研究者
J-GLOBAL ID:200901003035306835   更新日: 2020年07月06日

平野 朋広

ヒラノ トモヒロ | Hirano Tomohiro
所属機関・部署:
職名: 准教授
その他の所属(所属・部署名・職名) (1件):
  • 徳島大学  理工学部 応用化学システムコース   准教授
ホームページURL (1件): http://poly.chem.tokushima-u.ac.jp
研究分野 (1件): 高分子化学
研究キーワード (1件): 立体規則性ポリマー/高分岐ポリマー/ラジカル重合
競争的資金等の研究課題 (13件):
  • 2019 - 2022 溶媒和イオン液体による活性種の特異的な安定化を利用した高温カチオン重合系の開発
  • 2017 - 2021 ビニルポリマー側鎖の高分子反応を利用した共重合モノマー連鎖の制御
  • 2013 - 2014 ナノドラッグキャリアとなるポリマーの立体規則性が生体適合性に及ぼす影響
  • 2011 - 2014 水素結合を利用した立体特異性ラジカル・アニオン重合と統計的2次元NMRによる解析
  • 2011 - 2014 4. 水素結合を利用した立体特異性ラジカル・アニオン重合と統計的2次元NMRによる解析
全件表示
論文 (14件):
  • 平野 朋広, 吉田 健, 押村 美幸, 右手 浩一. 合成高分子の高圧高温NMR観測:亜臨界流体中の高い分子運動性を利用した高分解能測定. 高圧力の科学と技術. 2018. Vol.28. No.2. 95-101
  • Oshimura M, Okazaki R, Hirano T, Ute K. Ring-opening polymerization of ε-caprolactone with dilithium tetra-tert-butylzincate under mild conditions. Polymer Journal. 2014. 46. 12. 866-872
  • Tomohiro Hirano, Takahiro Furutani, Miyuki Oshimura, Koichi Ute. Syndiotactic- and Heterotactic-Specific Radical Polymerizations of N-n-Propyl-α-fluoroacrylamide and Phase-Transition Behaviors of Aqueous Solutions of Poly(N-n-propyl-α-fluoroacrylamide). Journal of Polymer Science Part A: Polymer Chemistry. 2012. Vol.50. No.12. 2471-2483
  • Tomohiro Hirano, Takahiro Kamikubo, Koichi Ute. Syndiotactic specific radical polymerization of N-isopropylacrylamide in toluene at low temperatures in the presence of silyl alcohols. Polymer International. 2012. Vol.61. No.6. 966-970
  • Tomohiro Hirano, Akihiro Morikami, Koichi Ute. Control of Stereospecificity in the Radical Polymerization of N-Methyl-N-(2-pyridyl)acrylamide by Conformational Switching of the Monomer with Protonation. Journal of Polymer Science Part A: Polymer Chemistry. 2011. Vol.49. No.19. 4164-4171
もっと見る
MISC (1件):
  • Ute K, Hirano T. Monomer sequence analysis of copolymers 506 obtained by various polymer reactions. Kobunshi. 2016. 65. 9. 506-508
特許 (11件):
講演・口頭発表等 (18件):
  • Stereospecific Radical Polymerization of N,N-Disubstituted Acrylamides
    (International Congress on Pure & Applied Chemistry Yangon 2019)
  • NMR analysis of stereostructure in radically prepared poly(N,N-disubstituted acrylamide)s
    (ISPAC-2019 (32nd International Symposium on Polymer Analysis and Characterization) 2019)
  • Synergy Effect of Stereoregularity and N-Substituent on the Phase Transition Behavior of Aqueous Poly(N-alkylacrylamide)s
    (International Congress on Pure & Applied Chemistry Langkawi 2018 2018)
  • 立体構造の制御されたポリ(N-アルキルアクリルアミド)ー合成からキャラクタリゼーションまでー
    (第66回高分子討論会 2017)
  • モノマーの錯化を利用したラジカル重合の反応制御
    (第88回高分子若手研究会[関西] 2017)
もっと見る
経歴 (10件):
  • 2017/03 - 現在 徳島大学 准教授
  • 2016/04 - 2017/03 徳島大学 准教授
  • 2016/10 - 2016/10 南台科技大学(台湾) 非常勤講師
  • 2008/02 - 2016/03 徳島大学 准教授
  • 2012/11 - 2013/03 ヨハネス・グーテンベルク大学マインツ(ドイツ) Visiting Professor
全件表示
受賞 (5件):
  • 2008/12 - 徳島大学 徳島大学若手研究者学長賞
  • 2007/07 - 高分子学会 関西支部 ヤングサイエンティスト講演賞
  • 2006/01 - 康楽会 康楽賞
  • 2002/05 - 高分子学会 高分子研究奨励賞
  • 2001/05 - 高分子学会 Polymer Journal 論文賞
所属学会 (3件):
高分子分析研究懇談会 ,  日本化学会 ,  高分子学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る