研究者
J-GLOBAL ID:200901027724362161   更新日: 2020年09月01日

島田 和子

シマダ カズコ | Shimada Kazuko
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (3件): 水圏生命科学 ,  食品科学 ,  家政学、生活科学
研究キーワード (6件): 食品加工 ,  食品化学 ,  食生活 ,  Food Processing ,  Food Chemistry ,  Food Culture
競争的資金等の研究課題 (9件):
  • 2010 - 2013 豆腐の風味に寄与する香気成分の生成機構の解明
  • 1997 - 2011 豆腐の食味に関する研究
  • 1997 - 2011 Study on Sensory Taste of Tofu
  • 2003 - 2006 リポキシゲナーゼ活性操作による豆腐の食味の向上と多様化を図る新育種法の開発
  • 1997 - 2000 抹茶特有の風味が生じるためには、なぜ碾茶を熟成保存する必要があるのか
全件表示
論文 (42件):
  • HARADA Kazuki, WADA Ritsuko, YAGUCHI Shigenori, MAEDA Toshimichi, DATE Rie, TOKUNAGA Takushi, KAZUMURA Kimiko, SHIMADA Kazuko, MATSUMOTO Misato, WAKO Tadayuki, et al. Supplementation with Japanese Bunching Onion (Allium fistulosum L.) Expressing a Single Alien Chromosome from Shallot Increases the Antioxidant Activity of Kamaboko Fish Jelly Paste in vitro. Biomedical Reports. 2013. 1. 355-358
  • HARADA Kazuki, WADA Ritsuko, YAGUCHI Shigenori, MAEDA Toshimichi, DATE Rie, TOKUNAGA Takushi, KAZUMURA Kimiko, SHIMADA Kazuko, MATSUMOTO Misato, WAKO Tadayuki, et al. Supplementation with Japanese Bunching Onion (Allium fistulosum L.) Expressing a Single Alien Chromosome from Shallot Increases the Antioxidant Activity of Kamaboko Fish Jelly Paste in vitro. Biomedical Reports. 2013. 1. 355-358
  • 藤野加奈子, 石坂綾子, 小川裕子, 島田和子. 市販豆腐における製造工程の違いと風味成分との関係. 山口県立大学大学院論集. 2012. 13. 131-136
  • Kenji Matsui, Saki Takaki, Kazuko Shimada, Makita Hajika. Effects of Anaerobic Processing of Soybean Seeds on the Properties of Tofu. BIOSCIENCE BIOTECHNOLOGY AND BIOCHEMISTRY. 2011. 75. 6. 1174-1176
  • 原田和樹, 前田俊道, 徳永拓史, 宮崎泰幸, 島田和子, 吉本香代子, 松井健二. 開発した魚醤の香りの特性. アロマリサーチ. 2011. 12. 3. 74-78
もっと見る
MISC (14件):
書籍 (7件):
  • 食品加工学 第2版
    化学同人 2012
  • 食品学ー食品成分と機能性ー 第2版補訂
    東京化学同人 2011
  • 新しい食品加工学
    南江堂 2011
  • 大豆のすべて
    株式会社サイエンスフォーラム 2010
  • 料理のなんでも小事典
    講談社 2008
もっと見る
学位 (2件):
  • 農学博士 (京都大学)
  • 農学修士 (京都大学)
所属学会 (4件):
日本栄養・食糧学会 ,  日本食品科学工学会 ,  日本家政学会 ,  日本農芸化学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る