研究者
J-GLOBAL ID:200901023603050965   更新日: 2020年05月25日

竹内 麻希子

Takeuchi Akiko
研究分野 (3件): 農業環境工学、農業情報工学 ,  計測工学 ,  光工学、光量子科学
研究キーワード (7件): 農産物 ,  太陽電池 ,  ラマン分光 ,  植生 ,  分光 ,  蛍光 ,  レーザー
競争的資金等の研究課題 (13件):
  • 2019 - 2024 ものづくり地方都市における工学系女性研究者の育成・支援
  • 2016 - 2021 新潟 地方創生・女性研究者の活躍促進に向けたイニシアティブ構想
  • 2019 - 2020 表面改質処理を施したCZTS系化合物半導体の光学的評価
  • 2019 - 2020 光学的評価を用いた薄膜太陽電池材料のためのCdS/CZTS界面の構造評価
  • 2019 - 2020 太陽電池材料のためのCu2ZnSnS4バルク多結晶のラマン分光法を用いた構造評価II
全件表示
論文 (21件):
  • 坪井 大, 大石 耕一郎, 涌井 孝太郎, 石月 尚宏, 竹内 麻希子, 青柳 成俊, 尾崎 俊二, 島宗 洋介, 片桐 裕則. 太陽電池への応用に向けたCu2ZnSnS4バルク結晶の物性評価. 平成30年度 応用物理学会「多元系化合物・太陽電池研究会」年末講演会論文集. 2020. 31-34
  • Shohei Sasagawa, Genki Nishida, Akiko Takeuchi, Hironori Katagiri, Hideaki Araki. Effect of sodium addition on Cu2SnS3 thin-film solar cells fabricated on alkali-free glass substrates. Japanese Journal of Applied Physics. 2018. 57. 8S3. 08RC11
  • Yosuke Shimamune, Kazuo Jimbo, Genki Nishida, Masanari Murayama, Akiko Takeuchi, Hironori Katagiri. Effect of annealing in sulfur flux on Cu2ZnSnS4 formation by using molecular beam epitaxy system. Japanese Journal of Applied Physics. 2018. 57. 8S3. 08RC10
  • Genki Nishida, Masanari Murayama, Akiko Takeuchi, Yosuke Shimamune, Kazuo Jimbo, Hironori Katagiri. Suppression of Cu2-xS formation in Cu2ZnSnS4 by tin incorporation using molecular beam epitaxy system. Japanese Journal of Applied Physics. 2018. 57. 8S3. 08RC03
  • 清水 渉, 大石 耕一郎, 西田 元記, 竹内 麻希子, 中村 謙太, 片桐 裕則, 山﨑 誠. Rietveld法とRaman分光法によるCuInS2-Cu2ZnSnS4結晶の評価. 応用物理学会 多元系化合物・太陽電池研究会 平成27年度年末講演会 論文集. 2016. 22-25
もっと見る
MISC (9件):
  • Hideaki Araki, Shohei Sasagawa, Yoji Akaki, Akiko Takeuchi, Hironori Katagiri. Effects of sodium on Cu2SnS3 thin films prepared by co-evaporation. The 26th edition of the International Photovoltaic Science and Engineering Conference, 3.2.1e. 2016
  • Hideaki Araki, Ayaka Kanai, Shohei Sasagawa, Akiko Takeuchi, Hironori Katagiri. CTS-based thin-film solar cells prepared via co-evaporation (NNF8678). Thin Films 2016, The 8th International Conference on Technological Advances of Thin Films & Surface Coatings, Symposium NNF, Singapore, Abstract. 2016. 179
  • H. Araki, A. Kanai, A.Takeuchi, K. Jimbo, H. Katagiri. C-3-3: Development of CTS Based Thin Film Solar Cells. Extended Abstracts of the 2015 International Conference on Solid State Devices and Materials. 2015. 666-667
  • 片桐裕則, 山? 誠, 大石耕一郎, 荒木秀明, 竹内麻希子, 島宗洋介, 神保和夫, 桑原理絵, 太田新一, 樋口晶枝, 坂井俊彦, 皆川正寛. 太陽電池研究センターを基盤とする研究推進活動. 平成27年度全国高専フォーラム OS R5(研究)研究推進への学校及び学校間連携による取組み? 〜学校あげての取組み〜,2.長岡高専「最先端研究推進・人材育成シナジェティクス」 (東北大学川内キャンパスC棟301). 2015
  • Ayaka Kanai, Naoya Aihara, Kotoba Toyonaga, Hideaki Araki, Akiko Takeuchi, Hironori Katagiri. IMPROVING THE Cu2SnS3 PV CELL EFFICIENCY VIA POST TREATMENT OF CO-EVAPORATED THIN FILMS. 29th European Photovoltaic Solar Energy Conference and Exhibition, Proceedings of the international Conference held in Amsterdam. 2014. 1805-1808
もっと見る
講演・口頭発表等 (47件):
  • (Cu,Ag)2SnS3熱発電素子
    (第67回応用物理学会春季学術講演会 2020)
  • SPS法によるCu2ZnSnS4バルク結晶の作製と評価II
    (第67回応用物理学会春季学術講演会 2020)
  • 熱処理によるCdSの物性変化
    (第9回高専-TUT太陽電池合同シンポジウム 2019)
  • 熱処理によるSLG/Mo構造のNa挙動
    (第9回高専-TUT太陽電池合同シンポジウム 2019)
  • MBE装置を用いたCZTSの硫化に関する研究
    (第9回高専-TUT太陽電池合同シンポジウム 2019)
もっと見る
学位 (1件):
  • 博士(工学) (信州大学)
経歴 (7件):
  • 2009/04 - 現在 長岡工業高等専門学校 准教授
  • 2007/04 - 2009/03 長岡工業高等専門学校 助教
  • 2005/04 - 2007/03 長岡工業高等専門学校 助手
  • 2003/04 - 2005/03 信州大学 特別研究員
  • 2002/11 - 2003/03 信州大学工学部 助手
全件表示
受賞 (2件):
  • 2008 - 平成20年度教育教員研究集会 機構理事長賞
  • 2000 - 平成12年度応用物理学会北陸信越支部 講演奨励賞
所属学会 (2件):
日本高専学会 ,  応用物理学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る