研究者
J-GLOBAL ID:200901035318452160   更新日: 2021年06月10日

倉持 秀敏

クラモチ ヒデトシ | Kuramochi Hidetoshi
所属機関・部署:
職名: 副領域長
ホームページURL (2件): https://www.nies.go.jp/researchers/100205.htmlhttps://www.nies.go.jp/researchers-e/100205.html
研究分野 (9件): 化学物質影響 ,  放射線影響 ,  環境材料、リサイクル技術 ,  環境負荷、リスク評価管理 ,  環境材料、リサイクル技術 ,  移動現象、単位操作 ,  グリーンサステイナブルケミストリー、環境化学 ,  環境材料、リサイクル技術 ,  環境負荷低減技術、保全修復技術
研究キーワード (19件): 多媒体モデル ,  物理化学パラメータ ,  残留性有機汚染物質 ,  除染 ,  溶融 ,  焼却 ,  放射性物質 ,  分離 ,  相平衡 ,  廃棄物 ,  資源化 ,  バイオ燃料 ,  バイオディーゼル ,  Resource Recovery ,  Waste ,  Separation ,  Phase Equlibrium ,  Biofuel ,  Biodiesel
競争的資金等の研究課題 (18件):
  • 2018 - 2021 新規POPsの物理化学特性による処理・資源化における挙動解明への応用
  • 2017 - 2020 バイオガス化施設における残留性有機汚染物質等の排出実態把握と排出制御法の構築
  • 2016 - 2019 新規POPsを含有する廃棄物の環境上適正な管理に関する研究
  • 2015 - 2018 廃棄物の焼却処理に伴う化学物質のフローと環境排出量推計に関する研究
  • 2014 - 2017 有用・有害金属挙動に着目した 都市ごみ焼却残渣の循環資源化トータルスキームの構築
全件表示
論文 (105件):
  • 小林拓朗, 横尾祐輔, 倉持秀敏, 田崎智宏, 稲葉陸太, 河井紘輔. 含油汚泥と厨芥のオンサイト混合メタン発酵がCO2排出量削減と廃棄物循環利用に及ぼす効果. 用水と廃水. 2021. 63. 4. 298-305
  • Yui, K., Kuramochi, H., Osako, M. Measurement and modeling of heavy metal behaviors during the incineration of RDF in a pilot-scale kiln incinerator-Part 1: Modeling using multizonal thermodynamic equilibrium calculation. Process Safety and Environmental Protection. 2021. 150
  • Hammer, J., Matsukami, H., Kuramochi, H., Endo, S. Direct measurements and modeling of congener group specific vapor pressure for chlorinated paraffins. Chemosphere. 2021. 281
  • Takuro Kobayashi, Hidetoshi Kuramochi, Kai-Qin Xu, Takao Aizawa. Bioleaching and removal of radiocesium in anaerobic digestion of biomass crops: Effect of crop type on partitioning of cesium. Biotechnology reports (Amsterdam, Netherlands). 2020. 28. e00561
  • Kou Nishimuta, Daisuke Ueno, Shin Takahashi, Michinobu Kuwae, Kiwao Kadokami, Takashi Miyawaki, Hidenori Matsukami, Hidetoshi Kuramochi, Taiki Higuchi, Yuki Koga, et al. Use of comprehensive target analysis for determination of contaminants of emerging concern in a sediment core collected from Beppu Bay, Japan. Environmental pollution (Barking, Essex : 1987). 2020. 115587-115587
もっと見る
MISC (26件):
特許 (13件):
学位 (1件):
  • 博士(工学)
経歴 (5件):
  • 2014/04 - 現在 横浜国立大学大学院 客員教授
  • 2010/04 - 現在 国立環境研究所 室長
  • 2015/09 - 2016/06 University of Toronto Visiting Professor
  • 2005 - 国立環境研究所 主任研究員
  • 2001 - 国立環境研究所 研究員
受賞 (6件):
  • 2020/12 - 環境放射能とその除染・中間貯蔵および環境再生のための学会 最優秀ポスター発表賞 バーク混焼木質バイオマス発電のためのバーク等灰分の融解特性
  • 2018/10 - 3rd International Conference on Alternative Fuels, Energy and Environment Best poster presentation award
  • 2018/08 - 環境放射能とその除染・中間貯蔵および環境再生のための学会 優秀口頭発表賞
  • 2018/07 - 環境放射能とその除染・中間貯蔵および環境再生のための学会 奨励賞
  • 2018/03 - 国立環境研究所 平成29年度NIES賞
全件表示
所属学会 (6件):
日本環境化学会 ,  アメリカ化学会 ,  廃棄物学会 ,  American chemical Society ,  The Society of Chemical Engineers, Japan ,  環境放射能とその除染・中間貯蔵および環境再生のための学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る