研究者
J-GLOBAL ID:200901006558592385   更新日: 2020年01月05日

佐藤 敏文

サトウ トシフミ | SATOH Toshifumi
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (2件): http://poly-ac.eng.hokudai.ac.jp/http://wwwpoly.eng.hokudai.ac.jp/pfc/
研究分野 (5件): 無機化学 ,  環境技術・環境材料 ,  高分子・繊維材料 ,  高分子化学 ,  医用生体工学・生体材料学
研究キーワード (32件): 環化重合 ,  開環重合 ,  カチオン重合 ,  糖鎖ポリマー ,  ハイパーブランチポリマー ,  環境材料 ,  アルミニウム触媒 ,  サレン錯体 ,  両親媒性ポリマー ,  多分岐糖鎖 ,  ジエポキシ化合物 ,  ジアンヒドロ糖 ,  光学活性 ,  高分子合成 ,  不斉反応 ,  ポリ乳酸 ,  ナノ材料 ,  エナンチオ選択性 ,  分子認識 ,  亜鉛触媒 ,  立体選択重合 ,  ナノカプセル ,  エチルグリコリド ,  メタロセン触媒 ,  アンヒドロ糖 ,  ハイパーブランチ糖鎖高分子 ,  高分子構造・物性 ,  生分解性高分子 ,  水素移動重合 ,  生分解性 ,  高分子化学 ,  有機化学
競争的資金等の研究課題 (27件):
  • 2014 - 2015 有機分子触媒を活用した環境低負荷な機能性高分子材料の開発
  • 2013 - 2015 有機薄膜太陽電池の構造と機能-特殊形状を有する高分子とその階層構造解析-
  • 2013 - 2015 生分解性高分子からなるナノ構造材料の精密調製法
  • 2012 - 2015 有機分子触媒を用いた精密重合の開発と特殊構造を有するポリマー合成への応用
  • 2013 - 2014 ヒドロシランを潜在性開始剤とする有機ホウ素触媒を用いたグループトランスファー重合
全件表示
論文 (304件):
  • Wu PH, Lin YC, Laysandra L, Lee MH, Chiu YC, Isono T, Satoh T, Chen WC. Organic-Inorganic Nanocomposite Film for High-Performance Stretchable Resistive Memory Device. Macromolecular rapid communications. 2019. e1900542
  • Novel ultra-stable and highly luminescent white light-emitting diodes from perovskite quantum dots-Polymer nanofibers through biaxial electrospinning. APL Materials. 2019
  • Detailed structural analyses of nano-fibrillated bacterial cellulose and its application as binder material for a display device. Biomacromolecules. 2019
  • Phase Transition Behaviors and Nanoscale Film Morphologies of Poly(δ-valerolactone) Axles Bearing Movable and Fixed Rotaxane Wheels. Macromolecular Rapid Communications. 2019
  • Synthesis and asymmetric catalytic performance of one-handed helical poly(phenylacetylene)s bearing proline dipeptide pendants. Reactive and Functional Polymers. 2019
もっと見る
MISC (610件):
もっと見る
特許 (37件):
書籍 (6件):
  • Polymeric Material Encyclopedia
    CRC Press 1996
  • Advances in Controlled/Living Radical Polymerization
    American Chemical Society 2003
  • Current Topics in Polymer Research
    Nova Science Publishers, Inc. 2005
  • Ionic Liquid Applications: Pharmaceuticals, Therapeutics, and Biotechnology, ACS Symposium Series, 1038 (Ionic Liquid Applications)
    American Chemical Society 2010
  • イオン液体III-ナノ・バイオサイエンスへの挑戦- Ionic Liquid III-Challenges to Nano-Bio Sciences-
    (株)シーエムシー出版 2010
もっと見る
講演・口頭発表等 (272件):
  • 新規ハイパーブランチポリマーの創製と分子認識特性
    (日本分析化学会年会講演要旨集 2009)
  • フォスファゼン塩基を触媒としたグループトランスファー重合による3-アーム型ポリ[4-(ジフェニルアミノ)ベンジルメタクリレート]の精密合成
    (高分子学会予稿集(CD-ROM) 2010)
  • Vapochromic detection of Volatile Organic Compounds based on Carbamate-Substituted Polydiacetylene Microfibers
    (日本化学会北海道支部夏季研究発表会講演要旨集 2010)
  • クリックケミストリーを用いたトリアゾール環構造を有するキチン誘導体の合成
    (セルロース学会年次大会講演要旨集 2010)
  • Boc-アミノ酸由来アミド基を有するポリ(フェニルアセチレン)のアニオン比色検出能
    (シンポジウム「モレキュラー・キラリティー」講演要旨集 2010)
もっと見る
Works (1件):
  • 第4回北大セミナー in 函館
    2007 -
学歴 (3件):
  • - 1992 北海道大学 工学部 合成化学工学科
  • - 1994 北海道大学 工学研究科 合成化学工学専攻
  • - 1996 北海道大学 工学研究科 分子化学専攻
学位 (2件):
  • 博士(工学) (北海道大学)
  • 修士(工学) (北海道大学)
経歴 (8件):
  • 1994/04 - 1996/09 日本学術振興会 日本学術振興会特別研究員DC1
  • 1996/10 - 1997/09 北海道大学 助手
  • 1998/06 - 2000/04 日本学術振興会 海外特別研究員
  • 2002/02 - 2007/03 北海道大学 流動研究員
  • 1997/04 - 2007/03 北海道大学 助手
全件表示
委員歴 (4件):
  • 2007 - 現在 高分子学会 北海道支部理事
  • 2008 - 日本化学会 北海道支部庶務理事
  • 2008 - 高分子学会北海道支部 若手研究会 運営委員
  • 2006 - 2007 高分子学会北海道支部 若手研究会 代表
受賞 (9件):
  • 2017/01 - 北海道大学 平成28年度北海道大学教育総長賞奨励賞
  • 2017/01 - 北海道大学 平成28年度北海道大学研究総長賞奨励賞
  • 2016/11 - 先端錯体工学研究会 2015年度 先端錯体工学研究会賞
  • 2016/01 - 北海道大学 平成27年度北海道大学研究総長賞奨励賞
  • 2013 - 公益社団法人 高分子学会 高分子学会旭化成賞 バイオベースマテリアルを用いた機能性単分子ミセルの開発
全件表示
所属学会 (6件):
高分子学会 ,  米国化学会 ,  高分子学会北海道支部 若手研究会 ,  基礎錯体工学研究会 ,  日本化学会 ,  有機合成化学協会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る