研究者
J-GLOBAL ID:200901019856190073   更新日: 2022年06月30日

紺屋 恵子

コンヤ ケイコ | Konya Keiko
所属機関・部署:
職名: 研究員
ホームページURL (1件): http://www.jamstec.go.jp/iace/j/agcru/
研究分野 (2件): 大気水圏科学 ,  環境動態解析
研究キーワード (4件): 温室効果ガス ,  エアロゾル ,  気象 ,  氷河
競争的資金等の研究課題 (3件):
  • 2016 - 2019 雪​氷​上​に​存​在​す​る​不​純​物​中​の​各​成​分​が​表​面​ア​ル​ベ​ド​へ​影​響​す​る​割​合​の​評​価
  • 2012 - 2016 ア​ル​タ​イ​山​脈​氷​河​群​の​質​量​収​支​が​温​暖​化​に​対​し​て​示​す​応​答​性​の​評​価
  • 2012 - 2013 地球温暖化による氷河の変動が内陸河川水へ与える影響の評価
論文 (11件):
MISC (14件):
  • 田中聡太, 竹内望, 宮入匡矢, 藤澤雄太, 門田勤, 白川龍生, 日下稜, 高橋修平, 榎本浩之, 大畑哲夫, et al. 東シベリア・スンタルハヤタ地域の山岳氷河の雪氷藻類群集-3年間の調査結果から-. 日本地球惑星科学連合大会予稿集(Web). 2015. 2015
  • 榎本浩之, 榎本浩之, 佐藤篤司, ALIMASI Nuerasimuguli, ALIMASI Nuerasimuguli, 津滝俊, 津滝俊, 永塚尚子, YON Chang, 平沢尚彦, et al. GRENE北極気候変動研究プロジェクトにおける雪氷研究の取り組み2014. 極域科学シンポジウム講演予稿集(CD-ROM). 2014. 5th
  • 紺屋恵子, 門田勤, GOMBO Davaa, KALZAN Purevdagva, 大畑哲夫, 矢吹裕伯. モンゴル・アルタイ地域の氷河流出河川の流量と成分の変動. 雪氷研究大会講演要旨集. 2013. 2013
  • 白川龍生, 門田勤, 中澤文男, 日下稜, 宮入匡矢, 藤澤雄太, 高橋修平, 榎本浩之, 大畑哲夫, 矢吹裕伯, et al. 東シベリア・スンタルハヤタ地域氷河調査(2013年). 雪氷研究大会講演要旨集. 2013. 2013
  • 宮入匡矢, 竹内望, 藤澤雄太, 門田勤, 白川龍生, 日下稜, FEDOROV Alexander, KONSTANTINOV Pavel, 高橋修平, 大畑哲夫, et al. シベリア・スンタルハヤタNo.31氷河で掘削したアイスコアの花粉,化学成分,酸素安定同位体比,雪氷藻類分析. 雪氷研究大会講演要旨集. 2013. 2013
もっと見る
Works (6件):
  • Black carbon, observational and experimental research
    紺屋 恵子 2012 - 現在
  • Meteorological and glaciological research in the Arctic
    紺屋 恵子 2010 - 現在
  • Glacier research in Momgolia
    紺屋 恵子 2007 - 2013
  • Glacier research in Patagonia
    紺屋 恵子 2006 - 2007
  • Meteorological and glaciological researcn on Storglaciären
    2003 - 2006
もっと見る
学歴 (2件):
  • - 2006 北海道大学 地圏環境科学専攻
  • 1996 - 2000 東北大学 地圏環境科学科
学位 (1件):
  • 博士(地球環境科学) (北海道大学)
委員歴 (2件):
  • - 現在 日本地球惑星科学連合 ダイバーシティ委員
  • 日本地球惑星科学連合 広報普及委員
受賞 (1件):
  • 2008/01 - 中​谷​宇​吉​郎​科​学​奨​励​賞
所属学会 (5件):
International Glaciological Society ,  日本気象学会 ,  東北地理学会 ,  日本雪氷学会 ,  American Geophysical Union
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る