研究者
J-GLOBAL ID:200901006658977403   更新日: 2022年04月05日

米村 正一郎

ヨネムラ セイイチロウ | Yonemura Seiichiro
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (7件): ランドスケープ科学 ,  環境農学 ,  生態学、環境学 ,  農業環境工学、農業情報工学 ,  地球生命科学 ,  大気水圏科学 ,  環境動態解析
研究キーワード (25件): 炭素安定同位体 ,  凍土 ,  ガス拡散係数 ,  水素 ,  チャンバー法 ,  ミミズ ,  花粉 ,  窒素酸化物 ,  亜酸化窒素 ,  自動計測 ,  酸素 ,  砂漠 ,  ダスト ,  炭化水素 ,  燃焼ガス ,  バイオマスバーニング ,  メタン ,  一酸化炭素 ,  二酸化炭素 ,  植物 ,  土壌 ,  温室効果気体 ,  気象 ,  農業 ,  大気環境
競争的資金等の研究課題 (29件):
  • 2021 - 2026 ミミズの土壌肥沃度改善機能の活用に向けてー圃場実証と機能の定量化ー
  • 2021 - 2025 硝酸肥料・ポリフィルム土壌被覆の併用による画期的なN2O排出削減技術の開発
  • 2021 - 2024 土壌中酸素濃度制御条件下における一酸化二窒素の生成・消費速度の定量とそのモデル化
  • 2020 - 2024 永久凍土融解に伴うGHGsガス放出動態の定量化と生物地球化学メカニズムの解明
  • 2019 - 2023 極地土壌のCO2放出と土壌ガス拡散係数に関する研究
全件表示
論文 (115件):
もっと見る
MISC (63件):
もっと見る
書籍 (4件):
  • 農業食料工学ハンドブック
    コロナ社 2020
  • Trends in Air Pollution Research, edited by J.V. Livingston
    Nova, New York 2005
  • Computational Methods for Flow and Transport in Porous Media
    Kluwer Academic Publishers 2000
  • Advances in Ecological Sciences 1:Ecosystems and Sustainable Development
    Computational Mechanics Publications 1997
講演・口頭発表等 (207件):
  • NO, NO2, O3の同時高時間分解能計測装置の開発と 富士山山岳道路五合目における計測
    (第25回 大気化学討論会 2020)
  • 富士吉田アカマツ林におけるオゾンフラックスの季節変化
    (日本農業気象学会関東甲信越支部例会一般講演要旨集(Web) 2019)
  • 富士山麓森林におけるオゾンフラックスの季節変化とその要因の解明
    (大気環境学会年会講演要旨集 2019)
  • 土壌からのN<sub>2</sub>O放出過程の反応論的解析
    (日本農業気象学会全国大会講演要旨/Proceedings of International Symposium on Agricultural Meteorology 2019)
  • レーザー誘起蛍光法を用いた森林生態系におけるNO2フラックスの計測
    (日本農業気象学会北陸支部関東支部2018年度合同例会 2018)
もっと見る
Works (1件):
  • 生態系における大気微量物質の交換過程に関する研究
    米村 正一郎
学歴 (4件):
  • 1990 - 1992 東京大学 地球物理学専攻
  • 1988 - 1990 東京大学 地球物理学科
  • 1986 - 1988 東京大学
  • 1982 - 1985 滋賀県立 膳所高等学校 普通科
学位 (1件):
  • 博士(理) (東京大学)
経歴 (6件):
  • 2020/04 - 現在 県立広島大学 生物資源科学部 / 生命システム科学専攻 教授
  • 2008/02 - 2020/03 東京大学農学生命科学研究科 生物環境工学エコロジカルセイフェティ学連携講座 連携教授
  • 1992/10 - 2020/03 農林水産省->(独)2001年->(国)2015年 農業環境技術研究所->2016年(国) 農研機構・農業環境変動研究センター 【部署】:気象管理科(グループ)->大気環境研究領域(グループ)->2016年 気候変動対応研究領域 【職名】:1992年10月 研究員(助教相当)→2001年4月 主任研究員(講師・准教授相当)→2015年10月 上席研究員(教授相当):2016年 主席研究員(教授相当)
  • 2006/09 - 2010/02 玉川大学農学部 農学部 非常勤講師
  • 2002/03 - 2003/09 マックスプランク化学研究所 生物地球化学部 在外研究員(当初JST→JSPSへ制度移管)
全件表示
委員歴 (7件):
  • 2012/02 - 現在 日本学術会議 IGAC(国際地球大気化学)小委員会委員
  • 2020/06 - 2021/03 公益財団法人 環境科学技術研究所 HT型トリチウム移行調査検討委員会
  • 2015/03 - 2021/03 日本農業気象学会 編集理事
  • 2017/03 - 2017/03 第64回日本生態学会大会(早稲田大会) 生態学会実行委員
  • 2013/10 - 2015/10 日本学術振興会 科研費審査委員
全件表示
受賞 (2件):
  • 2018/09 - 日本土壌肥料学会2018年度神奈川大会 ポスター賞 低酸素濃度条件における土壌からのN2OおよびNOの放出
  • 2018/03 - 日本農業気象学会 学術賞 土壌-大気間の微量気体の交換に関する農業気象学的研究
所属学会 (3件):
日本生態学会 ,  日本大気化学会 ,  農業気象学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る