研究者
J-GLOBAL ID:200901017612492334   更新日: 2020年08月29日

指田 勝男

サシダ カツオ | Katsuo Sashida
研究分野 (2件): 固体地球科学 ,  地球生命科学
競争的資金等の研究課題 (2件):
  • 1981 - コノドント古生物学、コノドント及び中古生代放散虫を用いた東南アジアの地史の解明
  • 中・古生代放散虫の生層序・分類学的研究
論文 (155件):
  • Inose, Hiroaki, Furuuchi, Kaoru, Ito, Tsuyoshi, Sashida, Katsuo, Agematsu, Sachiko. Radiolarian fossils from conglomerate layers of the Upper Cretaceous Nakaminato Group exposed along the Pacific coast of Ibaraki Prefcture, central Japan:Staged denudation of the mid-Mesozoic accretionary complexes in the Kanto District. Paleontological Research. 2018. 22. 4. 307-325
  • Matsui, Kumiko, Kimura, Yuri, Nagata, Mitsuhiro, Inose, Hiroaki, Ikeda, Kazuya, Beatty, Brian Lee, Obayashi, Hideyuki, Hirata, Takafumi, Otoh, Shigeru, Shinmura, Tatsuya, et al. A long-gorgotten "dinosaur" bone from a museum cabinet, uncovered to be a Japan's iconic extonct mammal, Paleoparadoxia (Desmostylia, Mammalia). Royal Society Open Science. 2018. 5. 7
  • Sashida,Katsuo. Tethyan and non-Tethyan Early Cretaceous radiolarian faunas from West Timor, Indonesia. Earth Evolution Sciences, University of Tsukuba. 2018. 12. 3-12
  • Agematsu, Sachiko, Uesugi, Kentaro, Sano, Hiroyoshi, Sashida, Katsuo. Reconstruction of the multielement apparatus of the earliest Triassic conodont, Hindeodus parvus, using synchrotron radiation X-ray micro-tomography. Journal of Paleontology. 2017. 91. 1220-1227
  • Kaito Asato, Tomoki Kase, Teruo Ono, Katsuo Sashida, Sachiko Agematsu. Morphology, systematics and paleoecology of Shikamaia, aberrant Permian bivalves (Alatoconchidae: Ambonychioidea) from Japan. PALEONTOLOGICAL RESEARCH. 2017. 21. 4. 358-379
もっと見る
書籍 (6件):
  • Tethyan and non-Tethyan Early Cretaceous radiolarian faunas from West Timor, Indonesia.
    2018
  • 現代人のための統合科学
    筑波大学出版会 2012
  • 古生代ほか16件
    古生物学事典 2010
  • 地球学シリーズ2 地球進化学 地球の歴史を調べ、考え、そして将来を予測するために
    古今書院 2007
  • 東京都指定天然記念物(地質鉱物)現況報告書
    東京都教育庁生涯学習文化課 1998
もっと見る
講演・口頭発表等 (5件):
  • 足尾帯の中部三畳系珪質岩に貫入した堆積同時性玄武岩シル(1)--産状
    (日本地質学会 2017)
  • 足尾帯の中部三畳系珪質岩に貫入した堆積同時性玄武岩シル(2):全岩化学組成から推定される起源
    (日本地質学会 2017)
  • 花粉層序に基づいた後期白亜紀足羽植物群の年代の再検討
    (日本地質学会 2017)
  • 寒冷化を伴う大量絶滅イベント:同位体比組成からの制約-オルドビス紀末イベントを典型例として
    (日本地球惑星科学連合2017年大会 2017)
  • オルドビス紀末の大量絶滅を引き起こした環境変動 : 硫黄・炭素同位体比組成からの制約
    (日本地球化学会年会 2016)
Works (12件):
  • タイ国北東部コラット地域の恐竜足跡化石の研究
    指田, 勝男 2012 - 2012
  • タイ国西部の地質調査
    指田, 勝男 2011 - 2011
  • マレーシア国ランカビ島の地質調査
    指田, 勝男 2009 - 2009
  • カナダカッシェクリーク地域の地質調査
    指田, 勝男 2009 - 2009
  • タイ国北東部古生界の地質調査
    指田, 勝男 2009 - 2009
もっと見る
経歴 (4件):
  • 1990 - 2001 筑波大学 助教授
  • 2001 - 筑波大学 教授
  • 1980 - 1990 筑波大学 助手
  • 筑波大学 生命環境系 教授
受賞 (1件):
  • 2001 - 日本古生物学会学術賞
所属学会 (6件):
Pander Society ,  International Association of Radiolarian Paleontologists ,  日本地質学会 ,  日本古生物学会 ,  東京地学協会 ,  Paleontological Society
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る