研究者
J-GLOBAL ID:200901031126879629   更新日: 2021年12月24日

小原 收

オハラ オサム | Ohara Osamu
所属機関・部署:
職名: 副所長
その他の所属(所属・部署名・職名) (1件):
  • 千葉大学  未来医療教育研究機構   特任教授
ホームページURL (1件): http://www.kazusa.or.jp
研究分野 (1件): 生物分子化学
研究キーワード (4件): 多層オミックス解析技術開発 ,  臨床プロテオミクス ,  ゲノミクス ,  1細胞生物学
競争的資金等の研究課題 (32件):
  • 2019 - 2022 特定の病原体に対する易感染性に着眼した原発性免疫不全症の病因病態解明
  • 2019 - 2022 発症予防に向けた動脈疾患の病因解明と病態の理解
  • 2018 - 2021 マルチオミックス解析を用いた原発性免疫不全症の病因病態解析
  • 2017 - 2019 EBウイルス陽性胃癌のTETを介した網羅的エピゲノム変化の解明
  • 2016 - 2019 包括的アプローチによる慢性皮膚粘膜カンジダ症の分子病態の解明と治療標的の探索
全件表示
論文 (545件):
  • Daisuke Nakajima, Osamu Ohara, Yusuke Kawashima. Data-Independent Acquisition Mass Spectrometry-Based Deep Proteome Analysis for Hydrophobic Proteins from Dried Blood Spots Enriched by Sodium Carbonate Precipitation. Methods in molecular biology (Clifton, N.J.). 2022. 2420. 39-52
  • Takahiro Nakajima, Toshio Kanno, Satoru Yokoyama, Shigemi Sasamoto, Hikari K Asou, Damon J Tumes, Osamu Ohara, Toshinori Nakayama, Yusuke Endo. ACC1-expressing pathogenic T helper 2 cell populations facilitate lung and skin inflammation in mice. The Journal of experimental medicine. 2021. 218. 12
  • Toshio Kanno, Takahiro Nakajima, Yusuke Kawashima, Satoru Yokoyama, Hikari K Asou, Shigemi Sasamoto, Koji Hayashizaki, Yuki Kinjo, Osamu Ohara, Toshinori Nakayama, et al. Acsbg1-dependent mitochondrial fitness is a metabolic checkpoint for tissue Treg cell homeostasis. Cell reports. 2021. 37. 6. 109921-109921
  • Daisuke Nakajima, Osamu Ohara, Yusuke Kawashima. Toward proteome-wide exploration of proteins in dried blood spots using liquid chromatography-coupled mass spectrometry. Proteomics. 2021. e2100019
  • Tatsuzo Mishina, Nagisa Oshima-Hasegawa, Shokichi Tsukamoto, Masaki Fukuyo, Hajime Kageyama, Tomoya Muto, Naoya Mimura, Bahityar Rahmutulla, Yurie Nagai, Kensuke Kayamori, et al. Genetic subtype classification using a simplified algorithm and mutational characteristics of diffuse large B-cell lymphoma in a Japanese cohort. British journal of haematology. 2021
もっと見る
MISC (308件):
  • 渡辺 栄一郎, 川島 祐介, 柿原 知, 高見 尚平, 高澤 慎也, 小原 收, 藤代 準. 【肝胆膵疾患におけるバイオマーカーの意義を探る】胆道疾患のバイオマーカー 胆道閉鎖症の便蛋白/MS解析とバイオマーカーとしての意義. 肝胆膵. 2021. 83. 4. 577-586
  • 佐藤 裕範, 井上 祐三朗, 川島 祐介, 小原 收, 下条 直樹. 次世代プロテオミクスを用いた全身型若年性特発性関節炎(sJIA)患者血清における低発現タンパク群の解析. 日本小児リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集. 2021. 30回. 137-137
  • 小原 收. オミックス時代の新生児スクリーニングへの展望. 日本マス・スクリーニング学会誌. 2021. 31. 2. 193-193
  • 渡辺 栄一郎, 川島 祐介, 須田 亙, 柿原 知, 朝長 高太郎, 星野 論子, 則内 友博, 一城 千都絵, 鈴木 完, 服部 正平, et al. 便を用いた網羅的タンパク解析技術・プロテオーム解析を利用した胆道閉鎖症研究. 日本小児外科学会雑誌. 2021. 57. 4. 787-787
  • 小原 收. 遺伝子検査と保険診療 希少難病の遺伝医療と検体検査 現状と課題. 日本遺伝カウンセリング学会誌. 2021. 42. 2. 42-42
もっと見る
特許 (144件):
講演・口頭発表等 (7件):
  • 希少難病のクリニカルシーケンシングによる遺伝学的検査の現状と課題
    (第40回医療情報学連合大会 2020)
  • マルチオミックス解析の現状と臨床応用への課題
    (第71回日本電気泳動学会 2020)
  • 先端ゲノミクス計測の臨床検査への応用可能性と課題
    (第32回日本臨床検査医学会関東信越支部総会 2020)
  • 保険収載された希少難病の遺伝子検査の現状
    (第27回日本遺伝子診療学会 2020)
  • 新生児スクリーニングのためのオミックス計測技術の最近の進歩
    (第123回日本小児科学会学術集会 2020)
もっと見る
学位 (1件):
  • 理学博士 (京都大学)
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る