研究者
J-GLOBAL ID:200901006558592385   更新日: 2023年01月12日

佐藤 敏文

サトウ トシフミ | Satoh Toshifumi
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (2件): http://poly-ac.eng.hokudai.ac.jp/http://poly-ac.eng.hokudai.ac.jp/index_e.html
研究分野 (7件): 無機・錯体化学 ,  環境材料、リサイクル技術 ,  環境負荷低減技術、保全修復技術 ,  生体材料学 ,  生体医工学 ,  高分子化学 ,  高分子材料
研究キーワード (33件): 環化重合 ,  開環重合 ,  カチオン重合 ,  糖鎖ポリマー ,  ハイパーブランチポリマー ,  環境材料 ,  アルミニウム触媒 ,  サレン錯体 ,  両親媒性ポリマー ,  多分岐糖鎖 ,  ジエポキシ化合物 ,  ジアンヒドロ糖 ,  光学活性 ,  高分子合成 ,  不斉反応 ,  ポリ乳酸 ,  ナノ材料 ,  エナンチオ選択性 ,  分子認識 ,  亜鉛触媒 ,  立体選択重合 ,  ナノカプセル ,  エチルグリコリド ,  メタロセン触媒 ,  アンヒドロ糖 ,  ハイパーブランチ糖鎖高分子 ,  高分子構造・物性 ,  生分解性高分子 ,  水素移動重合 ,  生分解性 ,  有機化学 ,  高分子化学 ,  Polymer Chemistry
競争的資金等の研究課題 (38件):
  • 2020 - 2023 超精密・超微細ナノ加工を指向した単分散ブロックポリマーの創製
  • 2020 - 2022 ハイブリッド触媒を用いた配列規制重合法と連続制御重合法の構築
  • 2019 - 2022 環状混合ソフトマテリアルの絡み合い制御による超ゴム弾性発現の分子論的解明
  • 2019 - 2022 超高アスペクト比ナノセルロースのネットワーク構造を活用した抗がん剤の効率的な送達
  • 2019 - 2022 シングルナノサイズのミクロ相分離構造を実現するブロック共重合体デザイン
全件表示
論文 (395件):
  • Lien Zhu, Chunhong Zhang, Feifan Qin, Fuqiu Ma, Changlong Bi, Ruiqi Zhu, Lijia Liu, Jianwei Bai, Hongxing Dong, Toshifumi Satoh. Amidoxime-modified Hypercrosslinked Porous Poly(styrene-co-acrylonitrile) Adsorbent with Tunable Porous Structure for Extracting Uranium Efficiently from Seawater. Journal of Molecular Liquids. 2022. 120741-120741
  • Yubo Wang, Jose Enrico Quijano Quinsaat, Feng Li, Takuya Isono, Kenji Tajima, Toshifumi Satoh, Shin-ichiro Sato, Takuya Yamamoto. Size Control and Enhanced Stability of Silver Nanoparticles by Cyclic Poly(ethylene glycol). Polymers. 2022. 14. 21. 4535-4535
  • Tianle Gao, Xiaochao Xia, Kenji Tajima, Takuya Yamamoto, Takuya Isono, Toshifumi Satoh. Polyether/Polythioether Synthesis via Ring-Opening Polymerization of Epoxides and Episulfides Catalyzed by Alkali Metal Carboxylates. Macromolecules. 2022
  • Xiaochao Xia, Tianle Gao, Feng Li, Ryota Suzuki, Takuya Isono, Toshifumi Satoh. Multidimensional Control of Repeating Unit/Sequence/Topology for One-Step Synthesis of Block Polymers from Monomer Mixtures. Journal of the American Chemical Society. 2022. 144. 39. 17905-17915
  • Lei Wang, Xiaodong Xu, Chunhong Zhang, Xianqi Cao, Lijia Liu, Ruiqi Li, Chao Wang, Toshifumi Satoh. Fabrication of electrospun polyetherimide/polyaniline self-supporting microfiber membranes as electrodes for flexible supercapacitors via in-situ polymerization. Colloids and Surfaces A: Physicochemical and Engineering Aspects. 2022. 651. 129796-129796
もっと見る
MISC (25件):
  • 海老井大和, 間藤芳允, 磯野拓也, 山本拓矢, 田島健次, 佐藤敏文. 多環状ポリスチレンの合成とエラストマー添加剤としての応用. 化学系学協会北海道支部冬季研究発表会(Web). 2022. 2022
  • 辻悠希, 勝原哲, 砂川直輝, 五十嵐圭日子, 山本拓矢, 磯野拓也, 田島健次, 佐藤敏文. 相溶化剤としての応用を目指した酢酸セルロース含有ブロック共重合体の合成. 化学系学協会北海道支部冬季研究発表会(Web). 2022. 2022
  • 高橋逸貴, 高木理, 間藤芳允, 山本拓矢, 磯野拓也, 田島健次, 佐藤敏文. 再利用可能な高分子支持型カルボン酸アルカリ金属塩触媒による環状エステル類の開環重合. 化学系学協会北海道支部冬季研究発表会(Web). 2022. 2022
  • 西村大輝, 田島健次, 磯野拓也, 佐藤敏文. 無機高分子とオリゴ糖からなる単分散ブロック共重合体の合成とミクロ相分離構造の解析. 繊維学会予稿集(CD-ROM). 2022. 77. 1
  • 関澤祐侑, 三友秀之, 与那嶺雄介, 磯野拓也, 田島健次, 佐藤敏文, 居城邦治. 合成高分子ブラシの構造変化を利用した金ナノロッドの配向変化. ナノ学会大会講演予稿集. 2022. 20th
もっと見る
特許 (37件):
書籍 (6件):
  • Complex Macromolecular Architectures: Synthesis, Characterization, and Self-Assembly
    John Wiley & Sons (Asia) Pte Ltd, Singapore 2011
  • Ionic Liquid Applications: Pharmaceuticals, Therapeutics, and Biotechnology, ACS Symposium Series, 1038 (Ionic Liquid Applications)
    American Chemical Society 2010
  • イオン液体III-ナノ・バイオサイエンスへの挑戦- Ionic Liquid III-Challenges to Nano-Bio Sciences-
    (株)シーエムシー出版 2010
  • Current Topics in Polymer Research
    Nova Science Publishers, Inc. 2005
  • Advances in Controlled/Living Radical Polymerization
    American Chemical Society 2003
もっと見る
講演・口頭発表等 (885件):
  • 糖-テルペノイド両親媒性複合体による超微細ミクロ相分離構造の構築
    (シンポジウム「モレキュラー・キラリティー」講演要旨集 2021)
  • 多環状ポリマーを用いたロタキサン架橋シリコーンゴムの調製
    (エラストマー討論会講演要旨集 2021)
  • 組換え大腸菌を用いた酢酸菌セルロース合成酵素複合体の調製と結晶構造解析
    (日本結晶学会年会講演要旨集 2021)
  • 組換え大腸菌を用いたセルロース合成酵素複合体の調製と構造・機能解析
    (セルロース学会年次大会講演要旨集 2021)
  • ナノフィブリル化バクテリアセルロースの粘弾性特性
    (セルロース学会年次大会講演要旨集 2021)
もっと見る
Works (1件):
  • 第4回北大セミナー in 函館
    2007 -
学歴 (3件):
  • - 1996 北海道大学 工学研究科 分子化学専攻
  • - 1994 北海道大学 工学研究科 合成化学工学専攻
  • - 1992 北海道大学 工学部 合成化学工学科
学位 (2件):
  • 博士(工学) (北海道大学)
  • 修士(工学) (北海道大学)
経歴 (8件):
  • 2013/04 - 現在 北海道大学 大学院工学研究院 教授
  • 2016/04 - 2020/03 北海道大学 大学院総合化学院 副学院長
  • 2007/04 - 2013/03 北海道大学 大学院工学研究科 准教授
  • 2002/02 - 2007/03 北海道大学 創成科学共同研究機構 流動研究員
  • 1997/04 - 2007/03 北海道大学 大学院工学研究科 助手
全件表示
委員歴 (6件):
  • 2022/06 - 現在 高分子学会北海道支部 支部長
  • 2007 - 現在 高分子学会 北海道支部理事
  • 2021/04 - 2022/03 北海道大学大学院工学研究院応用化学部門 部門長
  • 2008 - 高分子学会北海道支部 若手研究会 運営委員
  • 2008 - 日本化学会 北海道支部庶務理事
全件表示
受賞 (13件):
  • 2017/01 - 北海道大学 平成28年度北海道大学教育総長賞奨励賞
  • 2017/01 - 北海道大学 平成28年度北海道大学研究総長賞奨励賞
  • 2016/11 - 先端錯体工学研究会 2015年度 先端錯体工学研究会賞
  • 2016/01 - 北海道大学 平成27年度北海道大学研究総長賞奨励賞
  • 2013 - 公益社団法人 高分子学会 高分子学会旭化成賞 バイオベースマテリアルを用いた機能性単分子ミセルの開発
全件表示
所属学会 (10件):
有機合成化学協会 ,  日本化学会 ,  基礎錯体工学研究会 ,  高分子学会北海道支部 若手研究会 ,  米国化学会 ,  高分子学会 ,  The Chemical Society of Japan ,  American Chemical Society ,  Japan. ,  The Society of Polymer Science
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る