研究者
J-GLOBAL ID:200901011068608147   更新日: 2020年06月07日

松澤 秀則

Matsuzawa Hidenori
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (1件): 基礎物理化学
研究キーワード (2件): 量子化学 ,  理論化学
競争的資金等の研究課題 (12件):
  • 2011 - 2014 近似の不釣合を避けた電子相関分子間相互作用理論の確立とその応用
  • 2011 - 2012 水素化ホウ素化合物の電気伝導機構と水素の貯蔵および脱離プロセスに関する理論研究
  • 2007 - 2010 自発的発展可能な新量子化学文献データーベースシステムの構築
  • 2004 - 2007 継続的発展可能な新量子化学文献データベースシステムの構築
  • 2001 - 2004 新量子化学文献データベースシステムの開発
全件表示
論文 (26件):
  • Chiaki Ishibashi, Hidenori Matsuzawa. Theoretical Study of the Relationship between the Geometry and the Orbital Hybridization in the CuAln- (n=11-13) Cluster. Bulletin of the Chemical Society of Japan. 2018. 91. 6. 940-949
  • 書評:三好美織著「現代フランスの前期中等物理・化学教育改革に関する研究」渓水社 2014年. 日仏教育学会年報. 2014. 20. 106-108
  • 松澤秀則, 川崎夕美絵, 岩田末廣. 水素化ホウ素化合物の電気伝導機構と水素の貯蔵および脱離プロセスに関する理論研究. 千葉工業大学 プロジェクト研究年報 2012年. 2013. 9. 73-74
  • Nobuaki Koga, Toshio Matsushita, Keiko Takano, Kenro Hashimoto, Masahiko Hada, Haruo Hosoya, Hidenori Matsuzawa, Umpei Nagashima, Hiroaki Wasada, Shinichi Yamabe. Quantum Chemistry Literature Data Base II. Supplement 23. Bibliography of ab initio Calculations for 2005. Journal of Computer Chemistry, Japan. 2006. 5. 5. 1-569
  • N. Koga, T. Matsushita, K. Takano, K. Hashimoto, M. Hada, H. Hosoya, H. Matsuzawa, K. Mogi, U. Nagashima, H. Wasada, S. Yamabe. Quantum Chemistry Literature Data Base II. Bibliography of Ab Initio Calculations for 2004. Journal of Computer Chemistry, Japan. 2005. 4. 5. 1-569
もっと見る
書籍 (10件):
  • 化学実験指針 第4版
    学術図書出版社 2015 ISBN:4780604281
  • マッカーリ 化学数学
    丸善出版(株) 2014 ISBN:9784621088104
  • 物質科学の基礎としての化学入門
    学術図書出版社 2013 ISBN:9784780603231
  • 化学実験指針 第3版
    2004
  • 科学技術入門シリーズ 5 化学のことば
    朝倉書店 2001
もっと見る
講演・口頭発表等 (123件):
  • 水-水間の水素結合鎖に対するイオンの影響:Na<SUP>+</SUP>(H<SUB>2</SUB>O)<SUB>6</SUB>
    (第12回分子科学討論会 2018)
  • Prism型Br<sup>-</sup>(H<sub>2</sub>O)<sub>5</sub>に対するH<sub>2</sub>Oの影響に関する理論研究
    (第12回分子科学討論会 2018)
  • ナトリウムイオン-水クラスター及び塩化物イオン-水クラスター中の水-水間の水素結合の強さに対するイオンの影響
    (第11回分子科学討論会 2017)
  • ハロゲン化物イオン-水クラスター中の水-水間水素結合の強さに対する負イオンの影響
    (第10回分子科学討論会 2016)
  • ハロゲンー水クラスター中におけるイオンー水間および水ー水間結合の強さを決める因子
    (第18回理論化学討論会 2015)
もっと見る
学歴 (1件):
  • 1989 - 1992 慶應義塾大学大学院 理工学研究科 化学専攻
経歴 (3件):
  • 2016/04/01 - 現在 千葉工業大学 教授
  • 2009/04/01 - 現在 千葉工業大学 教授
  • 2009/04/01 - 現在 千葉工業大学 教授
委員歴 (9件):
  • 2019/06 - 現在 日本海水学会 理事(研究)
  • 2019/04/01 - 現在 私立大学環境保全協議会 研究研修会実施WG 委員
  • 2019/04/01 - 現在 私立大学環境保全協議会 編集委員会 副委員長
  • 2019/03/01 - 現在 電気化学会 電気化学普及委員会 委員
  • 2018/04/01 - 現在 日本海水学会 海水資源・環境研究会 幹事
全件表示
所属学会 (16件):
日本工学教育協会 ,  日本海水学会 ,  化学工学会 ,  日本教育カウンセリング学会 ,  分子科学会 ,  ナノ学会 ,  千葉県教育カウンセラー協会 ,  電気化学会 ,  分子科学研究会 ,  理論化学研究会 ,  アメリカ化学会 ,  アメリカ物理学会 ,  日本物理学会 ,  日本コンピューター化学会 ,  日本化学会 ,  日本カウンセリング学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る