研究者
J-GLOBAL ID:200901023188658472   更新日: 2022年07月31日

安倍 賢一

アベ ケンイチ | Abe Ken'ichi
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (1件): http://hyoka.ofc.kyushu-u.ac.jp/search/faculty2_j.cgi?ID=K001413
研究分野 (1件): 計算科学
研究キーワード (3件): 乱流現象 ,  数値流体力学 ,  乱流予測技術
競争的資金等の研究課題 (4件):
  • 2019 - 2022 極めて高いレイノルズ数の非定常乱流解析実現に向けた課題の明確化とその解決策の提案
  • 2016 - 2019 乱流特性スケールを反映した接続関数の導入による高性能ハイブリッド乱流モデルの構築
  • 2012 - 2015 壁面近傍の渦構造特性を反映させた非定常複雑乱流解析用高性能乱流モデルの構築
  • 2003 - 2005 木星大気へ突入する探査機のアブレーションによる空力加熱低減に関する研究
論文 (83件):
もっと見る
MISC (5件):
  • 平田 尚也, 野澤 創平, 高橋 裕介, 山田 雅隆, 木原 尚, 安倍 賢一. G201 超軌道再突入環境における軽量アプレータの熱応答解析(GS2-1 翼・飛しょう体・空力,一般セッション). 流体工学部門講演会講演論文集. 2012. 2012. 467-468
  • 高橋 裕介, 木原 尚, 安倍 賢一. 1715 大型アーク加熱風洞の気流予測における乱流モデルの影響に関する一考察(OS17-3 超音速流と衝撃波,オーガナイズドセッション). 流体工学部門講演会講演論文集. 2010. 2010. 507-508
  • 佐藤 一寿, 安倍 賢一, 木原 尚, 桜井 晃, 大屋 裕二, 西田 迪雄, 松原 学, 和田 英一. つば付きディフューザ風車後流の実験的研究(OS10-1自然の流体エネルギー利用技術(風力発電1)). 流体工学部門講演会講演論文集. 2004. 2004. 167-167
  • 亀山 剛, 木原 尚, 安倍 賢一, 西田 迪雄. 108 高エンタルピ空気の熱化学的非平衡ノズル流. 流体工学部門講演会講演論文集. 2003. 2003. 10-10
  • 中園 大作, 安倍 賢一, 西田 迪雄, 栗田 興一. 界面反応を伴う超音速酸素ジェットの浴面インピンジメント. 材料とプロセス : 日本鉄鋼協会講演論文集 = Current advances in materials and processes : report of the ISIJ meeting. 2003. 16. 1. 148-148
講演・口頭発表等 (61件):
  • On the Role of Anisotropic Term in Subgrid-scale Model for Enhancing Energy Spectrum in High-wavenumber Region
    (Proceedings of The 72nd Annual Meeting of the APS Division of Fluid Dynamics, Seattle, Paper No. B19.06, 2019 2019)
  • Performance of a Hybrid LES/RANS Model Combined with a Wall Function for Predicting Quite High Reynolds-number Turbulent Channel Flows up to Re_tau = 6x10<sup>7</sup>
    (Proceedings of the Asian Symposium on Computational Heat Transfer and Fluid Flow-2019, Tokyo, Paper No. I314, 2019 2019)
  • Investigation of the Effect of an Anisotropy-Resolving Subgrid-Scale Model on Budgets of the Reynolds Stresses
    (Proceedings of 11th International Symposium on Turbulence and Shear Flow Phenomena, Southampton, Paper No. P21, 2019 2019)
  • Performance of an Anisotropy-Resolving Hybrid LES/RANS Model for High Reynolds-Number Turbulent Channel Flows up to Re_tau = 2x10<sup>5</sup>
    (Proceedings of 9th International Symposium on Turbulence, Heat and Mass Transfer, Rio de Janeiro, Paper No. S13.1 2018)
  • Numerical Study on the Condensed and Frozen Water Vapor on a Flat Plate Using an Open Source Code
    (Proceedings of the 48th AIAA Fluid Dynamics Conference, 2018 AIAA Aviation and Aeronautics Forum and Exposition, Atlanta, Paper No. 53-ASE-3 2018)
もっと見る
学位 (2件):
  • 博士(工学)
  • Doctor of Engineering
受賞 (8件):
  • 2016/02 - 日本流体力学会 日本流体力学会フェロー
  • 2016/02 - 日本流体力学会 フェロー
  • 2015/11 - 日本機械学会 日本機械学会流体工学部門貢献表彰
  • 2015/11 - 日本機械学会 流体工学部門貢献表彰
  • 2015/01 - 日本機械学会 日本機械学会フェロー
全件表示
所属学会 (4件):
自動車技術会 ,  日本流体力学会 ,  日本機械学会 ,  日本航空宇宙学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る