研究者
J-GLOBAL ID:200901006809624796   更新日: 2021年05月17日

塚田 英晴

ツカダ ヒデハル | Tsukada Hideharu
所属機関・部署:
職名: 准教授
研究分野 (3件): 生物資源保全学 ,  生態学、環境学 ,  動物生産科学
研究キーワード (9件): エコツーリズム ,  野生動物管理 ,  獣害 ,  保全 ,  草地 ,  野生動物 ,  Conservation ,  Grassland ,  Wildlife
競争的資金等の研究課題 (7件):
  • 2017 - 2020 野生動物の非消費的資源化に向けた観察可能性評価法およびその資源価値向上法の検討
  • 2014 - 2017 中国青海省におけるエキノコックス症疫学調査と人と家畜の駆虫薬開発
  • 2007 - 2010 牧場経営が野生動物に及ぼす影響の評価とその対策
  • 2003 - 2007 放牧が野生哺乳動物相へ及ぼす影響
  • 2003 - 2005 草地に生息する中大型哺乳動物の種多様性評価手法の確立
全件表示
論文 (51件):
MISC (48件):
  • 塚田 英晴. 牧場に生息するアナグマの生態と自然観光資源としての活用可能性. 下仁田町自然史館研究報告. 2021. 6. 1-10
  • 塚田 英晴. 総論 (特集 草地・飼料作における獣害の実態と被害対策). 畜産技術 = Livestock technology. 2021. 788. 2-8
  • 塚田 英晴. 牧場に生息するアナグマの生態〜巣穴の分布と利用に着目して. 下仁田町自然史博物館研究報告. 2019. 4. 65-66
  • 塚田英晴. 野生動物による畜産被害への対策 野生動物による畜産被害の現状. 臨床獣医. 2018. 36. 6. 10-15
  • 斎藤 昌幸, 金子 弥生, 渡辺 茂樹, 塚田 英晴. 都市における食肉目動物研究2. 哺乳類科学. 2018. 58. 1. 99-100
もっと見る
特許 (1件):
書籍 (7件):
  • ジビエ動物と畜産
    これからの日本のジビエ 野生動物の適切な利活用を考える(押田敏雄 編著)緑書房 2021 ISBN:9784895315906
  • アナグマ
    これからの日本のジビエ 野生動物の適切な利活用を考える(押田敏雄 編著)緑書房 2021 ISBN:9784895315906
  • 野生動物による被害とバイオセキュリティ問題
    「ライフステージでみる牛の管理」(高橋俊彦、中辻浩喜、森田 茂監修)緑書房 2017
  • キタキツネの餌付けとエキノコックス症発生リスク
    「野生動物の餌付け問題」(畠山武道監修、小島望、髙橋満彦編著)地人書館 2016
  • 野生哺乳類の保全と獣害管理
    草地管理指標-草地の多面的機能編-(社団法人日本草地畜産種子協会) 2009 ISBN:9784990434106
もっと見る
講演・口頭発表等 (98件):
  • フィーダー線型電気柵による登攀性ヘビ類への防除効果の検証
    (日本生態学会第68回全国大会 2021)
  • キツネはなぜ靴を盗むのか?
    (日本生態学会第68回全国大会 2021)
  • 牧草を食害するニホンジカの昼間生息地利用とその捕獲管理への応用
    (日本生態学会第68回全国大会 2021)
  • 錯誤捕獲によるニホンカモシカへの影響
    (ぐんまの自然の「いま」を伝える報告会2020 2021)
  • アナグマの巣穴における行動観察と人工巣穴への知見
    (ぐんまの自然の「いま」を伝える報告会2020 2021)
もっと見る
学歴 (3件):
  • - 1997 北海道大学 博士後期課程
  • - 1992 北海道大学 文学研究科 行動科学 修士課程
  • - 1990 北海道大学 行動科学科総合行動学専攻
学位 (1件):
  • 博士(行動科学) (北海道大学)
経歴 (12件):
  • 2015 - 現在 麻布大学獣医学部 動物応用科学科 野生動物学 准教授
  • 2014 - 2015 東京農工大学非常勤講師
  • 2004 - 2015 農業・食品産業技術総合研究機構畜産草地研究所 主任研究員
  • 2002 - 2004 農業技術研究機構畜産草地研究所 研究員
  • 2000 - 2002 農林水産省草地試験場 研究員
全件表示
委員歴 (7件):
  • 2121/04 - 現在 WILDLIFE BIOLOGY SUBJECT EDITOR
  • 2021/03 - 現在 動物の行動と管理学会 庶務理事
  • 2020/09 - 現在 日本哺乳類学会 代議員
  • 2018/06 - 現在 道路生態研究会 幹事
  • 2017/06 - 現在 道路生態研究会 研究部会長
全件表示
所属学会 (8件):
日本生態学会 ,  道路生態研究会 ,  動物の行動と管理学会 ,  日本草地学会 ,  日本哺乳類学会 ,  The Ecological Society of Japan ,  Japanese Society of Grassland Science ,  Mammalogical Society of Japan
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る