研究者
J-GLOBAL ID:200901024161979273   更新日: 2019年03月26日

水澤 郁文

ミズサワ イクブミ | MIZUSAWA Ikubumi
所属機関・部署:
職名: 博士研究員
研究分野 (1件): 法医学
研究キーワード (5件): 緊縛性ショック ,  血小板活性化因子 ,  プランクトン ,  PCR ,  交通事故後の遷延死
論文 (34件):
  • Ikubumi Mizusawa. The Modulation of Reflex in Rabbit of Tourniquest Shock Model. Current Topics in Forensic Sciences. 1997. 3. 389
  • Ikubumi Mizusawa,Sumiko Abe, Kouichi Hiraiwa. Ubiquitin and HSP70 in the rabbit brain subjected to tourniquet fastening. Pacific Congress on Legal Medicine and Forensic Sciences. 1999. 6. 271-273
  • Ikubumi Mizusawa,Sumiko Abe,Takashi Honda,Kouichi Hiraiwa,etc. Expression of cytokines, neurotrophins, neurotrophin receptors and NOS mRNA in dorsal root ganglion of a rat tourniquet model. Legal Medcine. 2003. 5. 271-274
  • 水澤郁文, 加藤菜穂, 中村雅英, 須藤美和子, 栗崎恵美子, 平岩幸一. 医療行為による肺動脈血栓塞栓症2例. 法医学の実際と研究. 2007. 50. 67-72
  • 水澤郁文,平岩幸一. サッカープレー中衝突後の突然死例. 法医学の実際と研究. 2002. 45. 99-102
もっと見る
講演・口頭発表等 (6件):
  • Peripheral nerve injury induced excess calcium influx into DRG neurons and resulted in mitochondrial swelling
    (Neurosci Res 2003)
  • 糖尿病によつケトアシドーシス1例
    (日本法学会北日本地方会 2006)
  • 漂流死体に付着していたエボシガイによる死後経過時間推定
    (日本法医学会総会 2006)
  • 腹臥位での褥創を伴う硬膜静脈洞血栓症死亡例
    (法医病理勉強会 2007)
  • Restriction stress exaggerates vagal inhibition of the heart and may induce fatal arrythemia
    (The 3rd Mediterranean Academy of Forensic Sciences Congres 2007)
もっと見る
学位 (1件):
  • 医学博士 (福島県立医科大学)
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る