研究者
J-GLOBAL ID:200901015971474624   更新日: 2020年06月08日

羽生 貴弘

ハニュウ タカヒロ | Hanyu Takahiro
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (2件): http://db.tohoku.ac.jp/whois/detail/fc4e8ec1fcd8a336e862f21029446dfb.htmlhttp://db.tohoku.ac.jp/whois/e_detail/fc4e8ec1fcd8a336e862f21029446dfb.html
研究分野 (1件): 情報学基礎論
研究キーワード (3件): デバイスモデル ,  多値 ,  不揮発性ロジックインメモリ
競争的資金等の研究課題 (3件):
  • 1986 - 現在 デバイスモデルベーストエレクトロニクス
  • 1986 - 現在 不揮発性ロジックインメモリVLSI技術
  • 1983 - 現在 多値集積システム
論文 (196件):
MISC (5件):
特許 (7件):
書籍 (4件):
  • Introduction to Magnetic Random-Access Memory
    Wiley-IEEE Press 2016 ISBN:9781119009740
  • Spintronics-based Computing
    Springer 2015 ISBN:9783319151793
  • VLSI 2010 Annual Symposium: Selected Papers (Lecture Notes in Electrical Engineering)
    Springer-Verlag 2011 ISBN:9400714874
  • 半導体ストレージ2012
    日経BP社 2011 ISBN:9784822265588
講演・口頭発表等 (99件):
  • 不揮発FPGAを用いた脳型情報処理アクセラレータの構成
    (信学会第2種研究会「多値論理とその応用」 2018)
  • 脳型計算に基づく非シグネチャ不正侵入検出手法
    (信学会第2種研究会「多値論理とその応用」 2018)
  • 複数個の電圧電流変換特性を用いた低電力MTJベース真性乱数生成器の設計
    (信学会第2種研究会「多値論理とその応用」 2018)
  • Contextual Cueing Model に基づく実時間画像認識プリプロセッサの検討
    (信学会第2種研究会「多値論理とその応用」 2018)
  • 時系列特徴を用いたチップ内データ転送エラー訂正手法とその可能性
    (デザインガイア2017 2017)
もっと見る
受賞 (6件):
  • 2002/11/27 - 2002年システムLSIワークショップ 優秀ポスター賞 強誘電体デバイスを用いた低電力ロジックインメモリVLSIの構成
  • 2002/06 - 2002年度(第9回)LSIデザイン・オブ・ザ・イヤー 審査員特別賞 強誘電体デバイスを用いたシステムLSI構築技術
  • 2000/05 - (社)情報処理学会 坂井記念特別賞
  • 1988/05 - IEEE International Symposium on Multiple-Valued Logic Distinctive Contribution Award
  • 1988/02 - 丹羽記念会 丹羽記念賞
全件表示
所属学会 (4件):
計測自動制御学会 ,  情報処理学会 ,  電子情報通信学会 ,  米国電気電子工学会(The Institute of Electrical and Electronics Engineers)
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る