研究者
J-GLOBAL ID:200901030196283719   更新日: 2020年09月23日

永田 三郎

ナガタ サブロウ | NAGATA SABURO
所属機関・部署:
職名: 客員研究員
ホームページURL (2件): http://mcm-www.jwu.ac.jp/~s-nagata/http://mcm-www.jwu.ac.jp/~s-nagata/Pages/English.html
研究分野 (1件): 発生生物学
研究キーワード (3件): レクチン ,  自然免疫 ,  胚発生
競争的資金等の研究課題 (2件):
  • 1995 - 両生類幼生の自然免疫機構
  • 1995 - 自然免疫における血清レクチンの役割
論文 (45件):
  • Nagata, S. Xenopus laevis macrophage-like cells produce XCL-1, an intelectin family serum lectin that recognizes bacteria. Immunol. Cell Biol. 2018. 96. 611-619
  • Saburo Nagata. Identification and characterization of a novel intelectin in the digestive tract of Xenopus laevis. DEVELOPMENTAL AND COMPARATIVE IMMUNOLOGY. 2016. 59. 229-239
  • Saburo Nagata, Sayo Nishiyama, Yumi Ikazaki. Bacterial lipopolysaccharides stimulate production of xcl1, a calcium-dependent lipopolysaccharide-binding serum lectin, in xenopus laevis. Developmental and Comparative Immunology. 2013. 40. 2. 94-102
  • Reiko Nanba, Naoko Fujita, Saburo Nagata. Structure and expression of myelin basic protein gene products in Xenopus laevis. GENE. 2010. 459. 1-2. 32-38
  • Naoko Fujita, Saburo Nagata. Contactin 1 knockdown in the hindbrain induces abnormal development of the trigeminal sensory nerve in Xenopus embryos. DEVELOPMENT GENES AND EVOLUTION. 2007. 217. 10. 709-713
もっと見る
書籍 (3件):
  • 動物学の百科事典
    丸善出版 2018 ISBN:9784621303092
  • ハイブリドーマ:酒井昭編「凍結保存ー動物・植物・微生物」
    朝倉書店 1987 ISBN:9784254170627
  • Development and Differentiation of Vertebrate Lymphocytes.
    Elsevier/ North-Holland Biomedical Press 1980
学歴 (2件):
  • - 1980 北海道大学大学院 動物学
  • - 1974 北海道大学 動物学
学位 (1件):
  • 理学博士 (北海道大学)
経歴 (5件):
  • 1992 - 1998 日本女子大学理学部 助教授
  • 1998 - 日本女子大学理学部 教授
  • 1982 - 1992 東京都老人総合研究所 研究員
  • 1980 - 1982 米国Rochester大学(NY州)博士研究員
  • 1979 - 1980 日本学術振興会奨励研究員
受賞 (1件):
  • 1989 - Zoological Science Award
所属学会 (4件):
Society for Developmental Biology ,  日本動物学会 ,  日本生化学会 ,  日本発生生物学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る