研究者
J-GLOBAL ID:200901018266584630   更新日: 2020年05月21日

高尾 雄二

タカオ ユウジ | Takao Yuji
所属機関・部署:
職名: 教授
その他の所属(所属・部署名・職名) (1件):
  • 長崎大学  環境科学部 環境保全設計学系   教授
研究分野 (4件): 機能物性化学 ,  分析化学 ,  環境政策、環境配慮型社会 ,  環境影響評価
研究キーワード (1件): 環境分析化学
競争的資金等の研究課題 (1件):
  • 1997 - 環境中の有害有機化合物の分析と動態解析
論文 (81件):
  • Takao Yuji, Atarashi Takumi, Kubo Takashi, Nagae Masaki, Nakayama Tomoki. Quantification of Imidazole Compounds in Ambient Aerosols at Suburban and Forest Sites in Western Japan. ASIAN JOURNAL OF ATMOSPHERIC ENVIRONMENT. 2019. 13. 4. 259-265
  • Song J, Nagae M, Takao Y, Soyano K. Field survey of environmental estrogen pollution in the coastal area of Tokyo Bay and Nagasaki City using the Japanese common goby Acanthogobius flavimanus. Environmental pollution (Barking, Essex : 1987). 2019. 258. 113673
  • Nakagawa K, Amano H, Be, tsson R, Takao Y, Hosono T. Use of sterols to monitor surface water quality change and nitrate pollution source. Ecological Indicators. 2019. 107
  • Ishibashi H, Uchida M, Yoshimoto K, Imamura Y, Yamamoto R, Ikenaka Y, Kawai M, Ichikawa N, Takao Y, Tominaga N, Ishibashi Y, Arizono K. Occurrence and seasonal variation of equine estrogens, equilin and equilenin, in the river water of Japan: Implication with endocrine-disrupting potentials to Japanese medaka (Oryzias latipes). Environmental pollution (Barking, Essex : 1987). 2018. 239. 281-288
  • Wang Qingyue, Kobayashi Keisuke, Wang Weiqian, Ruan Jie, Nakajima Daisuke, Yagishita Mayuko, Lu Senlin, Zhang Wenchao, Suzukia Miho, Saitou Tomoya, Sekiguchi Kazuhiko, Sankoda Kenshi, Takao Yuji, Nagae Masaki, Terasaki Masanori. Size distribution and sources of 37 toxic species of particulate polycyclic aromatic hydrocarbons during summer and winter in Baoshan suburban area of Shanghai, China (Retraction of Vol 566, Pg 1519, 2016). SCIENCE OF THE TOTAL ENVIRONMENT. 2018. 626. 1507
もっと見る
MISC (311件):
  • 尾長谷靖, 河野哲也, 福島千鶴, 高尾雄二, 迎寛. ダニ抗原感作喘息マウスモデルを用いた喘息発症におけるPM2.5曝露の関与の検討. アレルギー. 2019. 68. 4/5. 587
  • 長江真樹, 森脇円華, 山城加奈子, 飯野大輔, 加島未奈子, 高尾雄二, 鑪迫典久, 井口泰泉. 日本に棲息する2種メダカ(O.latipesおよびO.sakaizumii)の性ホルモン応答性比較. 日本内分泌かく乱化学物質学会研究発表会要旨集. 2018. 21st. 71
  • 加島未奈子, 飯野大輔, 今西颯, 柴田南, 高尾雄二, 長江真樹. メダカ臀鰭二次性微形質のEDCsバイオマーカーへの利用. 日本内分泌かく乱化学物質学会研究発表会要旨集. 2018. 21st. 51
  • 久原憧子, 張甜甜, 長江真樹, 久保隆, 高尾雄二. 越境大気に含まれるヘテロサイクリックアミン類の分析. 大気環境学会年会講演要旨集. 2018. 59th. 441
  • 海田凌, 木本冴, 柏ぶん志, 長江真樹, 久保隆, 高尾雄二. 長崎県で捕集された大気中の多環芳香族炭化水素濃度と遺伝子毒性の季節変化と経年変化. 大気環境学会年会講演要旨集. 2018. 59th. 400
もっと見る
特許 (4件):
書籍 (4件):
  • Contaminations by Endocrine Disruptiong Chemicals in Coastal Waters of the East China Sea
    TERRAPUB 2010
  • Estrogenic Activity in Estuaries by Measuring Serum Vitellogenin Concentration of Japanese Male Common Goby in Northwestern Part of Kyushu
    TERRAPUB 2010
  • Relationship between Concentration of Chemical Substances in Estuarine Sediments and Concentration of Vitellogenin in Mudskipper (Periophthalmus modestus) and Common Goby (Acanthogobius flavimanus) Serum
    TERRAPUB 2010
  • Semiconductor Trimethylamine Sensors to Detect Fish Freshness(jointly worked)
    Chemical Sensor Technology 1994
講演・口頭発表等 (115件):
  • 長崎県で捕集された大気中の多環芳香族炭化水素濃度と遺伝子毒性の季節変化と経年変化
    (大気環境学会年会講演要旨集 2018)
  • 越境大気に含まれるヘテロサイクリックアミン類の分析
    (大気環境学会年会講演要旨集 2018)
  • 下水処理排水に含まれる粒子状物質による性ホルモン遮断作用
    (環境化学討論会要旨集(CD-ROM) 2018)
  • ミナミメダカ臀鰭鰭条における性特異的形質発現に関与する性ホルモン受容体サブタイプの探索
    (日本内分泌かく乱化学物質学会研究発表会要旨集 2017)
  • 越境大気汚染物質のミジンコ急性・慢性毒性の周年変化とPAHsの影響
    (大気環境学会年会講演要旨集 2017)
もっと見る
Works (22件):
  • 東アジアにおける大気越境化学物質の動態および生物影響に関する国際的調査
    2009 - 2012
  • 地方の漁港底質に高濃度蓄積する有機スズ化合物および代替塗料の現状調査
    2008 - 2011
  • 東アジアにおける魚類の環境ホルモン国際共同調査と研究者ネットワークの構築
    2006 - 2009
  • 「にがり」を中心としたマグネシウムの食品栄養学的研究
    2006 - 2007
  • 各種生物浄化資材の一斉比較による費用対効果の比較検討
    2005 - 2006
もっと見る
学歴 (2件):
  • - 1989 長崎大学 工学研究科 材料工学
  • - 1986 長崎大学 工学部 材料工学科
学位 (2件):
  • 博士(工学) (長崎大学大学院生産科学研究科)
  • 工学修士
経歴 (2件):
  • 2011 - 長崎大学環境科学部環境保全設計学系 教授
  • 2011 - 長崎大学大学院水産・環境科学総合研究科環境科学領域 教授
委員歴 (2件):
  • 2009 - 長崎市屋外広告物審議会 委員(2009)
  • 2005 - 長崎市廃棄物処理施設専門委員会 委員(2005)
受賞 (4件):
  • 2012 - ファイザー賞(高頻度被引用論文賞)
  • 2011 - 第18回環境化学論文賞
  • 2001 - 電気化学会論文賞
  • 1997 - 日本化学会年会シンポジウム賞
所属学会 (5件):
日本毒性学会 ,  日本内分泌学会撹乱化学物質学会 ,  日本水環境学会 ,  大気環境学会 ,  日本環境化学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る