研究者
J-GLOBAL ID:200901004140384961   更新日: 2019年09月10日

小倉 健一郎

オグラ ケンイチロウ | OGURA Kenichiro
所属機関・部署:
職名: 准教授
研究分野 (1件): 生物系薬学
研究キーワード (6件): ジヒドロピリミジンデヒドロゲナーゼ ,  UDP-グルクロン酸転移酵素 ,  硫酸転移酵素 ,  薬物代謝酵素 ,  薬物代謝 ,  薬物代謝・分子毒性学
競争的資金等の研究課題 (4件):
  • 2012 - 2014 乳がん細胞の抗がん剤耐性化に関与する薬物代謝酵素の役割
  • 2005 - 2007 乳がん治療薬タモキシフェン耐性腫瘍の耐性機構の解明
  • 2002 - 2004 植物エストロゲンの硫酸ならびにグルクロン酸抱合反応による代謝
  • 薬物代謝酵素の構造と機能に関する研究
論文 (66件):
  • Ohnuma T, Sakamoto K, Shinoda A, Takagi C, Ohno S, Nishiyama T, Ogura K, Hiratsuka A. Procyanidins from Cinnamomi Cortex promote proteasome-independent degradation of nuclear Nrf2 through phosphorylation of insulin-like growth factor-1 receptor in A549 cells. Archives of biochemistry and biophysics. 2017. 635. 66-73
  • Ohnuma T, Anzai E, Suzuki Y, Shimoda M, Saito S, Nishiyama T, Ogura K, Hiratsuka A. Selective antagonization of activated Nrf2 and inhibition of cancer cell proliferation by procyanidins from Cinnamomi Cortex extract. Archives of biochemistry and biophysics. 2015. 585. 17-24
  • Yoshida Y, Ogura K, Hiratsuka A, Aisu N, Yamada T, Kojima D, Tanimura S, Ogata K, Hara S, Mogi A, Takamatsu Y, Tamura K, Mishima H, Yamashita Y. 5-Fluorouracil Chemotherapy for Dihydropyrimidine Dehydrogenase-deficient Patients: Potential of the Dose-escalation Method. Anticancer research. 2015. 35. 9. 4881-4887
  • Ogura K, Ishii Y. Significance of non-cytochrome P450 (non-P450) enzymes in basic science, clinical field and drug development. Drug metabolism and pharmacokinetics. 2015. 30. 1. 1-2
  • Nishiyama T, Hayashi N, Kakurai N, Yanagita H, Kuriyama A, Miyamoto C, Ishihara Y, Ogura K, Ohnuma T, Hiratsuka A. Formation and stability of 4-(hydroxymethylnitrosamino)-1-(3-pyridyl)-1-butanone glucuronide, a stable form of reactive intermediate produced from 4-(methylnitrosamino)-1-(3-pyridyl)-1-butanone, in mice. The Journal of toxicological sciences. 2014. 39. 4. 515-521
もっと見る
学歴 (3件):
  • 1979 - 1983 東京薬科大学 薬学部 薬学科
  • 1983 - 1984 東京薬科大学 薬学部 専攻科
  • 1984 - 1986 東京薬科大学 薬学研究科 博士課程前期課程
学位 (1件):
  • 薬学博士
経歴 (4件):
  • 1986 - 1998 東京薬科大学薬学部 助手
  • 1999 - 2004 東京薬科大学薬学部 講師
  • 2004/04 - 2007/03 東京薬科大学薬学部 助教授
  • 2007/04 - 現在 東京薬科大学薬学部 准教授
所属学会 (6件):
日本癌治療学会 ,  日本薬学会 ,  日本生化学会 ,  日本癌学会 ,  日本薬物動態学会 ,  日本毒科学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る