研究者
J-GLOBAL ID:200901035528319560   更新日: 2022年07月04日

片桐 滋

カタギリ シゲル | Katagiri Shigeru
所属機関・部署:
職名: 博士後期課程教授
ホームページURL (1件): http://ccilab.doshisha.ac.jp/
研究分野 (4件): 感性情報学 ,  ソフトコンピューティング ,  知能ロボティクス ,  知覚情報処理
研究キーワード (4件): 共創情報学 ,  学習理論 ,  Co-Creation Informatics ,  Machine Learning
競争的資金等の研究課題 (4件):
  • 2018 - 2022 パターン認識におけるクラス境界評価基準の構築
  • 2014 - 2017 高識別的特徴空間とその探索法の最小分類誤り基準に基づく統一的実現
  • 2010 - 2012 最小分類誤り学習の性能限界の追求
  • 2007 - 2009 識別学習の体系化と汎用的手法の実現に関する研究
論文 (217件):
  • 岸下昂生, 片桐滋, 大崎美穂. 最大ベイズ境界性の簡易化による高速化について. 情報・システムソサイエティ特別企画 ジュニア&学生ポスターセッション. 2022. ISS-SP. 015. 149-149
  • 丸山右京, 片桐滋, 大崎美穂. 音声合成能力を正則化条件とする最小分類誤り学習法の音素認識による実験的評価. 情報・システムソサイエティ特別企画ジュニア&学生ポスターセッション予稿集. 2022. ISS-A. 57. 55-55
  • 大角朋弘, 片桐滋, 大崎美穂. 最大ベイズ境界性学習法の実験的評価. 情報処理学会第84回全国大会. 2022. 2. 357-358
  • 小糸泰吉, 片桐滋, 大崎美穂. 可変長パターンのためのKMCE学習法を用いた音声認識の評価について. 情報処理学会第84回全国大会. 2022. 2. 283-284
  • David Ha, Shigeru Katagiri, Hideyuki Watanabe, Miho Ohsaki. An Improved Boundary Uncertainty-Based Estimation for Classifier Evaluation. Journal of Signal Processing Systems. 2021. 93. 9. 1057-1084
もっと見る
MISC (95件):
もっと見る
書籍 (11件):
  • Pattern Recognition in Speech and Language Processing
    CRC Press 2003
  • Handbook of Neural Network Signal Processing
    CRC Press 2001
  • Nonlinear Dynamical Systems -Feedforward Neural Network Perspective-
    John Wiley & Sons 2001
  • Intelligent Signal Processing
    IEEE Press 2001
  • Handbook of Neural Networks for Speech Processing
    Artech House 2000
もっと見る
講演・口頭発表等 (6件):
  • To Ride the Tide or To Stick with The Basics?
    (ACM, International Conference on Signal Processing and Machine Learning (SPML2019) 2019)
  • From Bayes Error to Bayes Boundary
    (ACM, International Conference on Signal Processing and Machine Learning (SPML2018) 2018)
  • パターン認識課題にどう向き合うか-一般化確率的降下法と最小分類誤り学習法の狭間で-
    (電子情報通信学会 パターン認識•メディア理解研究会 2009)
  • 最新インタラクション技術-同室感通信t-Roomと要素技術研究の共創を目指す-
    (情報通信ネットワーク協会「Adaptive & Scalableデザイン」ワーキングループ 2009)
  • A New Perspective of Discriminative Training for Pattern Recognition
    (IEEE and IET, 2008 International Conference on Audio, Language and Image Processing (ICALIP2018) 2008)
もっと見る
Works (2件):
  • t-Roomによる遠隔コラボレーション技術
    2006 - 2008
  • Collaboration technology enhanced with t-Room
    2006 - 2008
学歴 (6件):
  • - 1982 東北大学 情報工学専攻
  • - 1982 東北大学
  • - 1979 東北大学 情報工学専攻
  • - 1979 東北大学
  • - 1977 東北大学 電気工学科
全件表示
学位 (3件):
  • 工学博士 (東北大学)
  • 工学博士 (東北大学)
  • 修士(工学) (東北大学)
経歴 (35件):
  • 2014/06 - 現在 ATR Learning Technology 取締役(社外)
  • 2013/04 - 現在 (株)国際電気通信基礎技術研究所 脳情報解析研究所 客員研究員
  • 2013 - 現在 Visiting Researcher (Vice Director), Neural Information Analysis Laboratories, ATR
  • 2006/04 - 現在 Professor, Doshisha University
  • 2006 - 現在 同志社大学理工学部 情報システムデザイン学科 教授
全件表示
委員歴 (58件):
  • 2012 - 現在 IEEE Associate Member, Signal Processing Society TC on MLSP
  • 2013/07 - 2019/06 IEEE Member, James L. Flanagan Speech and Audio Processing Award Selection Committee
  • 2016/07 - 2018/06 IEEE Chair, James L. Flanagan Speech and Audio Processing Award Selection Committee
  • 2013 - 2014 IEEE Past Chair, Kansai Section
  • 2013 - 2014 IEEE Member, James Flanagan Award Committee
全件表示
受賞 (16件):
  • 2002 - NTT R&Dフェロー
  • 2002 - 人工知能学会全国大会ベストプレゼンテーション賞
  • 2002 - NTT R&D Fellow
  • 2002 - Best Presentation Award, Japanese Society for Artificial Intelligence
  • 2001 - IEEE フェロー
全件表示
所属学会 (17件):
電子情報通信学会 ,  日本音響学会 ,  ENNS ,  JNNS ,  INNS ,  IEEE ,  Signal and Image Processing ,  European Association for Speech ,  IEICE ,  Acoustical Society of Japan ,  Acoust. Soc. Jpn. ,  ENNS ,  JNNS ,  INNS ,  IEEE ,  Signal and Image Processing ,  European Association for Speech
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る