研究者
J-GLOBAL ID:200901016239024744   更新日: 2019年04月13日

井町 寛之

イマチ ヒロユキ | IMACHI Hiroyuki
所属機関・部署:
職名: 主任研究員
ホームページURL (1件): http://www.jamstec.go.jp/j/
研究分野 (4件): 生態・環境 ,  生物多様性・分類 ,  土木環境システム ,  応用微生物学
研究キーワード (2件): 微生物生態学 ,  環境微生物
競争的資金等の研究課題 (16件):
  • 2015 - 2019 生物界の暗黒物質「未知アーキア」の解明-分離培養で開拓する多様な新生物機能-
  • 2013 - 2015 高圧培養による深海底由来メタン菌が生成するメタンの同位体組成の再評価
  • 2013 - 2015 超高感度FISH法を利用した未知メタン菌の生理・遺伝学的特徴の解明
  • 2012 - 2015 マンガン酸化微生物共生系とバイオリアクターを利用した海水中からのレアメタル回収
  • 2012 - 2015 アーキアハンティング:純粋分離で解明する培養困難な未知アーキアの新生物機能
全件表示
論文 (117件):
  • Hiroyuki Imachi, Eiji Tasumi, Yoshihiro Takaki, Tatsuhiko Hoshino, Florence Schubotz, Shuchai Gan, Tzu-Hsuan Tu, Yumi Saito, Yuko Yamanaka, Akira Ijiri, Yohei Matsui, Masayuki Miyazaki, Yuki Morono, Ken Takai, Kai-Uwe Hinrichs, Fumio Inagaki. Cultivable microbial community in 2-km-deep, 20-million-year-old subseafloor coalbeds through ~1000 days anaerobic bioreactor cultivation. Scientific Reports. 2019
  • Aggregatilinea lenta gen. nov., sp. nov., a slow-growing, facultatively anaerobic bacterium isolated from subseafloor sediment, and proposal of the new order Aggregatilineales ord. nov. within the class Anaerolineae of the phylum Chloroflexi. International Journal of Systematic and Evolutionary Microbiology. 2019
  • Nozomi Nakahara, Yoshihiro Takaki, Miyuki Ogawara, Takashi Yamaguchi, Ken Takai, Hiroyuki Imachi. Complete genome sequence of Pelolinea submarina MO-CFX1T within the phylum Chloroflexi, isolated from subseafloor sediment. Marine Genomics. 2018
  • Takano Yoshinori, Chikaraishi Yoshito, Imachi Hiroyuki, Miyairi Yosuke, Ogawa Nanako O, Kaneko Masanori, Yokoyama Yusuke, Kruger Martin, Ohkouchi Naohiko. Insight into anaerobic methanotrophy from 13C/12C- amino acids and 14C/12C-ANME cells in seafloor microbial ecology. Scientific Reports. 2018. 8. 1. 14070
  • Hidalgo Catalina A, Nobu Masaru K, Narihiro Takashi, Tamaki Hideyuki, Liu Wen-Tso, Kamagata Yoichi, Stams Alfons J M, Imachi Hiroyuki, Sousa Diana Z. Novel energy conservation strategies and behavior of Pelotomaculum schinkii driving syntrophic propionate catabolism. Environmental Microbiology. 2018
もっと見る
MISC (42件):
もっと見る
特許 (7件):
書籍 (3件):
  • 複合微生物系の産業利用と新産業創出
    シーエムシー出版 2006
  • バイオガスの最新技術
    2008
  • Developments in Marine Geology
    Elsevier 2014
講演・口頭発表等 (222件):
  • 高温UASBプロセスにおける絶対嫌気プロピオン酸酸化共生系の解析
    (日本水環境学会年会講演集 1999)
  • 高温嫌気性廃水処理におけるプロピオン酸酸化共生細菌の検索
    (土木学会年次学術講演会講演概要集 第7部 1999)
  • 嫌気性廃水処理におけるプロピオン酸分解共生系の解析
    (日本微生物生態学会講演要旨集 1999)
  • C-118 高温嫌気性汚泥から分離した新規プロピオン酸酸化共生細菌(水圏生態系-4、水処理生態系-3,ポスター発表)
    (日本微生物生態学会講演要旨集 2000)
  • 230 高温嫌気性廃水処理汚泥から分離した新規高温性絶対嫌気プロピオン酸酸化共生細菌 : その生理学的特徴とグラニュール汚泥内空間分布の解明
    (日本生物工学会大会講演要旨集 2000)
もっと見る
学歴 (4件):
  • 1991 - 1996 徳山工業高等専門学校 土木建築工学科
  • 1996 - 1998 長岡技術科学大学 工学部 環境システム工学課程
  • 1998 - 2000 長岡技術科学大学大学院 工学研究科 環境システム工学専攻
  • 2000 - 2003 長岡技術科学大学大学院 工学研究科 エネルギー・環境工学専攻
学位 (1件):
  • 博士(工学) (長岡技術科学大学)
経歴 (5件):
  • 2001/04 - 2003/03 日本学術振興会 特別研究員(DC2)
  • 2003/04 - 2006/03 長岡技術科学大学 助手
  • 2006/04 - 2009/03 独立行政法人海洋研究開発機構 研究員
  • 2011/07 - 2013/02 カリフォルニア工科大学 客員研究員
  • 2009/04 - 現在 国立研究開発法人海洋研究開発機構 主任研究員
委員歴 (7件):
  • 2019/01 - 現在 日本微生物生態学会 評議委員
  • 2017/04 - 現在 Microbes and Environments Managing Editor
  • 2013/06 - 現在 文部科学省科学技術政策研究所科学技術動向研究センター 専門調査官
  • 2013/04 - 2017/03 日本微生物生態学 評議委員
  • 2010/04 - 2011/03 日本水環境学会 ポピュレーションダイナミクス委員会委員
全件表示
受賞 (12件):
  • 2017/05 - Japan Geoscience Union JpGU-AGU Joint Meeting 学生優秀発表賞
  • 2013 - The 5th TJK (Taiwan-Japan-Korea) International Symposium on Microbial Ecology, Poster award
  • 2012 - 第29回土木学会新潟会研究調査発表会 土屋雷蔵賞
  • 2011/08 - The International Society for Subsurface Microbiology (ISSM) Poster Prize
  • 2010 - 日本水環境学会 年会優秀発表賞 (クリタ賞)
全件表示
所属学会 (2件):
アメリカ微生物学会 ,  日本微生物生態学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る