研究者
J-GLOBAL ID:200901006991208069   更新日: 2020年09月01日

大久保 達弘

オオクボ タツヒロ | Ohkubo Tatsuhiro
所属機関・部署:
職名: 教授
その他の所属(所属・部署名・職名) (1件):
ホームページURL (1件): http://mori1.mine.utsunomiya-u.ac.jp/sinrin/index.html
研究分野 (4件): 森林科学 ,  生態学、環境学 ,  環境政策、環境配慮型社会 ,  環境影響評価
研究キーワード (6件): 生態学的修復 ,  森林生態学 ,  育林学 ,  Ecological Restoration ,  Forest Ecology ,  Silviculture
競争的資金等の研究課題 (13件):
  • 2003 - 2004 タイ北部の山地民の伝統的知識を生かした熱帯山地林の生態的な修復
  • 1996 - 2002 中国西南部石灰岩山地の石漠化と生態系修復
  • 1996 - 2002 Ecological restoration of degraded calcarious mountains in south west China
  • 2001 - 栃木県高原山ヒノキ人工林の択伐後の天然更新初期過程
  • 1996 - 2000 マレーシア連邦サラワク州熱帯林荒廃地における生態系修復
全件表示
論文 (21件):
  • Aizawa Mineaki, Maekawa Kaya, Mochizuki Hiroko, Saito Hideyuki, Harada Ko, Kadomatsu Masahiko, Iizuka Kazuya, Ohkubo Tatsuhiro. Unveiling the origin of Quercus serrata subsp mongolicoides found in Honshu, Japan, by using genetic and morphological analyses. PLANT SPECIES BIOLOGY. 2018. 33. 3. 174-190
  • Kazuya Iizuka, Narumi Toya, Jyunichi Ohshima, Futoshi Ishiguri, Naoko Miyamoto, Mineaki Aizawa, Tatsuhiro Ohkubo, Chisato Takenaka, Shinso Yokota. Relationship between 137Cs concentration and potassium content in stem wood of Japanese cedar (Cryptomeria japonica). Journal of Wood Science. 2018. 64. 1. 59-64
  • Vasyl Yoschenko, Tatsuhiro Ohkubo, Valery Kashparov. Radioactive contaminated forests in Fukushima and Chernobyl. Journal of Forest Research. 2018. 23. 1. 3-14
  • Tatsuhiro Ohkubo, Nobuhiro Kaneko, Shinji Kaneko, Satoru Miura, Naoki Okada, Vasyl Yoschenko. Radiocesium dynamics in forest ecosystems after the Fukushima Nuclear Power Plant accident: experiences during the initial five years. Journal of Forest Research. 2018. 23. 1. 1-2
  • Mineaki Aizawa, Chisato Enkawa, Tatsuhiro Ohkubo. Fine-scale asexual and sexual reproduction in Quercus crispula var. horikawae, a stunted shrub oak, on a mountain with deep snow in central Japan. PLANT SPECIES BIOLOGY. 2017. 32. 4. 323-332
もっと見る
MISC (207件):
  • 飯塚 和也, 宮本 尚子, 大島 潤一, 逢沢 峰昭, 大久保 達弘, 石栗 太, 横田 信三. 森林・樹木における放射性セシウムの動態(5)スギの心材の特性および137Csの挙動. 宇都宮大学農学部演習林報告. 2018. 54. 39-42
  • 池田 一穂, 福沢 朋子, 逢沢 峰昭, 大久保 達弘. 船生演習林におけるヒノキ人工林の発達段階と鳥類群集の多様性の関係. 宇都宮大学農学部演習林報告. 2018. 54. 15-24
  • 鷲見 勇貴, 福沢 朋子, 逢沢 峰昭, 大久保 達弘. ヒノキ人工林の林分発達と森林施業がオサムシ科甲虫群集に与える影響. 宇都宮大学農学部演習林報告. 2018. 54. 1-13
  • 出口 明子, 大久保 達弘. これからの「持続可能な開発」を担う健全な青少年を育成するための環境学習ゲーム教材の開発と評価. マツダ財団助成研究報告書. 青少年健全育成関係. 2018. 30. 21-29
  • 佐原 奈々美, 中村 俊彦, 逢沢 峰昭, 大久保 達弘. 日本中部亜高山帯林の伐採後に成立した落葉広葉樹優占林の実生の発生・定着におけるコケ群落の役割. 日本森林学会誌. 2018. 100. 4. 102-109
もっと見る
書籍 (5件):
  • 校庭の木・野山の木6 ブナの絵本 (まるごと発見!校庭の木・野山の木)
    農山漁村文化協会 2017 ISBN:4540161482
  • ドングリ(コナラ)の絵本 (まるごと発見!校庭の木・野山の木)
    農山漁村文化協会 2017 ISBN:4540161474
  • 森林立地測定法,樹木サイズと密度
    博友社 1999
  • 樹木の延命策, 森の木の100不思議
    日本林業技術協会 1996
  • ブナ類の堅果生産と実生の発生にかかわる要因とその影響 - 太平洋側のブナ型林分と日本海型ブナ林との比較、現代生態学とその周辺 (沼田真編)
    東海大学出版会 1995
Works (20件):
  • タイ北部の山地民の伝統的知識を生かした熱帯山地林の生態的な修復
    2003 - 2004
  • Ecological restoration of Tropical montane forests using local indigenous knowledge of hill tribe
    2003 -
  • 中国広西壮族自治区石灰岩山区における生態系の再構築と生物生産性の総合的開発に関する研究
    1996 - 2002
  • 中国雲南省の石漠化地域の森林衰退と修復
    2001 -
  • Forest ecosystem restoration of degraded rock desertification area in Yunnan Province, China.
    2001 -
もっと見る
学歴 (2件):
  • 1983 - 1985 東京大学 林学専攻
  • 1978 - 1982 宇都宮大学 林学科
学位 (2件):
  • 農学博士 (東京大学)
  • 農学修士 (東京大学)
経歴 (7件):
  • 2007/08 - 現在 東京農工大学 大学院連合農学研究科 教授
  • 2007/06 - 現在 宇都宮大学 農学部 教授
  • 2007/04 - 2007/05 宇都宮大学 農学部 准教授
  • 1993/04 - 2007/03 宇都宮大学 農学部 助教授
  • 2005/05 - 2005/12 イェール大学(米国) 林学環境学専門職大学院 訪問准教授
全件表示
委員歴 (5件):
  • 2016 - 現在 Journal of Forest Research Editor
  • 2015 - 現在 Journal of Sustainable Forestry Editor
  • 2008 - 現在 森林立地 編集委員
  • 2000 - 2001 日本林学会 「森林科学」編集委員
  • 1993 - 森林立地学会 事業幹事
所属学会 (8件):
植生学会 ,  国際林業研究機関連合(International Union of Forest Research Onganization(IUFRO)) ,  森林立地学会 ,  国際植生学会(International Association for Vegetation Science (IAVS)) ,  種生物学会 ,  日本熱帯生態学会 ,  日本生態学会 ,  日本林学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る