研究者
J-GLOBAL ID:200901014089929686   更新日: 2018年10月30日

渡邉 豊

ワタナベ ユタカ | WATANABE Yutaka
所属機関・部署:
職名: 教授
その他の所属(所属・部署名・職名) (1件):
ホームページURL (2件): http://db.tohoku.ac.jp/whois/detail/b58d5a1a0b4f590f7a82e71cc7e12fc2.htmlhttp://db.tohoku.ac.jp/whois/e_detail/b58d5a1a0b4f590f7a82e71cc7e12fc2.html
研究分野 (3件): 機械材料・材料力学 ,  材料加工・組織制御工学 ,  原子力学
研究キーワード (1件): 量子保全工学分野
競争的資金等の研究課題 (6件):
  • 2014 - 現在 過酷事故原子炉の廃止措置におけるリスク管理
  • 2005 - 軽水炉の高経年化対応研究
  • 1991 - 産業設備の経年劣化機構と保全技術
  • 2000 - 応力腐食割れ発生の観測と機構解明
  • 1999 - 2008 超臨界水酸化環境における構造材料の環境助長劣化
全件表示
論文 (134件):
MISC (5件):
特許 (4件):
書籍 (4件):
  • 超臨界流体とナノテクノロジー
    シーエムシー出版 2004 ISBN:ISBN4-88231-461-4
  • EPR -A Comprehensive Review-
    2004 ISBN:ISBN4-9901953-0-2
  • 機械工学便覧 基礎編α3 材料力学
    日本機械学会 2005 ISBN:ISBN4-88898-124-8 C3353
  • Supercritical-Pressure Light Water Cooled Reactors
    Springer 2014 ISBN:978-4-431-55024-2
講演・口頭発表等 (33件):
  • 高温高圧水中環境助長割れ評価と局所情報計測
    (第83回日本材料学会破壊力学部門委員会講演会 1996)
  • 電流ノイズによる高温高圧水中応力腐食割れの評価
    (第113回腐食防食シンポジウムノイズアナリシスによる局部腐食予測の試み 1997)
  • フェライト系耐熱鋼の高圧過熱水蒸気酸化 - 酸化速度の鋼種・温度・圧力依存性
    (耐熱鋼の水蒸気酸化に関する研究会 1999)
  • 高温高圧水中応力腐食割れ試験における電気化学ノイズ計測および評価の現状
    (第124回腐食防食シンポジウム 電気化学ノイズ解析による腐食モニタリング 1999)
  • 材料工学の観点からの水利用 - 腐食・防食技術
    (東北サマーシンポジウム((社)日本化学工学会東北支部主催) 2000)
もっと見る
学歴 (2件):
  • - 1985 東北大学 工学部 機械工学第2
  • - 1991 東北大学 工学研究科 機械工学第2専攻
学位 (1件):
  • 工学博士 (東北大学)
経歴 (5件):
  • 1991/04 - 1993/04 日本学術振興会 特別研究員(PD)
  • 1992/06 - 1994/03 マサチューセッツ工科大学 客員研究員兼博士研究員(原子力工学科)
  • 1993/05 - 1996/05 東北大学 講師(工学部)
  • 1996/06 - 1997/03 東北大学 助教授(工学部)
  • 1997/04 - 現在 東北大学 助教授(工学研究科)大学院重点化による配置換
委員歴 (27件):
  • 2010/02 - 現在 腐食防食協会 理事
  • 2007/07 - 現在 日本原子力学会 標準委員会 発電炉専門委員会PLM分科会 委員
  • 2006/02 - 現在 腐食防食協会 評議員
  • 2005/03 - 現在 CORROSION2006 Corrosion in Supercritical Systems Symposium Vice Chair
  • 2005/01 - 現在 2006 Asian Pacific Conference for Fracture and Strength Session Developer
全件表示
受賞 (5件):
  • 2016/05 - 公益社団法人 腐食防食学会 腐食防食学会 技術賞 高温水中における応力腐食割れ発生試験方法の規格化ならびに規格改正
  • 2000/03/02 - (財)トーキン科学技術振興財団 トーキン科学技術振興財団研究奨励賞 構造用合金の腐食および応力腐食割れの制御
  • 1997/05/22 - 日本材料学会(The Society of Materials Science, Japan) 日本材料学会学術奨励賞(JSMS Award for Promising Researchers) 構造材料の経年損傷の監視および非破壊評価に関する研究 (Monitoring and nondestructive evaluation of in-service degradation ofstructural materials)
  • 1996/11/01 - (財)金属研究助成会(Kinzoku Kenkyu Foundation) 第36回原田研究奨励賞(Harada Award) 構造用合金の経年損傷の非破壊計測・評価に関する研究(Nondestructive evaluation of materials degradation in structural alloys)
  • 1995/04/01 - 日本機械学会(The Japan Society of Mechanical Engineers) 日本機械学会賞研究奨励賞(JSME Award for Young Engineers (Research)) 電気化学的手法による経年的材質劣化の非破壊評価に関する研究 (Nondestructive evaluation of in-service materials degradation by means ofelectrochemical method)
所属学会 (7件):
日本機械学会 ,  NACE ,  日本原子力学会 ,  腐食防食協会 ,  日本材料学会 ,  日本保全学会 ,  日本鉄鋼協会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る