研究者
J-GLOBAL ID:200901002411223850   更新日: 2020年06月09日

飯井 俊行

Meshii Toshiyuki
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (2件): http://ffg.mech.u-fukui.ac.jphttp://ffg.mech.u-fukui.ac.jp/english.html
研究分野 (1件): 材料力学、機械材料
研究キーワード (5件): 非破壊評価,大型構造物 ,  減肉配管,破壊,強度評価 ,  下限界,疲労き裂進展,環境 ,  破壊力学,力学パラメータ,き裂の駆動力 ,  き裂進展,熱応力,疲労
競争的資金等の研究課題 (5件):
  • 2017 - 2020 応力分布スケーリング新手法確立による破壊靱性値温度依存性予測法構築への展開
  • 2011 - 2014 面外拘束パラメータを考慮した照射材破壊靱性値の試験片寸法依存性補正手法構築
  • 2006 - 2008 下限界近傍疲労き裂進展メゾモデルの拡張-高真空下の挙動解明
  • 2004 - 2006 下限界近傍疲労き裂進展挙動の新展開とそのメゾモデリングによる現象の発生予測
  • 2000 - 2002 熱応力下疲労き裂停留の判定基準導出に関する研究
論文 (90件):
  • T.Meshii. Spreadsheet-based method for predicting temperature dependence of fracture toughness in ductile-to-brittle temperature region. Advances in Mechanical Engineering. 2019. 11. 8. 1-17
  • 飯井俊行. ASTM E1921のマスターカーブに適合しないフェライト鋼に関する一考察. 日本機械学会論文集. 2019. 85. 873. 18-00431-(9)
  • T. Meshii. Failure of the ASTM E 1921 master curve to characterize the fracture toughness temperature dependence of ferritic steel and successful application of the stress distribution T-scaling method. Theoretical and Applied Fracture Mechanics. 2019. 100. 354-361
  • T. Meshii, K. Ishihara. Application of the T-scaling method to predict fracture toughness under compressive residual stress in the transition temperature region. Proceeding of 2018 ASME Pressure Vessels and Piping Conference. 2018. 3B: Design and Analysis. V03BT03A022-(9)
  • T. Inoue, T. Meshii. Prediction of fracture toughness temperature dependence over a wide range using stress distribution scaling method. Proceeding of 2018 ASME Pressure Vessels and Piping Conference. 2018. 3B: Design and Analysis. V03BT03A023-(10)
もっと見る
MISC (49件):
  • K.Lu, T.Meshii. Method to convert fracture toughness (Jc) of a material in the ductile-to-brittle transition temperature. Proceedings of 2014 CCM. 2014. 32
  • M.Yang, T.Meshii. Three-dimensional T-stresses for compact tension specimens with large thickness variation. Proceedings of 2014 CCM. 2014. 31
  • 飯井 俊行. 最近の原子力教育,人材育成-大学・学会の立場から. 北陸信越工学協会会報. 2008. 56. 29-34
  • T.Meshii. Educating Nuclear Engineers of the 21st century- Introduction of the recent activities by the Atomic Energy Society of Japan. Proceedings the 16th Pacific Basin Nuclear Conference. 2008. CD-Rom. 1-7
  • T.Meshii. Program for Educating Nuclear Engineers in Japan -Partnership with Industries, Government and Academe Starts. Proceedings of International Symposium on EcoTopia Science 2007. 2007. CD-Rom. 1-4
もっと見る
特許 (3件):
  • 漏洩蒸気温度計測方法
  • 高速回転用ロータ
  • 蒸気タービンにおける外車室上下半部間温度差の低減方法及び装置
書籍 (5件):
  • 材料力学(分担執筆:2章 軸力を受ける棒,6章 組み合わせ応力)
    培風館 2006 ISBN:4563067547
  • 演習・材料力学(分担執筆:4章 はりの応力とたわみ,7章 柱の座屈)
    培風館 2005 ISBN:4563067520
  • 飯井俊行(主査渡邊勝彦教授)、熱応力下の応力拡大係数簡便評価方法の開発とその円筒状構造物健全性評価への適用
    東京大学博士論文 1997
  • 飯井俊行(主査岡村弘之教授)、地震時の構造物の強度と信頼性に関する研究
    東京大学修士論文 1983
  • 飯井俊行(主査植田辰洋教授)、垂直高温面の液膜冷却に関する研究
    東京大学卒業論文 1981
講演・口頭発表等 (142件):
  • 延性-脆性遷移温度域材での破壊靭性値のき裂とノッチの連続性のTスケーリング法による説明
    (日本機械学会北陸信越支部第55期総会・講演会 2018)
  • SDS法による広範囲の温度に対する破壊靱性値予測の検証
    (日本機械学会北陸信越支部第55期総会・講演会 2018)
  • 延性-脆性遷移温度域材破壊靭性値のばらつき関する一考察
    (日本機械学会北陸信越学生会第47回学生員卒業研究発表講演会 2018)
  • 延性-脆性遷移温度域のき裂,ノッチ試験片の破壊靭性値の連続性に関する研究
    (日本機械学会北陸信越学生会第47回学生員卒業研究発表講演会 2018)
  • 減肉管限界曲げ荷重への内圧の影響
    (日本機械学会北陸信越支部第54期総会・講演会 2017)
もっと見る
Works (15件):
  • 面外拘束パラメータを考慮した照射材破壊靱性値の試験片寸法依存性補正手法構築, 基盤研究(C)(一般)
    2014 -
  • 減肉配管の破壊モード評価法の高度化
    2007 - 2008
  • 大規模殻状埋設構造物の超音波伝播特性に関する基礎研究
    2007 - 2008
  • 減肉配管の破壊モード評価法の高度化に関する研究
    2006 - 2007
  • 原糸強度より織物強度を推定する手法の研究
    2006 - 2007
もっと見る
学歴 (2件):
  • 1981 - 1983 東京大学 工学系研究科 舶用機械工学専攻
  • 1977 - 1981 東京大学 工学部 舶用機械工学
学位 (2件):
  • 工学修士 (東京大学)
  • 博士(工学) (東京大学)
経歴 (5件):
  • 2004/04 - 福井大学大学院 教授
  • 1999/04 - 2004/03 福井大学 助教授
  • 1998/04 - 1998/10 コーネル大学 その他
  • 1997/12 - 東京大学生産技術研究所 研究員
  • 1983/04 - 三菱重工業株式会社 技師
委員歴 (17件):
  • 1999 - 2013 米国機械学会 一般会員
  • 1999 - 2012 American Society for Testing and Materials 一般会員
  • 2008 - 2011 日本原子力学会 教育委員会委員
  • 1995 - 2011 日本計算工学会 一般会員
  • 2007 - 2010 日本保全学会 理事
全件表示
受賞 (2件):
  • 2018/04/19 - 一般社団法人 日本機械学会 日本機械学会賞・論文賞
  • 2010/02 - (社)日本原子力学会 日本原子力学会フェロー
所属学会 (4件):
日本原子力学会 ,  日本材料学会 ,  日本機械学会 ,  European Structural Integrity Society
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る