研究者
J-GLOBAL ID:200901019856190073   更新日: 2020年10月18日

紺屋 恵子

コンヤ ケイコ | Konya Keiko
所属機関・部署:
職名: 研究員
ホームページURL (1件): http://www.jamstec.go.jp/iace/j/agcru/
研究分野 (2件): 大気水圏科学 ,  環境動態解析
研究キーワード (2件): 気象 ,  氷河
競争的資金等の研究課題 (3件):
  • 2016 - 2019 雪​氷​上​に​存​在​す​る​不​純​物​中​の​各​成​分​が​表​面​ア​ル​ベ​ド​へ​影​響​す​る​割​合​の​評​価
  • 2012 - 2016 ア​ル​タ​イ​山​脈​氷​河​群​の​質​量​収​支​が​温​暖​化​に​対​し​て​示​す​応​答​性​の​評​価
  • 2012 - 2013 地球温暖化による氷河の変動が内陸河川水へ与える影響の評価
論文 (10件):
もっと見る
MISC (2件):
  • 高橋 修平, Pavel Konstantinov, 白川 龍生, 門田 勤, 矢吹 裕伯, 紺屋 恵子, 大畑 哲夫, 榎本 浩之, 竹内 望, Alexander Fedorov. 東シベリア・スンタルハヤタ地域氷河の気候変化応答の考察. 雪氷研究大会. 2012. 2012. 0
  • 白川 龍生, 紺屋 恵子, 竹内 望, Alexander Fedorov, Pavel Konstantinov, 門田 勤, 日下 稜, 田中 聡太, 宮入 匡矢, 高橋 修平, et al. 東シベリア・スンタルハヤタ地域氷河調査(2012年). 雪氷研究大会. 2012. 2012. 0
Works (6件):
  • Black carbon, observational and experimental research
    紺屋 恵子 2012 - 現在
  • Meteorological and glaciological research in the Arctic
    紺屋 恵子 2010 - 現在
  • Glacier research in Momgolia
    紺屋 恵子 2007 - 2013
  • Glacier research in Patagonia
    紺屋 恵子 2006 - 2007
  • Meteorological and glaciological researcn on Storglaciären
    2003 - 2006
もっと見る
学歴 (1件):
  • - 2006 北海道大学 地圏環境科学専攻
学位 (1件):
  • 博士(地球環境科学) (北海道大学)
委員歴 (3件):
  • - 現在 日本地球惑星科学連合 ダイバーシティ委員
  • 日本地球惑星科学連合 広報普及委員
  • 日本雪氷学会 雪氷編集委員会
所属学会 (5件):
International Glaciological Society ,  日本気象学会 ,  東北地理学会 ,  日本雪氷学会 ,  American Geophysical Union
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る