研究者
J-GLOBAL ID:200901040828220357   更新日: 2020年09月13日

駒井 浩一郎

コマイ コウイチロウ | Komai Koichiro
所属機関・部署:
職名: 准教授
その他の所属(所属・部署名・職名) (1件):
ホームページURL (1件): http://www.research.kobe-u.ac.jp/fhs-komai/
研究分野 (4件): その他 ,  膠原病、アレルギー内科学 ,  免疫学 ,  分子生物学
研究キーワード (2件): 免疫学 ,  分子生物学
競争的資金等の研究課題 (9件):
  • 2020 - 2023 インフラマソームアダプターASC解析による自己炎症性疾患の共通病態形成機構の解明
  • 2019 - 2021 炎症シグナル伝達亢進をもたらすASC (PYCARD)スプライスバリアントの痛風病態形成機構における関与の解明
  • 2016 - 2019 インフラマソーム機能変調疾患における汎用新規バイオマーカーの開発
  • 2004 - 2005 関節リウマチ疾患遺伝子Dblプロトオンコジーンによる分子病態メカニズム解明
  • 2003 - 2004 Dbl遺伝子ノックアウトマウス作成による関節リウマチ発症メカニズムの解明
全件表示
論文 (69件):
もっと見る
MISC (179件):
特許 (16件):
書籍 (4件):
  • アレルギー・リウマチ膠原病の最新医療 / 関節リウマチのゲノム解析
    先端医療技術研究所 2003
  • 分子予防環境医学 / 各論II 生活習慣病 II-9「膠原病」
    本の泉社 2003
  • 先端医療シリーズ19 アレルギー・リウマチ・膠原病の最新医療, 2003 / 関節リウマチのゲノム解析
    先端医療技術研究所 2003
  • 遺伝子医学別冊「これだけは知っておきたい遺伝子医学の基礎知識」 / 関節リウマチの疾患遺伝子
    メディカル ドゥ 2003
講演・口頭発表等 (166件):
  • 回帰性リウマチはASCスプライスバリアントによる自己炎症性疾患か?
    (第3回日本免疫不全・自己炎症学会 2020)
  • PYCARD/ASC Δexon2 Splice Variant found in Japanese Patients with Palindromic Rheumatism Increases IL-1β
    (The 7th East Asian Group of Rheumatology Meeting (2019) 2019)
  • 日本人回帰性リウマチ患者において見出したexon2 欠損型PYCARD/ASCバリアントはIL-1β産生を増加させる
    (第63回日本リウマチ学会学術集会 2019)
  • 日本人回帰性リウマチ患者におけるPYCARD / ASCスプライスバリアント産生機序の解明
    (第62回日本リウマチ学会学術集会 2018)
  • NLRC4インフラマソームにおけるexon2欠損型PYCARD/ASCの機能解析
    (第62回日本リウマチ学会学術集会 2018)
もっと見る
Works (2件):
  • 平成23年度後期神戸大学全学共通教育ベストティーチャー賞
    2012 -
  • 平成22年度後期神戸大学全学共通教育ベストティーチャー賞
    2011 -
学歴 (2件):
  • 1990 - 1992 筑波大学大学院
  • 1986 - 1990 筑波大学 生物学類
学位 (2件):
  • 修士(環境科学) (筑波大学)
  • 博士(医学) (神戸大学)
経歴 (6件):
  • 2011/04 - 現在 神戸大学大学院保健学研究科 Principal Investigator
  • 2009/04 - 現在 神戸大学大学院保健学研究科准教授
  • 2008/04 - 2009/03 神戸大学大学院保健学研究科助教
  • 2007/04 - 2008/03 神戸大学医学部助教
  • 1998/04 - 2007/03 神戸大学医学部助手
全件表示
委員歴 (2件):
  • 2010 - - 日本リウマチ学会評議員
  • 2006 - - 日本リウマチ学会誌Modern Rheumatology 誌投稿論文査読レフェリー
受賞 (13件):
  • 2019/12 - 公益財団法人 痛風・尿酸財団 研究助成金 炎症シグナル伝達亢進をもたらすASC (PYCARD)スプライスバリアントの痛風病態形成機構における関与の解明
  • 2013/04 - 一般財団法人 伊藤忠兵衛基金 平成25年度学術研究助成 インフラマソーム遺伝子多型に基づいた生活習慣病の感受性診断法の開発に関する研究
  • 2012 - 神戸大学 平成23年度後期 神戸大学全学共通教育ベストティーチャー賞 平成23年度後期 神戸大学全学共通教育
  • 2011 - 神戸大学 平成22年度後期 神戸大学全学共通教育ベストティーチャー賞 平成22年度後期 神戸大学全学共通教育
  • 2011 - 日本リウマチ学会 第55回日本リウマチ学会学術集会 (JCR2011) ワークショップ賞 抗U1RNP抗体によるMCTD疾患関連Ang-1バリアント誘導における炎症性サイトカインの関与
全件表示
所属学会 (4件):
日本臨床検査学教育協議会(学術会員) ,  日本免疫不全・自己炎症学会 ,  日本リウマチ学会 ,  日本分子生物学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る