研究者
J-GLOBAL ID:200901011067268113   更新日: 2022年06月28日

上口 美弥子

ウエグチ ミヤコ | Ueguchi Miyako
所属機関・部署:
職名: 教授
その他の所属(所属・部署名・職名) (1件):
ホームページURL (1件): https://bioindustry.wixsite.com/ueguchilab
研究分野 (4件): その他 ,  その他 ,  その他 ,  その他
研究キーワード (1件): ジベレリン/シグナル伝達/植物調節物質/分子育種/植物ホルモン
競争的資金等の研究課題 (7件):
  • 2016 - 2021 生殖をモデルとした植物ホルモン機能拡張
  • 2016 - 2021 植物新種誕生の原理 -生殖過程の鍵と鍵穴の分子実態解明を通じて-
  • 2016 - 2019 構造に基づいた新規ジベレリン合成阻害剤の開発
  • 2011 - 2014 植物ホルモン・ジベレリンを利用した高バイオマス植物の作出
  • 2009 - 2011 結晶構造解析結果に基づいた核内受容体GID1のジベレリン受容とシグナル伝達解析
全件表示
論文 (6件):
  • Kawai Kyosuke, Takehara Sayaka, Kashio Toru, Morii Minami, Sugihara Akihiko, Yoshimura Hisako, Ito Aya, Hattori Masako, Toda Yosuke, Kojima Mikiko, et al. Evolutionary alterations in gene expression and enzymatic activities of gibberellin 3-oxidase 1 in Oryza. COMMUNICATIONS BIOLOGY. 2022. 5. 1
  • Morii Minami, Sugihara Akihiko, Takehara Sayaka, Kanno Yuri, Kawai Kyosuke, Hobo Tokunori, Hattori Masako, Yoshimura Hisako, Seo Mitsunori, Ueguchi-Tanaka Miyako. The Dual Function of OsSWEET3a as a Gibberellin and Glucose Transporter Is Important for Young ShootDevelopment in Rice. PLANT AND CELL PHYSIOLOGY. 2020. 61. 11. 1935-1945
  • Agata Ayumi, Ando Koki, Ota Sadayuki, Kojima Mikiko, Takebayashi Yumiko, Takehara Sayaka, Doi Kazuyuki, Ueguchi-Tanaka Miyako, Suzuki Takamasa, Sakakibara Hitoshi, et al. Diverse panicle architecture results from various combinations ofPrl5/GA20ox4 and Pbl6/APO1alleles. COMMUNICATIONS BIOLOGY. 2020. 3. 1
  • Kawai Kyosuke, Ueguchi-Tanaka Miyako, Matsuoka Makoto. Future Strategy of Breeding: Learn by Two Important Genes of Miracle Rice. MOLECULAR PLANT. 2020. 13. 6. 823-824
  • Takehara Sayaka, Sakuraba Shun, Mikami Bunzo, Yoshida Hideki, Yoshimura Hisako, Itoh Aya, Endo Masaki, Watanabe Nobuhisa, Nagae Takayuki, Matsuoka Makoto, et al. A common allosteric mechanism regulates homeostatic inactivation of auxin and gibberellin. NATURE COMMUNICATIONS. 2020. 11. 1
もっと見る
MISC (76件):
特許 (1件):
  • 植物の分化・生長を制御する遺伝子、並びにその利用
書籍 (27件):
  • ジベレリンの進化
    植物の生長調節 2021
  • 植物ホルモン代謝酵素の活性調節機構~モノーが提唱したアロステリック制御メカニズムの一端を解明~
    2021
  • ジベレリンの輸送および代謝の分子メカニズム
    バイオサイエンスとインダストリー(B&I) 2021
  • Gibberellin
    Plant Structure Biology 2018
  • ある種のシダにおいてジベレリンは時空間的なコミュニケーションツールとして使われてきた
    化学と生物 2017
もっと見る
講演・口頭発表等 (152件):
  • X線マイクロCTを用いたイネの開花前と開花中の鱗被の形態解析
    (日本作物学会 第253回講演会 2022)
  • 植物ホルモン応答機構の分子基盤
    (日本農芸化学会 2021年度大会 2022)
  • イネジベレリン生合成・代謝酵素に対する選択的阻害剤創製への試み
    (日本農芸化学会 2021年度大会 2022)
  • Evolutionary analyses of gene expression and enzymatic activities of gibberellin 3-oxidase 1 in Oryza
    (2022)
  • ジベレリンによるイネ葉鞘伸長の解析
    (日本農芸化学会 2021年度大会 2022)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 1982 - 1986 京都大学 農芸化学専攻
  • 1980 - 1982 京都大学 農芸化学専攻
  • 1976 - 1980 京都大学 農芸化学科
経歴 (5件):
  • 2020/05 - 現在 名古屋大学 生物機能開発利用研究センター 教授
  • 2019/04/01 - 2020/04/30 名古屋大学 生物機能開発利用研究センター 准教授
  • 2008/08 - 2020/04 名古屋大学 生物機能開発利用研究センター 准教授
  • 2008/08/01 - 2019/03/31 名古屋大学 生物機能開発利用研究センター 開発・展開部門 准教授
  • 2007/04/01 - 2008/03/31 名古屋大学 生物機能開発利用研究センター 開発・展開部門 研究員
委員歴 (1件):
  • 2010 - 2013 日本農芸化学会・化学と生物 編集委員
受賞 (4件):
  • 2022/03 - 日本農芸化学会 日本農芸化学会賞 植物ホルモン応答機構の分子基盤
  • 2016 - THOMSON REUTER Highly Cited Researchers 2016
  • 2015 - THOMSON REUTER Highly Cited Researchers 2015
  • 2014 - THOMSON REUTER Highly Cited Researchers 2014
所属学会 (2件):
日本植物生理学会 ,  日本農芸化学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る