研究者
J-GLOBAL ID:200901044869319398   更新日: 2020年08月28日

神崎 雄一郎

カンザキ ユウイチロウ | Kanzaki Yuichiro
所属機関・部署:
職名: 准教授
ホームページURL (1件): http://www.hi.kumamoto-nct.ac.jp/~kanzaki/
研究分野 (1件): ソフトウェア
研究キーワード (2件): ソフトウェアプロテクション ,  ソフトウェア工学
競争的資金等の研究課題 (6件):
  • 2019 - 2022 自動解析を用いたMan-At-The-End攻撃に対するソフトウェアの保護
  • 2014 - 2017 ソフトウェアに対するMan-At-The-End攻撃の困難さ評価
  • 2012 - 2014 ソフトウェア保護機構の「発見の困難さ」の評価
  • 2008 - 2011 実行時間の差分を利用した不正な動的解析の防止
  • 2006 - 2008 ソフトウェアの不正解析防止を目的としたプログラムのカムフラージュ
全件表示
論文 (36件):
  • 北岡哲哉, 神崎雄一郎, 森川みどり, 門田暁人. ランダムフォレストを用いた難読化されたコードのステルス評価の検討. 第18回情報科学技術フォーラム(FIT2019) 講演論文集 第1分冊. 2019. 29-32
  • Toshiki Seto, Akito Monden, Zeynep Yücel, Yuichiro Kanzaki. On Preventing Symbolic Execution Attacks by Low Cost Obfuscation. Proc. 20th IEEE/ACIS International Conference on Software Engineering, Artificial Intelligence, Networking and Parallel/Distributed Computing (SNPD 2019). 2019. 495-500
  • 玉田春昭, 神崎雄一郎. オペコードの編集距離を用いたJVM向け難読化ツールの難読化性能の評価. 2019年暗号と情報セキュリティシンポジウム(SCIS2019)予稿集 (講演番号3D2-1). 2019
  • 瀬戸俊輝, 門田暁人, 神崎雄一郎. シンボリック実行攻撃を妨げるソフトウェア難読化方法の検討. ソフトウェア工学の基礎XXV,ソフトウェア工学の基礎ワークショップFOSE2018. 2018. 145-146
  • 西陽太, 神崎雄一郎, 門田暁人, 玉田春昭. 難読化されたJavaバイトコードに対するシンボリック実行攻撃の困難さ評価の検討. ソフトウェア工学の基礎XXV,ソフトウェア工学の基礎ワークショップFOSE2018. 2018. 151-152
もっと見る
特許 (2件):
講演・口頭発表等 (1件):
  • Man-At-The-End攻撃に対するソフトウェアの保護 -- コード難読化をめぐる技術の動向
    (第336回 RISTフォーラム (くまもと技術核心・融合研究会) 2019)
学歴 (4件):
  • - 2006 奈良先端科学技術大学院大学 博士後期課程
  • - 2003 奈良先端科学技術大学院大学 博士前期課程
  • - 2001 神戸大学 情報知能工学科
  • - 1999 神戸市立工業高等専門学校
学位 (2件):
  • 博士(工学) (奈良先端科学技術大学院大学)
  • Doctor of Engineering (Nara Institute of Science and Technology)
経歴 (3件):
  • 2010/04 - 現在 熊本高等専門学校 人間情報システム工学科 准教授
  • 2015/04 - 2016/03 ニュージーランド オークランド大学 (University of Auckland) Honorary Academic
  • 2006/04 - 熊本電波工業高等専門学校 (現熊本高等専門学校) 情報工学科 助手
所属学会 (4件):
情報処理学会 ,  電子情報通信学会 ,  Information and Communication Engineeers ,  The Insitute of electronics
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る