科学科助手
  • 1999/04 - 2002/03 日本学術振興会特別研究員(DC1)
委員歴 (11件):
  • 2018/11/01 - 2021/10/31 茨城県公害対策委員会 委員
  • 2010/01 - 2018/12 日本溶媒抽出学会 理事
  • 2017/03 - 日本分析化学会 関東支部常任幹事
  • 2014/04/01 - 日本溶媒抽出学会 学会英文誌「Solvent Extraction Research and Development, Japan」編集委員
  • 2010/04 - 2013/03 日本分析化学会 和文学会誌「分析化学」編集委員
全件表示
受賞 (5件):
  • 2017 - 茨城大学 平成29年度茨城大学学長学術表彰(奨励賞) 超臨界二酸化炭素を抽出媒体とする新規な分離・検出系に関する研究
  • 2016/11/28 - 日本溶媒抽出学会 日本溶媒抽出学会奨励賞 超臨界二酸化炭素を抽出媒体とする新規な分離・検出系に関する研究
  • 2012 - 茨城大学大学教育センター 茨城大学大学教育センター推奨授業表彰 推奨授業科目名「化学実験基礎」
  • 2011/06/11 - Analytical Sciences Hot Airticle Award Analytical Sciences
  • 2002 - 第21回溶媒抽出討論会ポスター優秀賞
所属学会 (5件):
アメリカ化学会 ,  日本高圧力学会 ,  日本溶媒抽出学会 ,  日本化学会 ,  日本分析化学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る