研究者
J-GLOBAL ID:200901038551226773   更新日: 2019年12月20日

山口 智実

ヤマグチ トモミ | YAMAGUCHI,Tomomi
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (2件): http://www2.kansai-u.ac.jp/msl/http://www2.kansai-u.ac.jp/msl/
競争的資金等の研究課題 (5件):
  • 1990 - 1993 IMS国内先行研究開発プロジェクト「組立用知能モジュールの開発」
  • 1991 - 1993 京都市「フレキシブルメカトロニクス」プロジェクト「組立工程の自動化」
  • 1993 - 1994 圧電素子を用いた電子部品実装装置用力センサの開発
  • 1991 - 1992 3次元寸法計測システムの開発?小型プラスチック成形部品の検査工程への適用?
  • 1991 - 1992 ファジー制御を用いたリレーの自動接点調整システムの開発
論文 (57件):
  • 樋口誠宏;矢野章成;山本 登;山口智実;井川直哉;木嶋 茂;耳目直信;室 義一郎. 超精密加工面のカオス特性. 精密工学会誌. 1998. 64巻,8号,pp. 1196-1200
  • 樋口誠宏;矢野章成;山本 登;山口智実;下町宗一. 砥石作用面のフラクタル構造の形成要因. 精密工学会誌. 1997. 63巻,7号,pp. 1028-1032
  • 高岡大造;坂口 明;森田芳年;山田 誠;山口智実. 圧電素子を用いた電子部品実装装置用力センサの開発. 精密工学会誌. 1997. 63巻,5号,pp. 664-668
  • 樋口誠宏;矢野章成;山本 登;山口智実;下町宗一. 砥石作用面のフラクタル構造に関する研究. 精密工学会誌. 1996. 62巻,7号,pp. 979-983
  • 樋口俊郎;山口智実;田中 実. 電磁駆動高速位置決め機構によるピストン加工用高速非円形輪郭NC旋盤の開発. 精密工学会誌. 1996. 62巻,3号,pp. 453-457
もっと見る
MISC (23件):
  • 上田一弥;樋口誠宏;山口智実;島田尚一. 超精密切削加工面の接触特性-浸透の観点からの検討-. 第3回高エネ研メカ・ワークショップ報告集. 2002. pp. 85-96
  • 樋口誠宏;山口智実;島田尚一;新免利春;真栄城啓. ダイヤモンド切削工具の損耗と切削抵抗の挙動. 第3回高エネ研メカ・ワークショップ報告集. 2002. pp. 97-107
  • 山口 智実;樋口誠宏. 受動的弾性機能を有するフレキシブル治具を用いた組立作業. 第6回高エネ研メカ・ワークショップ報告集. 2005. pp. 203-219
  • 福村智一;山口智実;樋口誠宏. 直動型静電マイクロアクチュエータによるナノ切削. 第9回関西大学先端科学技術シンポジウム講演集. 2005. 187頁-192頁
  • 新井泰彦;山口智実;青柳誠司;村上佳広. マイクロカンチレバーの3次元大変形たわみ曲線測定システム-縞解析技術の開発-. 第8回関西大学先端科学技術シンポジウム講演集. 2004. 319頁-322頁
もっと見る
特許 (1件):
  • フレキシブル治具
書籍 (7件):
  • 非円形輪郭切削による任意3次元形状の加工
    機械と工具 1990
  • 挑戦:知能化する機械 (社)日本機械学会編
    株式会社養賢堂 1997
  • Assembly System by Using Prototype of Active Flexible Fixture
    Mechatronics for Safety, Security and Dependability in a New Era (Edited by Eiji Arai and Tatsuo Arai), Elsevier 2007
  • 研ぐ, 磨く工具の昔と今
    理工学と技術 2008
  • Application of the Active Flexible Fixture to a Peg-in-hole
    Service Robotics and Mechatronics (Edited by Keiichi Shirase and Seiji Aoyagi), Springer 2009
もっと見る
講演・口頭発表等 (187件):
  • The Non-circular Profile Machining by a Lathe with Numerical Controlled Electro-hydraulic Servomechanism
    (Proceedings of the 6th International Conference on Production Engineering Osaka 1987 1987)
  • Development of a High Speed Non-circular Machining NC-lathe for Cutting a Piston by the Use of a New Positioning Servomechanism by Electromagnetic Force
    (Proceedings of 1990 Japan-U.S.A. Symposium on Flexible Automation 1990)
  • Application of Fuzzy Control to Auto-adjustment of Contact Points in a Relay
    (Proceedings of 1992 Japan-U.S.A. Symposium on Flexible Automation 1992)
  • Adaptive Intelligent Control of the Cylindrical Plunge Grinding Cycle
    (Proceedings of the 2nd International Abrasive Technology Conference 1995)
  • 高効率を実現した自動寸法計測システムの開発
    (技苑 1996)
もっと見る
学歴 (2件):
  • - 1984 東京大学 工学部 精密機械工学
  • 1989 - 東京大学 工学系研究科 精密機械工学
学位 (1件):
  • 工学博士
経歴 (6件):
  • 1989/05/10 - 1991/01/31 財団法人 京都高度技術研究所/研究員
  • 1991/02/01 - 1994/03/31 財団法人 京都高度技術研究所/主任研究員
  • 1991/04/01 - 1994/03/31 立命館大学/非常勤講師
  • 1994/04/01 - 1997/03/31 関西大学/専任講師
  • 1999/03/25 - 2000/03/26 スタンフォード大学/客員研究員
全件表示
委員歴 (12件):
  • 2000 - 校閲委員
  • 1995 - 生産経営知識学専門委員会新設計・生産知識学部(NEDEK)委員
  • 2006 - 関西支部商議員
  • 2011 - 2013 校閲委員会委員
  • 2012 - 2013 2013年度精密工学会秋季大会実行委員会会計幹事
全件表示
受賞 (1件):
  • 1997/06/23 - 財団法人 工作機械技術振興財団 第18回工作機械技術振興賞論文賞
所属学会 (4件):
精密工学会 ,  日本ロボット学会 ,  日本機械学会 ,  砥粒加工学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る