研究者
J-GLOBAL ID:200901004353084228   更新日: 2020年11月25日

上井 幸司

ウワイ コウジ | Koji Uwai
所属機関・部署:
職名: 准教授
ホームページURL (2件): http://www3.muroran-it.ac.jp/biocathttp://www3.muroran-it.ac.jp/biocat
研究分野 (3件): 環境、天然医薬資源学 ,  生体化学 ,  ケミカルバイオロジー
研究キーワード (5件): 酵素 ,  生体触媒 ,  アルツハイマー病 ,  アミロイドβ ,  生物活性物質
競争的資金等の研究課題 (5件):
  • 2019 - 2021 抗アルツハイマー病薬を目指す可溶性アミロイドβオリゴマー形成阻害物質の開発と評価
  • 2018 - 2019 北海道産農作物の核磁気共鳴法による認知機能低下予防活性スクリーニング
  • 2016 - 2018 シソ科植物の成分基づく新規アミロイドβ凝集阻害物質の開発とその分子機構
  • 2015 - 2016 微量ハイスループットスクリーニング法を利用したアオジソ含有Aβ凝集阻害物質の探索
  • 2004 - 2006 化学および生物学的手法による不斉酸化反応を触媒する薬物代謝酵素の単離とその応用
論文 (103件):
  • Masahiro Kuragano, Wataru Yoshinari, Xuguang Lin, Keiya Shimamori, Koji Uwai, Kiyotaka Tokuraku. Evaluation of Amyloid β42 Aggregation Inhibitory Activity of Commercial Dressings by A Microliter-Scale High-Throughput Screening System Using Quantum-Dot Nanoprobes. Foods. 2020. 9. 6. 825-825
  • Shinya Yamanaka, Shuya Hirano, Koji Uwai, Kiyotaka Tokuraku. Design of calcium hydroxide-based granules for livestock sanitation. Case Studies in Chemical and Environmental Engineering. 2020
  • Shinji Matsuzaki, Kento Azuma, Xuguang Lin, Masahiro Kuragano, Koji Uwai, Shinya Yamanaka, Kiyotaka Tokuraku. Biological evaluation of disinfecting effect of slaked lime under the situation of "standby disinfection. Joint Seminar on Environmental Science and Disaster Mitigation Research 2020. 2020. 18-19
  • Taro Imamaeda, Hiroyuki Kumeta, Masahiro Kuragano, Chigusa Seki, Hiroto Nakano, Tomoyasu Aizawa, Kiyotaka Tokuraku, Koji Uwai. Aβ-aggregation inhibitors isolated from willow (Salix sachalinensis). Joint Seminar on Environmental Science and Disaster Mitigation Research 2020. 2020. 100-101
  • Divakar Ganesan, Madhu Chennapuram, Zubeda Begum, Chigusa Seki, Yuko Okuyama, Eunsang Kwon, Koji Uwai, Michio Tokiwa, Suguru Tokiwa, Mitsuhiro Takeshita, et al. Sugar Based γ-Amino Alcohol Organocatalyst for Asymmetric Michael Addition of β-Keto Esters with Nitroolefins. Heterocycles. 2019. 98. 11. 1536-1545
もっと見る
MISC (13件):
  • 倉賀野正弘, 上井幸司, 徳樂清孝. 蛍光イメージング技術を用いたアミロイドβ凝集阻害物質の微量ハイスループットスクリーニングシステム. 分光研究. 2020
  • 上井 幸司, 徳樂 清孝. 北海道天然資源を利用して地域・世界を救う : アオジソの抗認知症機能性食品としての可能性. グリーンテクノ情報. 2019. 15. 1. 9-13
  • 渡邉 輝, 久保 研二, 杉村 康司, 大場 慶司, 上井 幸司, 徳樂 清孝. 北海道白糠町産植物からのAβ凝集阻害物質の探索と機能性評価. 日本生物工学会大会講演要旨集. 2018. 平成30年度. 107-107
  • 田口 莉帆, 上井 幸司, 東 陽介, 箕輪 貴司. シソ科植物由来阻害物質によるアミロイドβタンパク質凝集阻害機構の円二色性スペクトルを用いた解析. NanotechJapan Bulletin ナノテクノロジーPick Up企画 第9回. 2017. 10. 6
  • 渡邉輝, 久保研二, 杉村康司, 徳楽清孝, 上井幸司. 北海道白糠町産植物からのアミロイドβ凝集阻害物質の網羅的探索. 日本生物工学会大会講演要旨集. 2017. 69th. 128-128
もっと見る
特許 (6件):
もっと見る
書籍 (1件):
  • BIO Clinica
    北隆館 2016
講演・口頭発表等 (295件):
  • STD-NMR法による植物抽出エキスのアミロイドβ結合スクリーニング
    (日本薬学会第140年会 2020)
  • かご型構造を有する新規鎮痛性オピオイドペプチドの合成研究
    (日本薬学会第140年会 2020)
  • 新規カゴ型ジペプチド有機分子触媒の開発とそれを用いるケトン類と芳香族アルデヒド類との不斉アルドール反応
    (日本薬学会第140年会 2020)
  • 新規鎮痛性低分子オピオイドペプチド化合物の合成研究
    (日本薬学会第140年会 2020)
  • 新規ボロンプロリンアミド有機分子触媒を用いる不斉アルドール反応
    (日本薬学会第140年会 2020)
もっと見る
学歴 (3件):
  • - 2000 東北大学 薬学専攻
  • - 1997 東北大学 立体創薬化学
  • - 1995 東北大学 薬学科
学位 (2件):
  • 博士(薬学) (東北大学)
  • Ph.D (Tohoku University)
委員歴 (2件):
  • 2017/04/01 - 2018/03/31 日本化学会北海道支部 支部役員
  • 2013/04/01 - 2014/03/31 日本化学会北海道支部 支部役員
受賞 (4件):
  • 2016/09/01 - EPAM2016 Best Presentation Award
  • 2014/11/10 - Outstanding Poster Award in The 5th Forum on Studies of the Environmental and Public Health Issues in the Asian Mega-cities (EPAM 2014)
  • 2013/09/22 - 日本医療薬学会 日本医療薬学会論文賞
  • 2011/12/22 - 第十五回生体触媒化学シンポジウム実行委員会 第十五回生体触媒化学シンポジウム ポスター賞
所属学会 (9件):
日本農芸化学会 ,  日本核磁気共鳴学会 ,  生体触媒化学研究会 ,  日本認知症学会 ,  日本食品化学学会 ,  日本生物工学会 ,  日本薬物動態学会 ,  日本薬学会 ,  日本化学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る