研究者
J-GLOBAL ID:200901049238418922   更新日: 2019年12月08日

柄谷 友香

カラタニ ユカ | Karatani Yuka
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (1件): 防災工学
研究キーワード (5件): 防災計画 ,  リスク・コミュニケーション ,  都市計画 ,  Regional Planning ,  Urban Planning
競争的資金等の研究課題 (22件):
  • 2015 - 2019 広域巨大災害における持続可能な自律住宅再建メカニズムの解明
  • 2012 - 2016 「中核被災者」を主体とした被災限界からの自律再建メカニズムの解明
  • 2012 - 2016 「中核被災者」を主体とした被災限界からの自律再建メカニズムの解明
  • 2013 - 2015 生活再建時のセルフエンパワーメント向上に資する防災教育プログラムの開発
  • 2013 - 2015 分散居住する被災者の生活再建過程の解明
全件表示
論文 (25件):
  • 近藤民代, 柄谷友香. 東日本大震災5年までの自主住宅移転再建者の意思決定と満足度の関連要因-岩手県および宮城県の沿岸9市町の新規着工戸建住宅を対象とした質問紙調査を通して-. 日本建築学会計画論文集. 2018. 83. 747. 917-927
  • 上田祐司, 北後明彦, 近藤民代, 柄谷友香. 東日本大震災後における住宅再建地の整備状況にみる地域の災害リスク形成に関する研究-岩手県陸前高田市と宮城県気仙沼市を例に-. 地域安全学会論文集. 2017. 31. 221-228
  • 柄谷友香. 「被災するということ」への理解と共感-被災地に学び、防災に生かすためのフィールドワーク-. 人間生活工学. 2017. 18. 2. 4-9
  • 柄谷友香, 近藤民代. 東日本大震災後の宮城県石巻市での自主住宅移転再建に伴う居住地移動に関する一考察. 地域安全学会論文集. 2016. 29. 207-217
  • 近藤民代, 柄谷友香. 東日本大震災の被災市街地における新規着工建物による市街地空間形成と空間的特徴-岩手県および宮城県の沿岸9市町における自主住宅移転再建に着目して. 日本建築学会計画系論文集. 2016. 81. 721. 667-674
もっと見る
MISC (42件):
  • T.Uchiyama, K.Kawashima, Y.Karatani. The return from evacuation and the support needs of ASD children and their families following the Fukushima nuclear accident. 23rd World Congress of the International Association For Child and Adolescent Psychiatry and Allied Professions (IACAPAP2018). 2018
  • 子どものメンタルヘルスへの影響. 第114回日本精神神経学会学術総会シンポジウム. 2018. 52
  • 柄谷友香, 近藤民代. 平成28年熊本地震後の住宅再建過程に関する現地調査-震災半年から1年半後の西原村5地区を対象として-. 地域安全学会梗概集. 2018. 42. 89-92
  • 稲葉洸星, 近藤民代, 柄谷友香. 平成 28 年熊本地震における自力仮設建築物の特徴と支援制度に関する研究. 神戸大学都市安全研究センター研究報告. 2018. 22. 225-234
  • 稲葉洸星, 近藤民代, 柄谷友香. 熊本地震における自力仮設建築物の類型と特徴. 日本災害復興学会. 2017
もっと見る
書籍 (7件):
  • 福島原発事故がもたらしたもの:被災地のメンタルヘルスに何が起きているのか
    誠信書房 2018
  • “Spatial Planning Following Disasters:International and comparative perspectives”
    Policy Press 2018
  • 災害文化の継承と創造
    臨川書店 2016
  • Fenicsシリーズ11 災害フィールドワーク論
    古今書院 2014
  • 防災を考える-水・土砂災害適応策の深化に向けて-
    技報道出版 2012
もっと見る
学歴 (5件):
  • 1997 - 2000 京都大学大学院 土木システム工学専攻博士課程
  • - 2000 京都大学
  • 1995 - 1997 関西大学大学院 土木工学専攻修士課程
  • 1991 - 1995 関西大学 土木工学科
  • - 1995 関西大学
学位 (2件):
  • 工修 (関西大学)
  • 博士(工学) (京都大学)
経歴 (14件):
  • 2015/04 - 現在 名城大学都市情報学部 教授
  • 2003 - 現在 Research Associate, Graduate School of Engineering,
  • 2006/04 - 2015/03 名城大学都市情報学部 准教授
  • 2003/10 - 2006/03 京都大学大学院工学研究科 助手
  • 2002/04 - 2003/09 財団法人阪神・淡路大震災記念協会人と防災未来センター 専任研究員
全件表示
委員歴 (47件):
  • 2018/03 - 2021/03 静岡県 「静岡県国土利用計画審議会」委員
  • 2018/08 - 2020/10 愛知県 「土地利用審査会」委員
  • 2018/06 - 2020/05 春日井市 「都市計画審議会」委員
  • 2018/04 - 2020/03 岐阜県 「岐阜県防災会議」委員
  • 2018/04 - 2020/03 静岡県 「静岡県河川審議会委員」委員
全件表示
受賞 (8件):
  • 2017/11 - 地域安全学会論文賞
  • 2015/10 - 平成27年度「科研費」審査委員表彰(独立行政法人日本学術振興会理事長)
  • 2004/05 - TRANSED2004 Japan Award(Luo Minとの共著)
  • 2000/11 - 土木学会第55回年次学術講演会優秀講演者賞
  • 2000/11 - 地域安全学会論文奨励賞
全件表示
所属学会 (7件):
土木学会 ,  地域安全学会 ,  日本建築学会 ,  日本都市計画学会 ,  日本自然災害学会 ,  日本災害復興学会 ,  日本災害情報学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る