研究者
J-GLOBAL ID:200901012610509246   更新日: 2021年04月01日

國方 彦志

クニカタ ヒロシ | Kunikata Hiroshi
所属機関・部署:
職名: 特命教授
ホームページURL (2件): http://db.tohoku.ac.jp/whois/detail/c710f2bd2091298c619978206da6bbee.htmlhttp://db.tohoku.ac.jp/whois/e_detail/c710f2bd2091298c619978206da6bbee.html
研究分野 (1件): 眼科学
研究キーワード (5件): 緑内障 ,  抗酸化眼内灌流液 ,  細胞保護治療 ,  難治性白内障手術 ,  網膜硝子体手術
競争的資金等の研究課題 (5件):
  • 2018 - 2021 活性イオウ分子種を用いた新規抗酸化眼内灌流液の開発
  • 2017 - 2020 網膜疾患病態解明に向けたマルチファクター生体内イメージングシステムの構築
  • 2014 - 2017 網膜静脈閉塞症に対するパルスジェット手術システムの構築に関する研究
  • 2010 - 2011 新しい術前視機能温存網膜保護システム(黄斑剥離を伴う網膜剥離眼)の構築に関する研究
  • 2008 - 2010 新しい視機能予後予測システム構築に関する研究
論文 (132件):
  • Hiroshi Kunikata, Urara Osada, Toshiaki Abe, Toru Nakazawa. Efficacy of early microincision vitrectomy surgery in traumatic macular hole. Graefe's archive for clinical and experimental ophthalmology = Albrecht von Graefes Archiv fur klinische und experimentelle Ophthalmologie. 2021
  • Koji M Nishiguchi, Fuyuki Miya, Yuka Mori, Kosuke Fujita, Masato Akiyama, Takashi Kamatani, Yoshito Koyanagi, Kota Sato, Toru Takigawa, Shinji Ueno, et al. A hypomorphic variant in EYS detected by genome-wide association study contributes toward retinitis pigmentosa. Communications biology. 2021. 4. 1. 140-140
  • Toshifumi Asano, Hiroshi Kunikata, Masayuki Yasuda, Koji M Nishiguchi, Toshiaki Abe, Toru Nakazawa. Ocular microcirculation changes, measured with laser speckle flowgraphy and optical coherence tomography angiography, in branch retinal vein occlusion with macular edema treated by ranibizumab. International ophthalmology. 2021. 41. 1. 151-162
  • Hiroshi Kunikata, Masayuki Yasuda, Naoko Aizawa, Urara Osada, Koji M Nishiguchi, Toshiaki Abe, Toru Nakazawa. RETINAL SENSITIVITY AND VESSEL DENSITY AFTER MACULAR HOLE SURGERY WITH THE SUPERIOR INVERTED INTERNAL LIMITING MEMBRANE FLAP TECHNIQUE. Retina (Philadelphia, Pa.). 2021. 41. 1. 45-53
  • Eikan Mishima, Yukino Funayama, Takehiro Suzuki, Fumiko Mishima, Fumihiko Nitta, Takafumi Toyohara, Koichi Kikuchi, Hiroshi Kunikata, Junichiro Hashimoto, Mariko Miyazaki, et al. Concurrent analogous organ damage in the brain, eyes, and kidneys in malignant hypertension: reversible encephalopathy, serous retinal detachment, and proteinuria. Hypertension research : official journal of the Japanese Society of Hypertension. 2021. 44. 1. 88-97
もっと見る
MISC (225件):
  • 國方 彦志, 相澤 奈帆子, 阿部 俊明, 中澤 徹. 巨大裂孔網膜剥離41眼に対する小切開硝子体手術の治療成績と合併症. 眼科臨床紀要. 2020. 13. 10. 688-689
  • 安田 正幸, 國方 彦志, 伊藤 梓, 澤田 正二郎, 児玉 慎二郎, 黒澤 聡子, 土屋 暁子, 片桐 秀樹, 中澤 徹. 糖尿病神経障害と視神経乳頭血流波形パラメータの関連. 眼科臨床紀要. 2020. 13. 10. 693-693
  • 伊藤 梓, 國方 彦志, 澤田 正二郎, 安田 正幸, 児玉 慎二郎, 黒澤 聡子, 土屋 暁子, 片桐 秀樹, 中澤 徹. 糖尿病網膜症患者における黄斑部血管密度と頸動脈内膜中膜複合体厚の関連. 眼科臨床紀要. 2020. 13. 10. 691-691
  • 西口 康二, 国松 志保, 國方 彦志, 中澤 徹. 隅角閉塞を伴った常染色体劣性ベストロフィン症の1例. 日本眼科学会雑誌. 2020. 124. 9. 720-725
  • 新田 文彦, 國方 彦志, 大友 孝昭, 西口 康二, 阿部 俊明, 中澤 徹. 経角膜硝子体切除を併用した眼内レンズ強膜内固定術3症例の検討. 臨床眼科. 2020. 74. 5. 582-588
もっと見る
特許 (2件):
書籍 (3件):
  • 新ES NOW 8 糖尿病網膜症治療最前線 治療アプローチとテクニック
    メジカルビュ- 2011
  • 眼科研修ノート
    診断と治療社 2009
  • 眼科研修ノート
    診断と治療社 2009
講演・口頭発表等 (49件):
  • 大きな硝子体内異物に対する25G手術による無縫合異物摘出術
    (第35回日本眼科手術学会 2012)
  • トーリックIOLと網膜硝子体手術
    (宮城県眼科集談会 2012)
  • 私の硝子体手術
    (第1回Mie Junior VIT Surgeons Seminar 2011)
  • 巨大裂孔網膜剥離に対するMIVSと20G硝子体手術の比較
    (日本網膜硝子体学会2011 2011)
  • 難症例でもMIVS
    (第4回眼科臨床クイックレビュー 2011)
もっと見る
学歴 (1件):
  • 1991 - 1997 東北大学 医学科
学位 (2件):
  • 医学博士 (東北大学)
  • 博士 (Tohoku University)
経歴 (3件):
  • 2019/03 - 現在 東北大学病院 特命教授・デイサージャリーセンター長
  • 2012 - 現在 東北大学眼科 准教授
  • 2008 - 2011 東北大学眼科 講師
委員歴 (4件):
  • 2021/04 - 現在 日本眼科学会 評議員
  • 2012/06 - 現在 東北大学アイバンク 理事
  • 2011/09 - 現在 社会保険診療報酬支払基金 審査委員
  • 2008/07 - 現在 宮城県眼科医会 理事
受賞 (1件):
  • 2018/01 - 東北大学 医学部奨学賞金賞
所属学会 (4件):
宮城先進医療研究会(2010/04- 世話人) ,  日本緑内障学会 ,  日本網膜硝子体学会 ,  日本眼科学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る