研究者
J-GLOBAL ID:200901007007486653   更新日: 2011年08月25日

藤岡 弘道

フジオカ ヒロミチ | FUJIOKA Hiromichi
所属機関・部署:
職名: 助教授
研究分野 (3件): 有機化学 ,  合成化学 ,  化学系薬学
競争的資金等の研究課題 (5件):
  • 高立体選択的反応の開発とその応用
  • 活性反応中間体を利用する有機合成反応とその応用
  • C2対称不斉補助剤を用いる不斉合成反応の研究とその応用
  • 高立体選択的反応の開発
  • 不斉合成反応の開発
MISC (81件):
特許 (2件):
書籍 (5件):
  • キラル保護基-キラルアセタールおよびキラルアセタール型保護基
    季刊化学創設19 金属反応剤を用いる不剤化学合成(共著)日本化学会編 1993
  • 季刊化学総説19 金属反応剤を用いる不斉化学合成(共著)
    ┣DB日本化学会編(/)-┫DB 1993
  • フレデリカマイシンAの合成
    現代化学増刊 36 2000
  • A Simple and Efficient Radical Reduction Using Water-Soluble Radical Initiator and Hypophosphorous Acid in Aqueous Alcohol
    Tetrahedron Lett. 2004
  • A Double Iodoetherification of σ-Symmetric Diene Acetals for Installing Four Stereogenic Centers in a Single Operation: Short Asymmetric Total Synthesis of Rubrenolide
    Angew. Chem. Int. Ed. 2005
Works (21件):
  • 環境調和型反応に重点を置いた生物活性天然物の大量合成手法の開発と創薬研究
    2001 -
  • アセタール由来の渡環型オキソニウムイオン種を利用する不斉識別手法の開発とその応用
    2001 -
  • 環境調和型反応に重点を置いた生物活性天然物の大量合成手法の開発と創薬研究
    2002 -
  • アセタールを利用する不斉合成反応:キラルオキソニウムイオン種の生成とその応用
    2002 -
  • アセタールを利用する不斉合成反応:キラルオキソニウムイオン種の生成とその応用
    2003 -
もっと見る
学歴 (2件):
  • - 1975 大阪大学 薬学部 製薬化学
  • - 1981 大阪大学 薬学研究科 薬品化学
学位 (1件):
  • 薬学博士
受賞 (4件):
  • 1993 - 日本薬学会近畿支部奨励賞
  • 2004 - 第2回有機合成化学協会関西支部賞
  • 2005 - 平成16年度宮田記念学術論文賞
  • 2009 - JSPS(日本プロセス化学会)優秀賞
所属学会 (3件):
日本薬学会 ,  有機合成化学協会 ,  近畿化学協会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る