研究者
J-GLOBAL ID:200901049194106278   更新日: 2020年05月22日

白石 光信

シライシ ミツノブ | Shiraishi Mitsunobu
研究分野 (1件): 加工学、生産工学
研究キーワード (6件): マグネシウム ,  薄板 ,  フィンチューブ ,  押出し ,  鍛造 ,  塑性加工
競争的資金等の研究課題 (3件):
  • Development of Flexible Extrusion System with Moving Dies
  • フレキシブル押出し加工法の開発
  • サーボプレスを用いたマグネシウム合金製ボス付薄板の鍛造
論文 (8件):
MISC (18件):
もっと見る
特許 (8件):
もっと見る
講演・口頭発表等 (71件):
  • ダイス回転中心位置制御押出しシステムを用いた角形フレームの成形
    (日本機械学会中四国支部総会・講演会 2018)
  • フローガイド回転押出しのタービンブレード成形への適用
    (日本機械学会中四国支部総会・講演会 2018)
  • ダイス傾斜押出し加工法による湾曲ヘリカルフィンチューブの成形
    (日本機械学会中四国支部総会・講演会 2018)
  • 角形フレーム成形のための押出し加工法の開発
    (第67回塑性加工連合講演会 2016)
  • 内外面に螺旋状溝及びフィンを持つチューブの押出し加工
    (日本機械学会中国四国支部講演会 2016)
もっと見る
Works (5件):
  • 押出成形機による微小湾曲ヘリカルフィンチューブ成形技術の開発, 基盤研究(C)(一般)
    2009 -
  • 押出成形機による可変湾曲部材成形のためのフレキシブル押出装置の開発
    2006 - 2007
  • マグネシウム合金製携帯電子機器製造のための超精密複合鍛造技術の開発
    2005 - 2006
  • 異形断面押出材の曲げねじり機構の解明に関する研究, 基盤研究(C)
    2006 -
  • 中空及び異形押出材のゆがみ矯正及び二次加工省略のための曲げ・ねじり制御押出し, 基盤研究(C)
    2003 -
学歴 (2件):
  • - 1981 広島大学 工学研究科 設計工学
  • - 1976 広島大学 工学部 機械工学科
学位 (1件):
  • 工学博士 (広島大学)
経歴 (4件):
  • - 2019 近畿大学
  • - 2010 福井大学
  • 1981 - 1991 広島大学 助手
  • - 1991 大阪大学 助手
委員歴 (25件):
  • 2010 - 現在 日本塑性加工学会中国・四国支部 商議員
  • 2015 - 日本機械学会中国四国支部 商議員
  • 2009 - 日本機械学会 代議員
  • 2006 - 2007 日本塑性加工学会 代議員
  • 2006 - 2007 日本塑性加工学会 理事
全件表示
受賞 (1件):
  • 1978 - 日本機械学会賞
所属学会 (2件):
日本塑性加工学会 ,  日本機械学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る