研究者
J-GLOBAL ID:200901039103322660   更新日: 2019年02月25日

小寺 義男

コデラ ヨシオ | KODERA Yoshio
所属機関・部署:
職名: 教授
その他の所属(所属・部署名・職名) (1件):
  • 北里大学  理学部付属疾患プロテオミクスセンター   教授
研究分野 (1件): 生物物理学
研究キーワード (8件): 生物物理学 ,  プロテオーム解析 ,  プロテオミクス ,  ペプチド ,  ペプチドミクス ,  診断マーカー ,  質量分析 ,  血清
競争的資金等の研究課題 (42件):
  • 2016 - 2020 臨床質量分析共用プラットフォーム(MS共用PF)
  • 2017 - 2019 超高感度血漿分析技術とin silico 探索法による新規ペプチドホルモンの探索
  • 2017 - 2019 血液一滴による脳の機能状態モニタリング
  • 2017 - 2017 血清・血漿試料の品質評価マーカーの開発と測定法の確立
  • 2016 - 2016 血清・血漿試料の品質評価マーカーの開発と測定法の確立
全件表示
論文 (74件):
  • Tsuchida S, Satoh M, Umemura H, Sogawa K, Takiwaki M, Ishige T, Miyabayashi Y, Iwasawa Y, Kobayashi S, Beppu M, Nishimura M, Kodera Y, Matsushita K, Nomura F. Assessment by Matrix-Assisted Laser Desorption/Ionization Time-of-Flight Mass Spectrometry of the Effects of Preanalytical Variables on Serum Peptidome Profiles Following Long-Term Sample Storage. Proteomics Clin Appl. 2018. 1-45
  • Sogawa K, Takahashi Y, Shibata Y, Satoh M, Kodera Y, Nomura F, Tanaka T, Sato H, Yamaide F, Nakano T, Iwahashi K, Sugita-Konishi Y, Shimada A, Shimojo N. Search for a Novel Allergen in Hen's Egg Allergy Using an IgE Immunoblotting Assay. Int Arch Allergy Immunol. 2018. 176. 3-4. 189-197
  • Sogawa K, Kobayashi M, Suzuki J, Sanda A, Kodera Y, Fukuyama M. Inhibitory Activity of Hydroxytyrosol against Streptolysin O-Induced Hemolysis. Biocontrol Sci. 2018. 23. 2. 77-80
  • Tsuru M, Sata M, Tanaka M, Umeyama H, Kodera Y, Shiwa M, Aoyagi N, Yasuda K, Matsuoka K, Fukuda T, Yamana H, Nagata K. Retrospective Proteomic Analysis of a Novel, Cancer Metastasis-Promoting RGD-Containing Peptide. Transl Oncol. 2017. 10. 6. 998-1007
  • Fujimoto K, Hayashi A, Kodera Y, Saito T, Toki T, Ogawa A, Kamata Y, Takano K, Katakami H, Shichiri M. Identification and quantification of plasma free salusin-β, an endogenous parasympathomimetic peptide. Sci Rep. 2017. 7. 8275. 1-9
もっと見る
書籍 (10件):
  • 病態解析へのタンパクレベルでのアプローチ
    ゲノミクス・プロテオミクスの新展開 東京 エヌ・ティー・エス 2004
  • 量子ドットを用いた翻訳後修飾検出法による機能プロテオーム解析
    Bioベンチャー 東京 羊土社 2004
  • 最新疾患プロテオミクス研究の現状と展望 -先端ラボ報告- 12.北里大学
    遺伝子医学MOOK 2号 「疾患プロテオミクスの最前線-プロテオミクスで病気を治せるか」 編集:戸田年総/荒木令江 大阪 株式会社メディカルドウ 2004
  • 疾患モデル動物によるプロテオミクスの有用性
    遺伝子医学MOOK 2号 「疾患プロテオミクスの最前線-プロテオミクスで病気を治せるか」 編集:戸田年総/荒木令江 大阪 株式会社メディカルドウ 2004
  • 最新プロテオミクス疾患病態解析 9.生活習慣病とプロテオミクス
    遺伝子医学MOOK 2号 「疾患プロテオミクスの最前線-プロテオミクスで病気を治せるか」 編集:戸田年総/荒木令江 大阪 株式会社メディカルドウ 2004
もっと見る
講演・口頭発表等 (186件):
  • 2型糖尿病モデルラット(OLETF)のプロテオーム解析
    (第51回質量分析学会総合討論会 2003)
  • HIV-2ヌクレオキャプシドタンパク質のRNA認識機構の解明
    (第3回日本蛋白質科学会年会 2003)
  • Qualitative (pI and MW) and quantitative (protein amounts) information from 2-DE patterns is not sufficient for distinguishing oxidized from unoxidized proteins.
    (The Fifth International Workshop on Advanced Genomics 2003)
  • Discrete density distribution and size heterogeneity of rat pancreatic zymogen granules
    (生化学75 2003)
  • 酸化傷害タンパク質解析用タグTOPの開発
    (第2回ヒトプロテオーム学会 2004)
もっと見る
Works (1件):
  • 疾患プロテオーム解析を通して見えてきたもの
    小寺義男 2008 - 2008
学歴 (2件):
  • - 1988 関西学院大学 理学部 物理
  • - 1993 関西学院大学 理学研究科 物理学
学位 (1件):
  • 博士(理学) (関西学院大学)
経歴 (9件):
  • 1993/04/01 - 1994/03/31 関西学院大学 日本学術振興会特別研究員
  • 1994/04/01 - 1996/03/31 北里大学 助手
  • 1994/04/01 - 1997/03/31 三菱化学生命科学研究所 客員研究員
  • 1996/04 - 2008/03 北里大学 専任講師
  • 2005/04/01 - 2009/05/31 北里大学 部門長(兼務)
全件表示
委員歴 (5件):
  • 2018/04 - 現在 日本電気泳動学会 副会長
  • 2016/04 - 現在 日本電気泳動学会 理事
  • 2015/01/01 - 日本プロテオーム学会 庶務担当理事
  • 2013/04/01 - 日本医用マススペクトル学会 評議委員
  • 2012/01/01 - 2014/12/31 日本プロテオーム学会 理事
受賞 (4件):
  • 2015 - 日本電気泳動学会 日本電気泳動学会学会賞(児玉賞) 電気泳動を基盤とした体液疾患プロテオーム解析法の開発と応用
  • 2007 - 学校法人北里研究所 森村豊明会奨励賞 独自のペプチド分析技術を用いた新規診断マーカー探索法の確立と応用
  • 2003 - The Fifth International Workshop on Advanced Genome The Excellent Poster Award
  • 1992 - 仁田賞
所属学会 (5件):
日本質量分析学会 ,  日本電気泳動学会 ,  日本医用マススペクトル学会 ,  日本プロテオーム学会 ,  日本生化学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る