研究者
J-GLOBAL ID:200901018266584630   更新日: 2019年10月07日

高尾 雄二

タカオ ユウジ | TAKAO Yuji
所属機関・部署:
職名: 教授
その他の所属(所属・部署名・職名) (1件):
  • 長崎大学  環境科学部 環境保全設計学系   教授
研究分野 (3件): 環境影響評価・環境政策 ,  分析化学 ,  機能物質化学
研究キーワード (1件): 環境分析化学
競争的資金等の研究課題 (1件):
  • 1997 - 環境中の有害有機化合物の分析と動態解析
論文 (91件):
  • Ishibashi H, Uchida M, Yoshimoto K, Imamura Y, Yamamoto R, Ikenaka Y, Kawai M, Ichikawa N, Takao Y, Tominaga N, Ishibashi Y, Arizono K. Occurrence and seasonal variation of equine estrogens, equilin and equilenin, in the river water of Japan: Implication with endocrine-disrupting potentials to Japanese medaka (Oryzias latipes). Environmental pollution (Barking, Essex : 1987). 2018. 239. 281-288
  • Nakagawa Kei, Amano Hiroki, Takao Yuji, Hosono Takahiro, Berndtsson Ronny. On the use of coprostanol to identify source of nitrate pollution in groundwater. JOURNAL OF HYDROLOGY. 2017. 550. 663-668
  • Wang Q, Kobayashi K, Wang W, Ruan J, Nakajima D, Yagishita M, Lu S, Zhang W, Suzuki M, Saitou T, Sekiguchi K, Sankoda K, Takao Y, Nagae M, Terasaki M. Size distribution and sources of 37 toxic species of particulate polycyclic aromatic hydrocarbons during summer and winter in Baoshan suburban area of Shanghai, China. The Science of the total environment. 2016. 566-567. 1519-1534
  • Takase M, Shinto H, Takao Y, Iguchi T. Accumulation and pharmacokinetics of estrogenic chemicals in the pre- and post-hatch embryos of the frog Rana rugosa. In vivo (Athens, Greece). 2012. 26. 6. 913-920
  • Oku Shota, Nishiyama Masaya, Takao Yuji. Selective isolation of bacteria from soil with hydrophobic materials. WORLD JOURNAL OF MICROBIOLOGY & BIOTECHNOLOGY. 2011. 27. 8. 1941-1945
もっと見る
MISC (267件):
  • 長江真樹, 森脇円華, 山城加奈子, 飯野大輔, 加島未奈子, 高尾雄二, 鑪迫典久, 井口泰泉. 日本に棲息する2種メダカ(O.latipesおよびO.sakaizumii)の性ホルモン応答性比較. 日本内分泌かく乱化学物質学会研究発表会要旨集. 2018. 21st. 71
  • 加島未奈子, 飯野大輔, 今西颯, 柴田南, 高尾雄二, 長江真樹. メダカ臀鰭二次性微形質のEDCsバイオマーカーへの利用. 日本内分泌かく乱化学物質学会研究発表会要旨集. 2018. 21st. 51
  • 久原憧子, 張甜甜, 長江真樹, 久保隆, 高尾雄二. 越境大気に含まれるヘテロサイクリックアミン類の分析. 大気環境学会年会講演要旨集. 2018. 59th. 441
  • 海田凌, 木本冴, 柏ぶん志, 長江真樹, 久保隆, 高尾雄二. 長崎県で捕集された大気中の多環芳香族炭化水素濃度と遺伝子毒性の季節変化と経年変化. 大気環境学会年会講演要旨集. 2018. 59th. 400
  • 長江真樹, 森岡美咲, 三島和也, 加島未奈子, 宮崎志穂, 征矢野清, 高尾雄二. 下水処理排水に含まれる粒子状物質による性ホルモン遮断作用. 環境化学討論会要旨集(CD-ROM). 2018. 27th. ROMBUNNO.P-066
もっと見る
特許 (4件):
書籍 (4件):
  • Semiconductor Trimethylamine Sensors to Detect Fish Freshness(jointly worked)
    Chemical Sensor Technology 1994
  • Relationship between Concentration of Chemical Substances in Estuarine Sediments and Concentration of Vitellogenin in Mudskipper (Periophthalmus modestus) and Common Goby (Acanthogobius flavimanus) Serum
    TERRAPUB 2010
  • Estrogenic Activity in Estuaries by Measuring Serum Vitellogenin Concentration of Japanese Male Common Goby in Northwestern Part of Kyushu
    TERRAPUB 2010
  • Contaminations by Endocrine Disruptiong Chemicals in Coastal Waters of the East China Sea
    TERRAPUB 2010
講演・口頭発表等 (115件):
  • ビスフェノールAならびにノニルフェノールを含む海水中で飼育した海産魚中の体内蓄積とその分布
    (第9回環境化学討論会 2000)
  • GC/MS分析のためのインディルビンのトリメチルシリル化
    (第5回外因性内分泌攪乱化学物質学会研究発表会 2002)
  • キンギョにおけるビスフェノール A および抱合化ビスフェノール A の動態解析
    (第5回外因性内分泌攪乱化学物質学会研究発表会 2002)
  • ダイオキシン類削減のための新燃焼方式小型焼却炉の開発研究
    (第13回廃棄物学会研究発表会 2002)
  • Development of Dioxin Control Type Small Sized Incinerator with New Combustion System
    (DIOXIN 2003 2003)
もっと見る
Works (22件):
  • ニオイ識別のための半導体ガスセンサシステムの開発
    1991 - 1992
  • 耐酸化性炭素系複合材料の開発に関する基礎的研究
    1991 - 1993
  • 高感度・高選択制半導体鮮度センサの開発
    1992 - 1993
  • においセンサ開発のための半導体ガスセンサの機能設計
    1993 - 1996
  • 炭化ケイ素ウィスカ-から発生する低温プラズマを利用した環境汚染ガスの分解
    1994 - 1995
もっと見る
学歴 (2件):
  • - 1986 長崎大学 工学部 材料工学科
  • - 1989 長崎大学 工学研究科 材料工学
学位 (2件):
  • 博士(工学) (長崎大学大学院生産科学研究科)
  • 工学修士
経歴 (2件):
  • 2011 - 長崎大学大学院水産・環境科学総合研究科環境科学領域 教授
  • 2011 - 長崎大学環境科学部環境保全設計学系 教授
委員歴 (2件):
  • 2005 - 長崎市廃棄物処理施設専門委員会 委員(2005)
  • 2009 - 長崎市屋外広告物審議会 委員(2009)
受賞 (4件):
  • 1997 - 日本化学会年会シンポジウム賞
  • 2001 - 電気化学会論文賞
  • 2011 - 第18回環境化学論文賞
  • 2012 - ファイザー賞(高頻度被引用論文賞)
所属学会 (5件):
日本環境化学会 ,  大気環境学会 ,  日本水環境学会 ,  日本内分泌学会撹乱化学物質学会 ,  日本毒性学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る