研究者
J-GLOBAL ID:200901010239922205   更新日: 2019年12月04日

吉田 和信

ヨシダ カズノブ | YOSHIDA Kazunobu
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (1件): http://www.ecs.shimane-u.ac.jp/~kyoshida/
研究分野 (1件): 制御工学
研究キーワード (1件): 制御工学
競争的資金等の研究課題 (3件):
  • 2007 - 振幅制限を持つAMDによる構造系の制振制御
  • 2007 - 台車の振幅制限を考慮した倒立振子の安定化制御
  • 2007 - 状態制限を考慮したクレーン系の搬送制御
MISC (7件):
  • 木下 大,吉田和信,松本 至. 台車の振幅制限を考慮した倒立振子の安定化制御. 計測自動制御学会論文集. 2017. 53. 7. 408-415
  • Toru Tsumugiwa, Yasunori Fuchikami, Atsushi Kamiyoshi, Ryuichi Yokogawa and Kazunobu Yoshida. Stability analysis for impedance control of robot in human-robot cooperative task system. Journal of Advanced Mechanical Design, Systems, and Manufacturing. 2007. 1. 1. 113-121
  • Hisashi Kawabe, Naoki Tsukiyama and Kazunobu Yoshida. Active vibration damping based on neural network theory. Materials Science and Engineering. 2006. A 442. 547-550
  • 積際 徹,渕上康徳,神吉厚之,横川隆一,吉田和信. 人間とロボットの協調作業におけるロボットとインピーダンス制御の安定解析に関する一考察. 日本機械学会論文集(C編). 2005. 71. 707. 2267-2272
  • 吉田和信,川辺尚志,松本 至,積際 徹. 可変長振子系の制振制御. システム制御情報学会論文誌. 2005. 18. 7. 243-254
もっと見る
講演・口頭発表等 (85件):
  • RTAC系の制振制御
    (日本機械学会中国四国支部・九州支部合同企画山口地方講演会(pp.185-186) 2004)
  • 重心移動による振子系の制振制御 - 一般的な安定化条件と振幅減衰比の推定式 -
    (日本機械学会中国四国支部・九州支部合同企画山口地方講演会(pp.215-216) 2004)
  • 支点鉛直変動型多自由度振子系の制振制御
    (第6回IEEE広島支部学生シンポジウム(pp.391-393) 2004)
  • スライダクランク型振子系の制振制御
    (第6回IEEE広島支部学生シンポジウム(pp.394-396) 2004)
  • 構造物の能動制振制御
    (第6回IEEE広島支部学生シンポジウム(pp.406-408) 2004)
もっと見る
学位 (1件):
  • 工学博士 (広島大学)
委員歴 (2件):
  • 2016 - 2017 日本機械学会中国四国支部 商議員,幹事
  • 2014 - 2016 計測自動制御学会中国支部 運営委員
所属学会 (2件):
日本機械学会中国四国支部 ,  計測自動制御学会中国支部
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る