研究者
J-GLOBAL ID:200901004353084228   更新日: 2022年08月02日

上井 幸司

ウワイ コウジ | Koji Uwai
所属機関・部署:
職名: 准教授
ホームページURL (1件): https://u.muroran-it.ac.jp/lifeorg/
研究分野 (3件): 環境、天然医薬資源学 ,  生体化学 ,  ケミカルバイオロジー
研究キーワード (6件): 生体触媒 ,  酵素 ,  構造活性相関 ,  アルツハイマー病 ,  アミロイドβ ,  生物活性物質
競争的資金等の研究課題 (13件):
  • 2021 - 2022 白糠町産チリメンアオジソの機能性食品開発に向けた機能実証と加工法開発
  • 2019 - 2021 抗アルツハイマー病薬を目指す可溶性アミロイドβオリゴマー形成阻害物質の開発と評価
  • 2021 - アイヌ伝承有用植物の栽培方法の検討及び慢性毒性試験の実施(アシル-トイタによる新産業構築事業)
  • 2021 - アイヌ伝承有用植物の加工・調理法の検討(アシル-トイタによる新産業構築事業)
  • 2021 - 鮭未利用部位由来機能性素材の生理活性調査
全件表示
論文 (113件):
  • Hisahiko Shibata, Mina Abe, Kazuya Sato, Koji Uwai, Kiyotaka Tokuraku, Toshifumi Iimori. Microwave-assisted synthesis and formation mechanism of fluorescent carbon dots from starch. Carbohydrate Polymer Technologies and Applications. 2022. 3. 100218
  • Kenji Kubo, Hikaru Watanabe, Hiroyuki Kumeta, Tomoyasu Aizawa, Chigusa Seki, Hiroto Nakano, Kiyotaka Tokuraku, Koji Uwai. Chemical analysis of amyloid β aggregation inhibitors derived from Geranium thunbergii. Bioorganic & Medicinal Chemistry. 2022. 68
  • Rajkumar Thiyagarajan, Zubeda Begum, Chigusa Seki, Yuko Okuyama, Eunsang Kwon, Koji Uwai, Michio Tokiwa, Suguru Tokiwa, Mitsuhiro Takeshita, Hiroto Nakano. New small gamma-turn type N-primary amino terminal tripeptide organocatalyst for solvent-free asymmetric aldol reaction of various ketones with aldehydes. RSC Advances. 2021. 11. 61. 38925-38932
  • Shinji Matsuzaki, Kento Azuma, Xuguang Lin, Masahiro Kuragano, Koji Uwai, Shinya Yamanaka, Kiyotaka Tokuraku. Farm use of calcium hydroxide as an effective barrier against pathogens. Scientific Reports. 2021. 11. 1
  • Perumalsamy Parasuraman, Divakar Ganesan, Zubeda Begum, Chigusa Seki, Yuko Okuyama, Eunsang Kwon, Koji Uwai, Michio Tokiwa, Suguru Tokiwa, Mitsuhiro Takeshita, et al. Simple amino silyl ether organocatalyst for asymmetric hetero Diels-Alder reaction of isatins with enones. CHIRALITY. 2021. 33. 8. 454-464
もっと見る
MISC (16件):
特許 (8件):
もっと見る
書籍 (1件):
  • BIO Clinica
    北隆館 2016
講演・口頭発表等 (319件):
  • チリメンアオジソの採取時期による機能性成分の含有量変動とアミロイドβ凝集阻害活性
    (日本薬学会第124年会 2022)
  • 北海道白糠町産素材を利用した認知症予防のための機能性食品開発
    (超異分野学会 東京大会2022 2022)
  • 植物の限界突破に挑む ーAI・育種・物質生産、完全制御のその先へー
    (超異分野学会 東京大会2022 2022)
  • 白糠町産チリメンアオジソの機能性食品開発に向けた機能実証と加工法開発
    (超異分野学会北海道フォーラム2021 2021)
  • 農場や浸水地域における消毒剤としてのCa(OH)2 粉末の效果的な使用
    (第73回日本生物工学会大会 2021)
もっと見る
学歴 (3件):
  • - 2000 東北大学 薬学専攻
  • - 1997 東北大学 立体創薬化学
  • - 1995 東北大学 薬学科
学位 (2件):
  • 博士(薬学) (東北大学)
  • Ph.D (Tohoku University)
経歴 (5件):
  • 2011/04 - 室蘭工業大学大学院工学研究科 准教授
  • 2006/04 - 2011/03 東北薬科大学講師
  • 2002/04 - 2006/03 東北薬科大学助手
  • 2000/09 - 2002/03 Max-Planck-Institute fur molekulare Physiologie博士研究員
  • 2000/04 - 2000/08 金沢大学薬学部教務職員
委員歴 (4件):
  • 2022/04/01 - 2023/03/31 日本化学会北海道支部 支部役員
  • 2021/04/01 - 2022/03/31 日本化学会北海道支部 支部役員
  • 2017/04/01 - 2018/03/31 日本化学会北海道支部 支部役員
  • 2013/04/01 - 2014/03/31 日本化学会北海道支部 支部役員
受賞 (5件):
  • 2021/12/03 - 株式会社 リバネス 超異分野学会 北海道フォーラム賞
  • 2016/09/01 - EPAM2016 Best Presentation Award
  • 2014/11/10 - Outstanding Poster Award in The 5th Forum on Studies of the Environmental and Public Health Issues in the Asian Mega-cities (EPAM 2014)
  • 2013/09/22 - 日本医療薬学会 日本医療薬学会論文賞
  • 2011/12/22 - 第十五回生体触媒化学シンポジウム実行委員会 第十五回生体触媒化学シンポジウム ポスター賞
所属学会 (9件):
日本農芸化学会 ,  日本核磁気共鳴学会 ,  生体触媒化学研究会 ,  日本認知症学会 ,  日本食品化学学会 ,  日本生物工学会 ,  日本薬物動態学会 ,  日本薬学会 ,  日本化学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る